2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 北海道の北部~中部を旅する 空路~関空へ | トップページ | 新装された「京都センチュリーホテル」ラウンジ »

2012年9月18日 (火)

京町家 「あじき路地」を訪ねました

 「あじき路地」は、大正時代に建てられた築約100年ほどの町家長屋です。
そこには、おだやかで凛とした空気が流れています。

001
    (銭湯の煙突に何故か、懐かしさを感じます)

長年空家だった長屋を大家さんが「ものづくりなどを頑張っている若者に使ってほしい」と、
2004年春に入居者を募集しました。
 書類選考ののち、「お見合い」という形で直接お会いしてお話し、
約100件の応募の中から6件の入居者が決まりました。

011
訪ねた時は、路地の入口に、11名の表札が架かっていました。
内訳は、男性5名、女性6名です。

003

 当初は、ほとんどの屋根瓦がずれ落ち畳や壁はボロボロ、ガラスは割れて
とても住めるような長屋では無かったとの事。
 大家さんの協力のもと、入居者の皆で手を入れて大改装したのち、入居。
大家さんを「お母さん」と慕って、みなが家族のように暮らす、
職人の住む町家長屋になったとの事です。

007_2


005_2


住民たちは平日に作品制作を行い、土・日曜日に自分の作品を販売するお店をオープン。

004


008


010

個性豊かなお店は、こだわりの逸品を求めに来た観光客や地元の人たちで
にぎわいます。
 ものづくりに携わる若者たちが、職住一体の暮らしを営む「あじき路地」。
京都では「図子、辻子(ずし)」と呼ぶ、袋小路になった細い路地に昔ながらの長屋の風景が広がります。

近くには建仁寺や六波羅蜜寺もあるので、観光のついでにふらっと立ち寄ってみるのもいいかも知れません。
ゆったりとしたこの路地の空気感も魅力です。

 京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284
    京阪本線「清水五条駅」下車徒歩約5分、
    市バス「河原町松原」下車徒歩約10分

 営業時間は店舗により異なります。

« 北海道の北部~中部を旅する 空路~関空へ | トップページ | 新装された「京都センチュリーホテル」ラウンジ »

京町家・お店」カテゴリの記事

大路・小路・路地・図子」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
お訪ねしていきなり目が釘付けです
いまでもこのような「昔が今に」が残っている場所が有るのですね。
職人さんが狭い路地を挟んで仲良く物作りに
そして優しく見守る大家さん
今ではこのような情景は無くなったと思っていました。
手押しポンプにお地蔵さま
100年以上前がここには息づいているのですね
「にちようび゛パン屋」さん
さぞかし手づくりの美味しいパン屋さんなのでしょうね

「あじき路地」のゆったりした空気感、是非味わってみたいです。

古都人さん
 おはようございます
「あじき路地」何と魅力的な町家路地でしょう
昭和の初期がひっそり残っている長屋。
狭い路地を挟んで、物づくりに励んでおられる人たちが仲良く生活さりている長屋。
上京区に三上家路地が有りますが、似ていますね。
高い煙突に郷愁を感じます。
こんな狭い路地にもお地蔵さま。
大家さんを初めてとして住人の方たちの心の豊かさが感じられます
是非、是非訪れてみたい場所、歩いてみたい路地です。

ご紹介ありがとうございます。

taekoさんへ
こんばんわ
久し振りに今日は1日中雨が降ったり上ったりしていましたね
今日の最高気温が27.4度とか 湿気があったので
大変に蒸し暑かったです
そうですね もう今ではこの様な路地は極めて少なくなりましたね
耐震性の懸念がありますが 上手く対応して頂いて残して欲しい
ものです

こんばんは
ちょっと分かりにくい場所ですが
路地好きとしては堪らない風景です。

こういったところをふらふら迷いながら歩くのは
旅の醍醐味です。
ワクワクします。
京都は路地が生き生きと息づいていますが
地元の方々のご苦労があるんですね。

神奈川も強い雨が降ったり急に晴れたりして
ムシムシとした1日でした。


10月には行くぞ!


雅美さんへ
お早うございます
そうですね ちょっと判り難い場所ですが
雅美さんの京都通・探検心ならば
何とか見付けられると思いますよ
京都も漸く秋の気配を感じられる様に
なりそうです
10月の何時ごろお見えになるのか
判りませんが多分秋本番になっていることでしょう

こんばんは (◎´∀`)ノ
なんだか『古き良き”昭和”の時代』を感じさせられます。
高度成長期にこのような長屋はたくさんあったでしょうし、銭湯だってあったことでしょう。
ランニングシャツに半ズボン姿のガキんちょたちが走り回っていそう・・・。
しかしその姿はなく、物作りに頑張る若者たちの世界なのですね。

↓記事の北海道旅行も拝見させていただきました。
旭山動物園は近年人気となり有名になりましたので、一度も行ったことがないのです。
見事なまでに動物園を再生させ、全国の動物園(名古屋の東山動物園も)が注目し参考にされているだけあって、いろいろな工夫がされていますね。
動物たちの本能のままの自然な姿、それを間近で見られる工夫、アイデアが素晴らしいです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 昭和期の町の風景には同感です
今ではそんな風景を再現した博物館見たいなものも
出来ていますね
京都市内の古い町家も年々減っている様です
現代生活をしようと思えば何かと不便ですからね
北海道旅行の記事をご覧頂きまして有難うございました
旭山動物園の在り方が他の動物園の参考になっている
のですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47018660

この記事へのトラックバック一覧です: 京町家 「あじき路地」を訪ねました:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/09/18 09:08) [ケノーベル エージェント]
京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 北海道の北部~中部を旅する 空路~関空へ | トップページ | 新装された「京都センチュリーホテル」ラウンジ »