2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その2 | トップページ | 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねる-3 宗蓮寺の秋明菊 »

2012年10月23日 (火)

京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー2)

 前回の続きです。「北山杉の里・中川」の町を歩いています。
明治35年に周山街道が開通し、国道162号線として整備されましたが、
最近「中川トンネル」が出来て町中を通る車が減少したため、
割合安心して町中散策が楽しめます。

Img_5903a

「宗蓮寺」を訪れた後(明日紹介します)、なだらかな坂道を下りながら、
下界を見ました。
「倉庫群」の南端が望めました。
中川の町が、左右から迫る山の谷間に開かれた山村を実感します。

Img_5897a

その山の斜面は、美しい北山杉の林です。

Img_5902a

山際を走る小道です。急斜面に造られた道ですから、
石垣は避けられない建造物と言えます。

Img_5907a

JRバス停の「菩提道」付近の俯瞰の景色です。
川は「清滝川」です。川には、結構大きな石がゴロゴロしています。
道は、町中を通る旧162号線でこの先は、周山に通じます。
手前が南、奥の方が北になり、川は手前が下流になります。

Img_5945a

道の北寄りにある「中川八幡宮」です。
鎌倉時代に鎮守の社として山の神を祀り、その後源氏の一族がこの地に定住し、
八幡宮社を建立したと伝わるそうです。
ご祭神は、応神天皇です。
2度に亘る火災に遭い、明治28年(1895)に再建されたものです。

Img_5950b

天満宮の左隣りには、この様な記念碑がありました。
「皇太子・同妃殿下行啓記念」と刻まれてあり、真ん中の黒い石には「北山杉」と刻まれていました。
磨丸太が、未だその繁忙の時のことかと思いました。

 また、この地は朝日新聞などの「日本の自然100選」にも選らばれています。
1983年(昭和58年)のことで、
約30年程前になりますが・・・。

Img_5952a

 八幡宮の向い側には、消防署の出張所があり、その隣りには北区の区役所の出張所などがありました。
上の額は、区の出張所に置かれていたものです。

 資料によりますと、明治初年の中川村の戸数は110戸・人口は545人だったとあります。
区出張所の方に現状を伺うと、戸数は約100戸・人口は約200人程とのことでした。
戸数は余り変わらず、人口は半減以下と言うことになります。
多分高齢化も進んでいるのではないでしょうか。


 

« 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その2 | トップページ | 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねる-3 宗蓮寺の秋明菊 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
 写真を拝見していて
私も古都人さんと同じで
>山の谷間に開かれた山村<を実感しています
北山杉の林立する風景は美しいと思っていましたが
山の斜面に整然とそびえるような北山杉
本当に綺麗です
この木が使われないのは勿体ないですね
北山杉に囲まれ清滝川に沿って道が作られ民家が建っている
何とも美しい風景です
今から30年ほど前に日本の自然100選に選ばれた
ここ中川
今も当時の面影を充分に留めているのではないでしょうか? 

古都人さん
 おはようございます
やはりここも過疎の町なのですね
人口が半分以下に・・・
それでも戸数は変わらないとは高齢化の町なのですね
高齢者が故郷を守っておられることが感じられます

磨丸太が繁忙の時には皇太子や妃殿下が
来られているのですね
そんな時代が再現出来ないものか
こんなに美しい民家や緑豊かな自然、
せめて、磨丸太倉庫群が国の重要文化的景観に選ばれるように
願う気持ちでいっばいです

そして私はここ「中川」が大好きな町になりました


古都人さん
おはようございます。
鄙びたところに住まいされる方々に思いを
馳せながら読み進めています。
源氏の縁の人もお暮しだったのですね。
都会に出て行かれるでしょうから、ここを
守って生活されるのは大変なことも
あるでしょうね。
自然100選もいつまでもこのままの状況で
あって欲しいですね。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 町中を歩いていて出合ったのは
やはり高齢者の方達でしたね
それも女性の方が多かったです
若い方達でも勤めるとなると京都市内(実は
ここも京都市内北区なのですが)に出られる
のでしょうね 当然マイカー通勤となりますね
活気がないと言えばそれまでですが
静かな佇まいの町です

ムームーさんへ
こんにちわ
町の静かな佇まいを残しつつ古いもの
(例えば磨丸太倉庫群など)を保存し外部の皆さんに
見て貰う様なことが出来れば良いと思うのですが
現実的には困難な問題もあることでしょう
住民の方達の生活を乱すことが無いようにも
配慮する必要があると思います
これからどんな展開になるのか気になりますね

私の机は長さ240cm、幅60cm、厚さ5cmの無垢材の板です。
脚は自作でその上に乗せているだけの簡単なものです。
この前に座ると落ち着きます。
木の持つ暖かさを味わっています。

もし今植林された北山杉が伐採されるのは30~40年後ぐらいかな?
どんな時代になっているのかな?

maetetuさんへ
お早うございます
随分と立派な自作の机ですね
ご自慢の机ですね
どのような経緯からその板を入手されたのでしょう
上板だけでも重くは無いのですか
それに耐えられる脚も頑丈なものですね
その前に座ると落ち着かれるとのこと 判りますね
北山杉の伐採時期は私には判りませんが
30~40年位? そんなものでしょうかね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47499041

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねるー2(町の様子ー2):

« 2012”二条城お城まつりオープニングイベント”その2 | トップページ | 京都市北区中川・北山杉の里を訪ねる-3 宗蓮寺の秋明菊 »