2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー2) | トップページ | 京都・嵯峨野の秋だより 第1号 »

2012年10月24日 (水)

京都市北区中川・北山杉の里を訪ねる-3 宗蓮寺の秋明菊

 中川の風景(磨丸太倉庫群町の様子-1町の様子-2)を懐かしく、
少し切ない気持ちで眺め
今回の目的の一つである秋明菊の「
宗蓮寺」に向かいました。
 宗蓮寺は室町時代に創建された浄土宗の古刹で、苔むした石段を登ると
美しい秋明菊が迎えてくれます。
どこにでも見られた秋明菊は、近年になって激減し住職が長年かかって増やされたそうです。
また、周辺の民家でもたくさん栽培されていて、清楚な白や薄紅色の可憐な姿が心に染み入ります。
いわゆる観光寺院ではないので、ゆっくりお参りや鑑賞ができます。

003

歴史の重みを感じる石垣と石段沿いに紅紫や白の花が咲いています。

020


0251

門脇にも。
 今年は、「夜間に鹿が下りてきて、お庭や民家の畑など荒らして
花もすっかりやられました。」との事でした。
又、カメラマンとのトラブルが有ったとかで「カメラマンは入山禁止」の貼り紙。
残念ですが、住職の気持ちはよく解ります。

011

撮れる範囲で撮らせて戴きました。

013_2

残念ながら、アップで撮れたのは↓の二枚だけです。

009
風に揺られて、ピンボケです。

008
葉っぱの汚れが目立ちますが・・・

秋明菊は、彼岸花同様古く中国から渡来したものといわれています。
又、「秋明」の頃に咲くから、「シュウメイギク」と呼ばれますが、
京都の貴船に多かったことから、「キブネソウ」とも言います。

今回は綺麗な秋明菊の花はご紹介出来ませんでしたが、
一昨年訪れた時は、とても可憐で綺麗な花が出迎えてくれました。
又、本堂にお邪魔してお茶を戴いたりしたことも懐かしいです。



« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー2) | トップページ | 京都・嵯峨野の秋だより 第1号 »

地域 歴史」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
昨夜から冷え込んでいます

今の季節、秋明菊は民家でも玄関前などでも見かけますが
室町時代に建てられたと言う宗蓮寺の石垣や石段に似合いますね
秋明菊に風情を感じます
ここはお花が咲いていなくてもお参りしたいお寺ですね
 
カメラマン入山禁止の張り紙
私も時々カメラを持って出かけますが
カメラマンは撮影に夢中になって
気に入った写真を撮ることに夢中になって
周りの状況を見ていないが有ります。
反省しながら拝見しました
 撮れる範囲で撮らせて・・・と言っておられますが、
風情の感じられる写真を撮られていますね
不謹慎かも知れませんがお訪ねして
撮りたいお寺です

古都人さん
おはようございます
 「秋明菊の宗蓮寺」は聞いたことが有りますが
中川にあるお寺だったのですね
古刹の石段と石段に沿って咲いている秋明菊
石段や石畳みにこんなに似合う花とは初めて知りました
素朴な佇まいにひっそりの秋明菊
可憐で優しい風情です

 猿やイノシシ、そして鹿などが里の果物や農作物など食い荒らすと
聞いていますが、お寺の庭にも・・・
温暖化は長い歴史の中での人間の仕業?
被害に遭われている方達にとっては
綺麗事では済されない問題ですね

古都人さん
おはようございます。
何と風情があるのでしょう、
石段に映える菊の優しさと健気さ素晴らしい~
こういう門前に咲くとひときわ美しいですね。
動物さんも生きるのに必死なんですよね。
でも被害にあうのも困りますね。
素晴らしい写真をありがとうございます。
行った気分になれました。
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 今朝は冷えましたね
多分今秋一番の冷え込みだったでしょう
少し花の数が少なかった様に思いました
私も何時もカメラは持ち歩いている方ですが
心しなければいけないことだと思っております

ムームーさんへ
こんにちわ
ここ「宗蓮寺」は少し高いところにありますので
山寺の様な雰囲気が感ぜられます
偶々お寺の方が作業されていましたが
多分滅多に人には会わない様に思います
それなのにカメラマンとのトラブルとか
余程住職さんが立腹される様なことが
あったのでしょう
静かな雰囲気のお寺です

こんばんは
薄紅色の秋明菊初めて見ました。
清楚でこのお寺に良く似合います。
石垣や石段に時間の流れを感じます。
手入れの行き届いた静かなお寺で
古都人さんも全身で秋を体感されたのでしょうね。

私は仕事と家との往復で
秋を見逃してしまいそうです。
明日のお弁当にきのこでも入れて
秋を感じたいと思います。


雅美さんへ
こんばんわ
一日のお勤めの後のお疲れなのにコメント頂き有難うございます
そうですね 狭い山寺の感じの「宗蓮寺」ですが清浄さはしっかりと
保たれている様にお見受けしました
早盛りは過ぎた感じの秋明菊でしたがあちこちに楚々と咲いていました
お勤めの中ではやはり秋を感じられる場面はありませんか
せめて秋冷の空気で感じて頂ければと思いますが・・・

こんばんは (◎´∀`)ノ
最近はすっかり週一しか訪問できなくなりました m(u_u)mスマヌ!
静かな山間の里という雰囲気のところですね。京都にはまだこのようなところが残っていて、とても羨ましく思います。
『カメラマンとのトラブル』、どのようなことがあったのかは分かりませんが、中には常識外れのことをしてまで写真を撮ろうとする人もいるのでしょうね。ルールやマナーに反してまで撮影するのは、身勝手すぎると思います。
秋明菊、可愛らしい花ですね。見たことはあるかな?たぶんない・・・かも (^_^;;ヘヘッ!
母の世話さえなければ、のんびり歩いてみたいところです。
↓記事も拝見しました。
可愛らしい舞妓さんたち、久々に拝見しました。以前コスモス様がブログでずいぶん紹介されていましたので、とても懐かしく思いました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
お忙しいのに有難うございます
そうですね 京都市内でもこのような山里的な
ところは少なくなっています 貴重な場所です
私もカメラは離せませんが気を付けていますし
これからも気を付けて行きたいと思っています
秋明菊 多分ご覧になっていると思いますよ
花屋でも売っています
コスモスさん程ではないですが撮り易い時のみ
撮らせて頂いております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47474847

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねる-3 宗蓮寺の秋明菊:

« 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー2) | トップページ | 京都・嵯峨野の秋だより 第1号 »