2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その4(庭園・桐の間) »

2012年9月 5日 (水)

京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー2)

昨日の続き「藤の間」のご紹介をです。

Img_4988a

天井の照明は、「京指物」の技能を用いて、スギの骨組みに美濃和紙を貼ったものです。
可動式になっています。

Img_4989a

正面に向って左手には、舞台が設けられています。
舞台では、これまで舞・能や琴の演奏、雅楽などが披露されたそうです。
前面には「紗幕」が掛けられています。

Img_4990a

舞台の扉には、京都の伝統的技能の「截金」(きりがね)による装飾が施されています。
人間国宝の故・江里 佐代子氏により、金箔とプラチナ箔を用いて模様が描かれています。

Img_4978a

「藤の間」の入り口近くに置かれた、晩餐会のテーブルのサンプルです。
この部屋では、この様なテーブルが数多く並べられ、豪華な晩餐会が催されるのでしょう。

Img_4981a

その左手には、喜多川 俵二氏による「有職織物」の装束や几帳が、
並べられています。
会場を華やかにみせる演出でしょうか?

 この「藤の間」からは庭園も見られますが、次回にご紹介します。

« 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その4(庭園・桐の間) »

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
昨日から天井の照明は気になっていました。
スギの骨組みに美濃和紙・・・
しかも可動式は、思いも付かないことでした。

能や舞、琴や雅楽が披露される「舞台」
「紗幕」の向こう側に何となく”やんごとなき方”が
座られているそんな気がします。
 
これが「截金」なのですね。
言葉、文字は知っていましたが初めて見ました。
最後の「有職織物」の装束

全て、京都の伝統文化・工芸なのですね。
素晴らしいの一言で済ますのは
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

古都人さん
おはようございます

これぞ京都の伝統文化・芸術の結集でしょうか?
「和」の結集
伝統的な工芸の結集と言うのでしょうか?
どれ一つとっても、豪華さの中にも気品が感じられます。
↑でももえさんが丁寧にコメントされていますが
私も全く同じ思いで拝見しました。
ご紹介の全てが感動と驚きです。
「迎賓館が京都に有る」のは当然ですよね。
世界に誇れますね。

庭園はどのようになっているのか?
興味津々です。

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね 京都なればこそ出来た「京都迎賓館」と
言えますね 京都が平安の都から培って来た色んな
技が今に生かされたと言えますね
特に織りの技と諸工芸の技が目立ちます
仰る通り技の結集ですね

こんばんは
ひとつひとつをじっくり観たら
技巧の極致の美しさに時を忘れる事でしょう。
豊かな時間を過ごされたのですね。

世界に誇れる日本の文化ですが
もてなしの食事は洋食なんですね。
どんな食事内容なんでしょう。
すいません、おなかが空いているのでつい・・・

古都人さん
夜中に失礼します~
見事な建築美ですねぇ~
和と洋がうまく調和して美を生み出して
いますね。
京都は都があった所ですから芸術家も多く
輩出されてて誇れますね。
こうして作品がいかされているのは
素晴らしいですね。
古都人さん色々と教えて下さって
ありがとうございます。
昨日はまた娘の所に会いに行ってました。
来て下さって優しい言葉をいただいて
嬉しいですわぁ。
ありがとうございます~

雅美さんへ
お早うございます
私が思うのですが 洋食の場合は市内の有名ホテルが
和食の場合は「桐の間」で食事出来るのですが
こちらも市内の京料理店(沢山あります)が担当している
のだろうと思います 具体的なホテルや店の名前は判りません
昭和天皇は京都にお出での時は「精養軒」の洋食を召されたと
聞きました

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 正に我が国の 特に京都の伝統的技の
結集ですね
迎賓館の建設時に急に技を発揮は難しく やはり常に
技術が継承し続けられなければ実現出来ませんものね
この様な地道な営みが大切ですね
芸術とはそう言うものですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46913734

この記事へのトラックバック一覧です: 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー2):

« 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その4(庭園・桐の間) »