2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 北海道の北部~中部を旅する 増毛の町を歩く | トップページ | 北海道の北部~中部を旅する 旭川市内 »

2012年8月26日 (日)

京都「釘抜き地蔵さん」の地蔵盆

 8月23日と24日の両日は、多くのお寺で子供たちの為に”地蔵盆”が行われます。
 残念ながらここ数年、子供たちは室内で遊ぶことが多く、参加が急速に減っています。
 「石像寺」(通称 釘抜地蔵で)も、例年地蔵盆をされています。
今回は、23日の夕刻に、小雨の為か人けの無い地蔵盆にお参りしてきました。

009

灯りの燈った提灯には、暖かさ、優しさそして安らぎを感じます。

003

釘抜地蔵 には、朝から晩まで多くの人が、体の痛みを直してもらいに
願をかけに来られる姿が有ります。
そしてその真剣な姿に心打たれます。
直った人は、釘と釘抜きのついた珍しい絵馬を奉納します。
地域の方々に深く信仰されいるお寺です。

006

見難いかもしれませんが、こちらのお孫さんの赤い四輪車?が
置かれています。昼間は愉しそうに走り回っている姿も見られます。

今回は夜の撮影の為、撮っていませんが、お堂の四方に隙間なく貼られたお礼の絵馬を見れば、
その効力?のほどが伺いしれます。

0041

今年は、節電の為か、提灯の灯りが灯されていないのも有り、
少し寂しく思いました。

 ”釘抜地蔵”の名前の由来は、
「昔、京の大商人 紀伊国屋道林が突然、両手に激痛を覚え、
多くの治療をしたが直らず、このお寺に願をかけに来た。
 するとその夜、夢にお地蔵さんが出て「汝が前世で、人をのろい、
わら人形で釘を打ったむくいだ」といい、
手にささった釘を抜くと、朝には痛みがとれていた。
驚き、ここに来たら、なんとご本尊の前に朱に染まった八寸釘があった。
 
以来、釘抜き地蔵と呼ばれている」という、不思議な話が伝えられています。






« 北海道の北部~中部を旅する 増毛の町を歩く | トップページ | 北海道の北部~中部を旅する 旭川市内 »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
赤い提灯、灯りの灯った提灯は
何故か懐かしくホッと心が暖かくなる気がします。
提灯は日本人の心でしょうか?

人影の無い、夜の地蔵盆、
少し寂しい気もしますが
それだけに風情が感じられますね。

最近の地蔵盆は、大人の人たちの”社交の場”のように思えます。
今の子供達には楽しみがいっぱい有って、幸せ?

釘抜地蔵さんは近くの高齢のご夫婦が
日課のようにお参りされています
私も偶に立ち寄ることが有りますが
高齢の方も、若い人たちも皆さんの真剣な姿を見ると
心中を察してしまいます。
 

古都人さん
おはようございます
釘抜地蔵さんの地蔵盆、
懐かしいです
数年前にお昼にお参りしました。
確かその時はおぜんざいを戴いたと思います。
係りの中年の女性がニコニコ接待しておられました。
なんとも和やかな雰囲気でした。
 
人気のない小雨の夕刻
灯りの付いた提灯に誘われるように・・
風情が有りますね

私も提灯は特に灯りの付いた提灯は大好きです。
子供の頃の”お地蔵さん”や盆踊りを思い出します。
夏休みの愉しみでした。
お地蔵さんが終わって、お大日さんが終わると
新学期です
慌てて宿題に取り掛かった夏休みでした。
懐かしい思い出です。


taekoさんへ
こんばんわ
地蔵盆も少しずつ様変わりしている様ですね
何時か将来には子供の楽しみがお年寄りの楽しみに
変わっているかも知れませんね
少子化と高齢化の典型的な例になるかも?
提灯の灯りは日本人の郷愁かも知れませんね
ほっとする 懐かしく感じる 揺らぎ など
何時までも見ていたい光景です

地蔵盆、久し振りに聞きました。
少しづつ涼しくなりますね。
この地方では、そうした慣わしはありませんが
ささやかな町内の盆踊りはしてます。
主役は、元、元ミス町内?の方々の踊りや
子供向けのお菓子セットの配布など。

増毛の件
1か月前から、カミソリで剃ってます。
髭を剃るように以外と簡単でした。
ツルツルで気持ちいい。
見かけは坊さんより、坊さんらしいですよ。


こんばんは
6月に何の予備知識もないままお参りさせていただきました。
大勢の方が真剣にお参りされているので驚きましたが
言われを知れば
熱心にお参りされるのも分かります。

千本通りあたりは
非常に心惹かれるところでしたので
またゆっくり訪れたいです。
早く秋にならないかな!

maetetuさんへ
お早うございます
地蔵盆 お住まいのところでは遣っていない
のですね やはり京都周辺での催しなのでしょうか
しかし盆踊りはされているとのこと
京都では割合少ないですね
増毛とはそう言うことだったのですね
気持ち良いですか
自分で剃られるのですね 

雅美さんへ
お早うございます
千本通を歩かれたのですね
さすが京都大好きの雅美さんです
そして釘抜地蔵さんに何気なく
お参りされるなんて
益々雅美さんの凄さですね
そうですね 早くもう少し涼しくなって欲しい
ですね 朝はほんの少しひんやりと感じますが・・・

古都人さん
おはようございます。
地蔵盆も最近はお子さんの姿が少なく
なりましたね、ここらも昨日地蔵盆を
されていました。
こちらの提灯の灯りが素敵ですねぇ~
釘抜地蔵さんの地蔵盆も風情がありますね。
とっても厳かな気持ちにさせて貰えます。
見せていただけて良かったです~
いつもありがとうございます。

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 少子化の影響をもろに受けている行事の
1つでしょうね
何時は高齢者の行事になり兼ねませんね
提灯の仄かな灯りは何とも言えない情緒があります
何時までも残したい風景ですね
こちらこそ何時も有難うございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46807674

この記事へのトラックバック一覧です: 京都「釘抜き地蔵さん」の地蔵盆:

« 北海道の北部~中部を旅する 増毛の町を歩く | トップページ | 北海道の北部~中部を旅する 旭川市内 »