2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー1(磨丸太倉庫) | トップページ | 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その1 »

2012年10月19日 (金)

京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー1)

 昨日の続きです。
「中川」の地名は、町の中央を「清滝川」が流れていることから付けられたそうです。
判りやすい命名ですね。

 さて、町の中を散策します。

Img_5956a

バス停「菩提道」から、北に向かって歩き始めました。
多分この光景は、中川の町の象徴的な光景ではないかと思います。
山裾に沿って道が造られていますので、カーブが多い道となつています。

Img_5940a

電柱には「急カーブあり」の標識が付けられています。

Img_5954a

バス停「山城中川」の手前を、左へ入って行くと「宗蓮寺」(秋明菊が咲く)への急坂になります。

 次に、幾つかの民家をご紹介します。

Img_5894a

町中では、数少ない茅葺のお宅です。

Img_5917a

道端に建つ蔵の、ユニークな窓です。

Img_5935a

中川の民家では、蔵が多く見られましたが、ここのお宅では蔵が入り組んだような形になっています。

Img_5937a

傾斜面に家が建てられていますので、このような光景も見られます。
手前の家にも、奥の家にも「煙出し」が設けられています。

Img_5941a

白壁が美しい蔵があるお宅です。こちらでも山が間近に迫っています。

 もう少し町の様子を、ご紹介したいと思います。

« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー1(磨丸太倉庫) | トップページ | 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その1 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
昨日ご紹介の磨丸太倉庫   
そして、今日の民家
どちらもしーんとした、静けさが感じられる風景です。
民家は山手に延びて建っているのですね
急カーブからも地形が解るように思います。

茅葺の家に蔵、煙出し
とれをとっても以前の繁栄が伺えるような立派で重厚な感じの建物。
人の姿が有りませんが、ここも過疎なのでしょうか? 
北山杉に抱かれて眠っているような中川の町
 いつか、賑わいが戻るのでしょうか
そっとしておいて欲しいような気もしますが・・
旅人の感傷でしょうね 

古都人さん
 おはようございます
立派な家が並ぶ落ち着いた佇まいの中川
静けさが感じられます
人の姿も見られず
ももえさんも言われていますが
正しく「眠っているような・・・」

お写真の「道」を拝見して
「歩いて解る」「歩かなければ気づかない」を改めて思います。
特徴の有る蔵やその窓
これも歩いてご覧になられているからこそ
見つけられたのですね
其々に特徴の有る民家、北山杉に囲まれて
今もヒッソリ?暮らして居られる方達の姿が見えるようです


古都人さん
おはようございます。
のどかな集落ですねぇ~
お家の作りも蔵も立派でこのようなお宅は
最近では見れないですね。
ここでの暮らしも垣間見えるようで
いいですねぇ~
こういう所を訪ね歩くのは素敵です、
私もこういうところが大好きですわ。
いい写真を見せていただいて嬉しい!!
いつもありがとうございます♪

古都といえば、その時代のアイドルが映画で演じていたように思う。
小説も映画も見た事はないが、アイドルの話題で覚えている程度。
京の町の華やかさとは対象的な風景が伝わってきます。
カメラ片手に、興味もそそられる事でしょうね。

林業が難しい時代になって久しい。
木の力、山の大切さ大事にしたいですね。


taekoさんへ
こんにちわ
この町を歩いていて全く人に出会わなかった訳
ではないのですが少なかったですね
磨丸太が良く売れていた時と今とでは
色んな面で格差が生じているのではないかと
想像しますが・・・

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 磨丸太が順調に売れていた
時の町の繁栄見たいなものが今も生きている
ように思いましたが住民の皆さんの生活実態は
どの様なものなのか 気になるところです
こちらこそ何時も有難うございます

maetetuさんへ
こんにちわ
そうですね 古都の映画化は何作かあったように
思いますが 時の人気俳優がヒロインになっていましたね
覚えているのでは山口百恵さんですね
1人2役を演じる内容でしたね
あの一帯には相当数の北山杉が植えられていますが
果たして需要の方はどうなんでしょうね
台風の直撃を受けると倒れてしまう被害が出ますしね
大雪での被害もありました
多難な日本の林業です

おはようございます
京都駅から周方方面のバスに乗ったことがありますが
バスから見る景色はどこまでもきれいでした。
どうして京都はどこもきれいなのかと
首をかしげながら感動しました。

このあたりも趣がありますね。
時間がゆっくり流れているような気がします。
そっといつまでも残して欲しい景色です。

京都はたくさんの顔を持っているの興味が尽きません。
12月初め、妹家族を連れて京都に行く予定が立ちました。
どこを案内しようか、何を食べさせてあげようか、今から楽しみです。

雅美さんへ
こんにちわ
さすが周山にも行かれているとは・・・
京北の町を歩かれたのでしょうか
今は京北町も京都市右京区になりました
京都駅から周山までは結構有名寺院が
ありますね 観光路線です
山林を中心に景色も良いです
12月にお越しとのこと あれこれと企画するのも
楽しいものです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47461446

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー1):

« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー1(磨丸太倉庫) | トップページ | 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その1 »