2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府立植物園・観覧温室「挑戦」の20年展 | トップページ | 北嵯峨田園地帯の花風景ー2  »

2012年10月 6日 (土)

9月2日「くつの日」ウォーク その2

 [「くつの日」ウォーク]前回の続きです。
 分岐点まで来ました。丁度靴の紐の結び目に当たる所です。
18Kmの組は、さらに北上して、登山靴のさらに上の方、足首を保護する部分に進みますが、11Km組は普通の運動靴の水平部分より、やや下の方向に進みます。
靴と言うよりは突っかけ状態です。

 緩やかな坂道を歩きます。
暫くすると「原峠」と言う、うっかりすると見過ごしてしまいそうな、
坂道の頂点を通り過ぎます。
日曜日のこととて、近くの住民の方達が、道傍の草刈などをされていました。

 この辺りには「京都産業大学」のキャンパスが散在しています。

Img_5058a

ここが「京産大」の本部があるところです。高台にあるので、左手に見える様な設備(多分エスカレーター?)が設けられています。
一度オープンキャンパスの際に訪れたいと思いつつ、まだ果たせていません。 
  私個人にとっては、この大学とは色んなご縁があります。

Img_5062a

京都市内にゴルフ場があるのをご存知でしょうか?。
「京都ゴルフ倶楽部」と言って、ここ「上賀茂コース」と、少し離れたところにある「舟山コース」とがあります。
「舟山」とは、次に出て来る「五山送り火」の船形の山近くだと思います。
戦後、進駐軍が始めた名残りと思います。
木の垣の間から覗いて見ました。何人かの方がプレィ中でした。

Img_5064a

上で述べました「五山送り火」の1つ「船形」です。
この辺り一帯は「西賀茂」と言いまして、この山は「西賀茂船形山」と言います。
斜めから見ていますので、形が少しお判り難いかと思いますが・・・。
横幅が約200m 縦が約100m強もあります。

Img_5066a

「柊野別れ」(ひいらぎのわかれ)のバス停です。
手前側は、今歩いている道ですが、この先左に進むと賀茂川に出ます。
その上流近くが「柊野」と言います。私は何故かこの言葉の響きが好きです。
  京野菜の1つ「柊野ささげ」の原産地でもあります。

 ゴルフ場を左手に見ながら進みますと、やがて「上賀茂神社」の境内に入ります。
表参道からではなくて、いわば裏参道から入った格好になります。

Img_5070a

朱色鮮やかな「楼門」です。「楼門」をくぐって参拝しました。

Img_5073a

この度修復された重文の「細殿」(ほそどの)です。
社殿の屋根の修復が始まるので、今後結婚式はこの「細殿」で行われるそうです。
「細殿」の前の2つの砂の円錐形は「立砂」(たてずな)と言います。
ここ上賀茂神社のシンボルで、聖なる山・神山をかたどったものとされています。

Img_5075a

境内を流れる「ならの小川」です。
まだ残暑厳しいこの日、川で遊ぶ親子の姿がありました。

 この後は、「くつの底から先」に向かって歩きます。
 ほぼ3分の2位まで来ましたでしょうか。
 未だお昼は食べていません。

« 京都府立植物園・観覧温室「挑戦」の20年展 | トップページ | 北嵯峨田園地帯の花風景ー2  »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
  おはようございます

まず報告です。昨日、植物園へ行ってきました
そして観覧温室「挑戦」の20年展と
観覧温室のサガリバナも見てきました。
事前にお聴きしていたので
今までとは違ってゆっくり回ってきましたが
新たな発見が有ったように思います。
 何時までが忘れましたが
植物園(観覧温室も)入園料は要らないようでした。

前回の続きは何処へ・・?
と思っていましたが流石京都です
観光コースを歩かれていますね
丁寧な説明に納得したり、学ばせて戴いたり
古都人さんと愉しくご一緒させて戴きました
既に予定コースの2/3を歩かれて
一汗かいて「ならの小川」で一休み
出来ればここでお昼ご飯なら嬉しいですが
こちらでは飲食は駄目ですか?

古都人さん
 おはようございます
靴と言うよりは、突っかけ・・・
履物の「突っかけ」ですね
懐かしい言葉ですが若い人たちは・・?
 
余談が過ぎました。
好い所を歩いておられますね
私も何故か京都産大は前より憧れています
京都駅のバスターミナルで京都産大行の市パスを見ると
乗りたくなります。
 ゴルフ場や五山の送り火の1つ舟形を仰いで
そして上賀茂神社へ
修復されていた「細殿」が完成したのですね
上賀茂神社で結婚式を挙げられるカップルが益々増えることでしょう
円錐形の2つの砂の名前の「立砂」学ばせて戴いています

ならの小川、こちらは真夏でも涼しく感じますね

古都人さん
おはようございます。
まぁ~懐かしい所ですわぁ、バスで何度も
通行した所です。
ゴルフ場を見ると桜が咲くのを見るのが大好き
でした。
上賀茂神社も素晴らしいですねぇ~
厳かでよそにはない雰囲気がありますね。
ならの小川は年中素敵な雰囲気を出して
いますね。
懐かしい景色をありがとうございます。
いつもありがとうございます♪

京都に別れを告げて○十年。
あらためて写真に沿って京都の地図を見ると、名所や
緑も多くウォーキングしても退屈しない町ですね。
爽やかに汗かいた分、帰りに一杯。
これが、又、便利ときちゃいますね。
いい年なのに、まだガキです?

古都人さん今日は
ウオークの日沢山歩かれるのですね
それも美しい京都の景色を満喫しながら羨ましい
京産大・・上賀茂神社・・舟形山
もし叶うことなら今頃の季節に私も歩きたいコースです
九月二日はまだ暑かったでしょうね
細殿、重文ですか・・見ているだけで美しさが
伝わってきます。そしてならの小川浅い水の流れと緑
心が癒されます(行って見たいな・・)
送り火の舟形山、お盆には火が灯りますね
懐かしい・・普段はこんな様子なんですね
私も柊野別れ、この言葉の響き何故か好きです
やっぱり私まだ京都から抜け切れてないですね

taekoさんへ
こんばんわ
そうでしたか 観覧温室は無料でしたか
多分今の催し中はそうではないかと思いますね
私は何時も敬老乗車証で入らせて頂いていますので
気が付きませんでした
普通大きな神社やお寺では境内では食事は出来ませんね
もっとも境内に休憩所がある場合は別だと思います
この日はとうとう宝ケ池まで行ってから昼食でした

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですか ムームーさんに取ってはお馴染みのところなのですね
私はこの辺りを歩いたのは初めてでした
ゴルフ場の桜も初めて知りました
一度見に行かねばなりませんね
外から見えるのでしょうか?
上賀茂神社の楼門は見事ですね
堂々たる風格があります
こちらこそ何時も有難うございます

maetetuさんへ
こんばんわ
そうですね 京都市内は歩いていても名所・旧跡に
良く出遭いますね
歩いていても楽しいです
ハイキングの後の・・・
遣りたいのを我慢して家に帰ってからとします
そうでないと帰るのが嫌になりますからね
その時の美味さは何物にも替えられません

咲子さんへ
こんばんわ
何時までも京都のこと忘れないでください
これからも京都のことどんどんと発信して行きますから
宜しくお願いします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46943481

この記事へのトラックバック一覧です: 9月2日「くつの日」ウォーク その2:

« 京都府立植物園・観覧温室「挑戦」の20年展 | トップページ | 北嵯峨田園地帯の花風景ー2  »