2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都迎賓館を参観しました その1(聚楽の間) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) »

2012年9月 3日 (月)

京都迎賓館を参観しました その2(夕映の間)

 昨日の続きです。
「京都迎賓館」の大会議室「夕映の間」(ゆうばえのま)に来ました。
 この部屋は、大臣会合などの会議や、立礼式のお茶のおもてなし、
晩餐会の待合としても使用されるところです。

Img_4977a

廊下から見た「夕映の間」です。ここから見て、右奥が西になります。

Img_4973a

その西側の壁面は、京都の西に連なる愛宕山に夕日が沈む様を描いた
「愛宕夕照」(あたごゆうしょう)です。
下を流れる「桂川」の川面にも、夕日が映えています。

Img_4976a

相対する東側には、京都の東に聳える比叡山を、月が照らしている様を
描いた「比叡月映」(ひえいげつえい)です。

2つの絵は、日本画家の箱崎睦昌氏の下絵を基に、綴織りの技法を用いて製作された織物です。
2つの織物は、何れも 縦が2.3m 横が8.6mあります。

照明は、天井を照らし、その反射光を間接照明として、使用されていて、
優しい光が、部屋全体を明るくしていました。


 
Img_4974a

「夕映の間」の南側には、白い砂利が敷かれていて、清水六兵衛氏の作品が置かれていました。

 次は、「京都迎賓館」の中で最も大きな部屋「藤の間」に進みます。

« 京都迎賓館を参観しました その1(聚楽の間) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) »

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
「夕映えの間」広いですね
ご覧になられている人たちがとても小さく見えます。
そして何と素晴らしい二枚の絵画、どちらも織物なのですね
古都人さんの大好きな愛宕さんと桂川
そして名峰「比叡山」
うっとり眺めています。
それにしても縦2.3mに横8.6m
信じられない大きさ、

清水六兵衛さんの作品
造形の美と言うのでしょうか?
白い砂利が敷かれた庭にピッタリですね
 
次回の「藤の間」も期待しています。

古都人さん
おはようございます
今日も愉しみにお伺いしました。
何と、素晴らしい
これが綴織りの織物なのですね
確かに織物独特の暖かさと風合いが感じられます。
 
愛宕山に夕日が沈む様子、
お日さまが優しく照らしている比叡山
どちらも素晴らしいです
横8.6mと言う、大きな実物をご覧になられた古都人さんの
感動が解る気がします。
そして対照的な清水六兵衛氏の作品、
生意気な事を言うようですが、
京都迎賓館の建設に携わられた方達の思いが少しは伝わって来るようです
 
「藤の間」も愉しみに拝見します。

古都人さん
おはようございます。
素晴らしい所のご案内嬉しいですわぁ。
まだ見学したこともない迎賓館なんですよ。
こんなふうになってるのですね。
絵画から織られた織物も素晴らしいわぁ~
京都には見後よな景色がありますから
どちらを主題にされるのか興味がありますね。
織物独特の色合いや風合いが素敵~
古都人さん孫に会いに行ってましたのに、お越し
下さってコメントに応援といつものように
して下さってありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
何時も眺めている身近かな景色が題材になって
見事な綴織りが見られるなんて感動ですね
特に愛宕山は何時もMYコースで歩きながら眺めて
いますので余計に親近感を感じました
暫く前に立って眺めていました
迎賓館の建設には京都の英知を結集して造られたと
聞いています 私の知り合いの方も参加されたと
聞きました

ムームーさんへ
こんにちわ 
お孫さんにお会いになれて良かったですね
しっかりとお祖母ちゃんぶりを発揮されたことでしょう
そうですね 京都には多くの題材がありますから
どれを取上げるか迷われたことでしょう
しかし比叡山と愛宕山は最適でしたね
京都人は殆ど毎日何処かで眺めている景色ですものね
こちらこそ何時も有難うございます

京都にこんな立派な迎賓館があるなんて聞いたこともありませんでした
国賓の方がお見えになったときは何時も使われているんでしょうか?
初めて知りましたね

大五さんへ
お早うございます
京都迎賓館は東の迎賓館の赤坂離宮迎賓館に対する
西の迎賓館として平成17年4月に完成したものです
京都御苑内に造られました 当初は御苑内に!と反対の
声もありました 
延べ床面積約16000平方m 地下1階 地上1階の
鉄筋コンクリート造りです
今まで国賓5回 公賓2回 賓客62回が来られています
勿論宿泊も出来ます
ブッシュ前米大統領の時は大変でした
最近ではブータン国王ご夫妻が来られています
一般の参観も時々は出来ます 申し込み制で
倍率は何十倍と聞きます
全国から応募出来ます 管理は内閣府となっています

こんばんは
世界中の方々がこの迎賓館を訪れ
日本文化に触れていくのですね。
ブータン国王夫妻もお見えになったんですね。
どのような感想を持ってくださったのでしょう。
ちょっと誇らしいような気になっています。
京都人でもないのに(笑)

なかなかお目にかかれない貴重な写真ばかりです。
興味深く眺めています。


雅美さんへ
お早うございます
京都迎賓館が出来たのは平成17年4月ですが
今日まで国賓や公賓 賓客など また国際会議など
毎年多くの方がお越しです
印象的なのはブッシュ前米大統領が現役の時に
来られた時でした 物々しい警戒で日米のへリが
飛び交い驚きの連続でした
さすが京都ファンの雅美さんのお言葉 嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46881670

この記事へのトラックバック一覧です: 京都迎賓館を参観しました その2(夕映の間):

« 京都迎賓館を参観しました その1(聚楽の間) | トップページ | 京都迎賓館を参観しました その3(藤の間ー1) »