2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 情緒あふれる石畳風路地 「膏薬図子」 | トップページ | JR西日本の「大回り」を楽しむ 北陸・東海道線 »

2012年8月13日 (月)

JR西日本の「大回り」を楽しむ 湖西線

 「JR西日本の大阪近郊区間の※特例制度「大回り」と言う制度があります。
この制度を利用して、関西をJRで遠回りする小旅行が、中高年を中心に静かなブームになつています(地元新聞による)。」
行動力がある?私は、猛暑が続く日、友達を誘って出掛け、
「クールスポット」を楽しませて頂きました。

 コースは、「山科駅」(湖西線の始点)から、”湖西線”の新快速で「近江塩津駅」へ。
 ”北陸本線”に乗り換え、長浜駅・米原駅経由の新快速・姫路行きに乗車。
”東海道本線(びわこ線)”の「大津駅」まで、ほぼ琵琶湖を一周のコースです。
 
運賃は、一人 180円。これが※特例制度なのです。
ルールは、同じ駅を通らないこと、改札を出ないことの2つです。
   地元新聞の紹介記事では、140円で、
京都~近江塩津~草津~柘植~木津~東福寺まで乗車。
この140円は京都~東福寺間の運賃です。
所要時間は約6時間ですが、私達は短縮バージョンの3時間弱のコースです。

 大丸・山科店で、お弁当やお茶を買い込み、さあ乗車です。

Img_4346a

山科駅 10時50分発 新快速に乗り込みます。
湖西線経由敦賀ゆきです。前4両が敦賀まで、後ろ8両は近江今津まで。

Img_4347a

湖西線の最初の駅は「大津京」です。以前は「西大津」と言っていました。
第38代・天智天皇が、飛鳥からここに遷都され、大津宮が営まれましたが、
僅か5年余りで廃都となりました。

 JR湖西線は、進行方向に向って左手は比叡や比良の山々、右手は琵琶湖を望みながら走ります。
高架を走りますので、眺望は抜群です。

Img_4350a

車窓からの撮影は、結構難しいものです。電線が必ず!邪魔をします。
と言い訳しつつ、「比叡の山々」を撮りました。
「比叡の山々」とは、左手奥に「四明ケ岳」と右に「大比叡」の2つの山頂があります。
また、山中には天台宗総本山「延暦寺」があります。

 堅田を過ぎた辺りから、琵琶湖が間近に見える様になりました。

Img_4360a

対岸の東近江は霞んでいて、薄ぼんやりとしか見えません。
手前の湖面に見えるのは、見難いですが、琵琶湖独特の漁法「えり」です。
「魞」と言う字を書きます。
水中に立てた細竹に沿って魚が進むと、外に出られなくなる仕掛けです。
大きな矢印の形になっています。

Img_4362a

「蓬莱駅」や「志賀駅」辺りには、比良の山々が連なります。
ここからは見えないですが、この辺りでは最も多く登った「武奈ケ岳」などに想いを馳せつつ、山々を眺めていました。
 健脚の頃は、「比良駅」で下車し、バスで麓まで行き、リフトとロープウェイで「比良山頂」に着き、そこから歩いていましたが、今はリフトなどは廃止されています。
皆さんはどうしているのでしょうか?

Img_4364a

「近江舞子駅」に停車。ここは琵琶湖に泳ぎに行く時の下車駅です。
遠浅の水泳場で、水も砂浜も美しく、よく行ったものです。

Img_4370a

湖西地域は、山と湖との間が狭く、田園地帯は少なかったのですが、
「近江高島駅」辺りからは山並みも遠くなって、比較的大きな田園風景が見られる様になりました。
安曇川町・新旭町・今津町などの農村風景です。

 「マキノ駅」を過ぎると、長いトンネルに入ります。
 そしてトンネルを抜けると「近江塩津駅」です。

Img_4373a

Img_4372a

「近江塩津駅」到着は、12時01分でした。
左手の電車(北陸本線・敦賀行き)に、ここまで乗って来て、
右の電車(北陸本線経由東海道本線・山陽本線・姫路行き)に乗り換えます。
両方ともに新快速電車です。

 次回では、湖北から湖東・湖南の様子を、ご紹介します。

« 情緒あふれる石畳風路地 「膏薬図子」 | トップページ | JR西日本の「大回り」を楽しむ 北陸・東海道線 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
私も新聞を読んで特例制度は半神半疑だったのですよ
乗り越し運賃を取られないか?
大丈夫なのですね

車窓から流れゆく景色を愉しみながら
美味しいお弁当にしたづつみ
これこそお財布に優しいクールスポットでしょうか
JRも粋な事をしますね
 
走る列車の中から写真を撮られて
ゆっくり愉しめましたか?
写真と説明を拝見しながら
ご一緒させて戴いています。
何時もの事ですが、詳しい説明に学びながら。
 

山々と琵琶湖、そして田園風景。
こうして見ると滋賀県は京都とは又違った魅力の有る所ですね。

 次回の湖北・湖東・湖南の様子愉しみに拝見します。

古都人さん
 こんにちは
”特例制度”の言葉は知りませんでしたが
多分10年以上前に古都人さんと同じことをしました。
その時は車掌さんが検札に来られて
切符を見て苦笑いされていました。
何だか落ち着かない気持ちだったのを思い出しました。
車窓からの風景も十分愉しめる余裕?も無くて。
当時は、乗り換えが不便で何処かの駅のベンチに腰かけて
お弁当を戴いたものです。

今は、知る人ぞ知るで利用されているのですね
古都人さんが撮り難い車窓から撮られた写真と記事を拝見して
すっかり忘れていた記憶が蘇えりました。
とても懐かしく、頷きながら拝見しています。
武奈ヶ岳は私も何度か登った山です。
勿論!今では遠い過去の事になりましたが。

湖北から湖東・湖南の様子とても楽しみです。
覚えているやら・・・・?

古都人さん
おはようございます。
まぁ~クールスポットですねぇ~
湖西線は大好きなんですよ、車窓から
見える景色は美しくて飽きませんね。
わかりやすい説明で行った気分に
なっています。
余呉湖が見えるのもいいですね、私は
長浜へこうしていきました。
古都人さんのレポートを
楽しみにしています~
わくわく~
大好きな琵琶湖一周の旅~
楽しみです♪

taekoさんへ
こんばんわ
このことはJRの特例制度としてちゃんと書かれて
いますので制度が変えられない限りOKです
ご心配なく一度挑戦されて見ては如何ですか
新聞に紹介されていたのはもう少し広い範囲
ですがもっと広げられる様に思います
車窓風景も中々のものです

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね 湖西線の景観は素敵ですね
琵琶湖が見え 比良山系の山々が見え
そして広々としていて本当に見飽きません
それにそれぞれに思い出もあって・・・
懐かしい光景の連続でした
余呉湖も遠くでしたがひっそりと静まっている
感じを持って眺めていました

琵琶湖周辺の色々な顔が眺めれて、これは面白そう。
弁当、お茶を買いこんで聞いただけで美味しそうです。
京都にいる頃、涼しく本を読める方法として阪急電車で京都、大阪を行ったり来たり
してお咎めをくった後輩がいました。この方が楽しめたのに・・・

maetetuさんへ
こんにちわ
乗り物(電車や汽車ー古いですが)の中で車窓の景色を
眺めつつ食べるお弁当・駅弁は何故か美味しいですね
アルコール類におつまみがあればより良いですね
この特例制度が何時頃出来たのか判りませんが
もしあったらきっと利用されたことでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46519082

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本の「大回り」を楽しむ 湖西線:

« 情緒あふれる石畳風路地 「膏薬図子」 | トップページ | JR西日本の「大回り」を楽しむ 北陸・東海道線 »