2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 盛夏!!朝の散策 | トップページ | 明石から淡路島への旅 3 古事記の世界へ »

2012年8月 7日 (火)

明石から淡路島への旅 2 舞子海上プロムナード

 
前回の続きです。
 「明石海峡大橋」の神戸市舞子側におります。

 「舞子海上プロムナード」とは、「明石海峡大橋」の神戸市側に、
添架施設として同時に施工されたもので、海面からの高さは約47m、
陸地からは約150m明石海峡に突き出したものです。
そして延長約317mの回遊式の遊歩道があります。
 今回は、そこを歩いて高所からの景色を楽しみました。
 前回ご紹介した「アンカレイジ」の中に設けられた30人乗りのエレベーターで8階まで一気に上ります。

Img_3850a

高さ47mの遊歩道から、東南の方向を見ています。
東南方向と言いますと、大阪湾や泉州地域になりますが・・・。
見通しが良ければ、「関西国際空港」も見える筈です。
 
手前の建物が気になりましたので、地上に降りた時に、見に行きました。
後で、ご紹介します。

Img_3864a

「海上47mの丸木橋」です。
下は「明石海峡」、その上に架かる木の丸木橋と言う造りです。
透明な強化ガラス板の上を歩く人は少なくて、両端の下が見えない部分を歩く人が大部分でした。
私は丸木橋を渡りました。
大丈夫なのですが、気持ちとしては安心なところを歩いてしまうのですね。

Img_3853a

丸木橋の上から見た海峡の様子です。強化ガラスを通して見ています。
それでもちょっと恐い感じがします。

Img_3859a

展望遊歩道を歩いています。当然行き交う船舶もありましたが、
手前を行く船は漁船などには見えませんでした。
自衛艦か巡視船(海上保安庁)かと思いましたが・・・。

Img_3860a

47mの高さから、直に海面を見ています。
海峡の潮の流れが判ります。

Img_3863a

遊歩道を回り込んで、北から北西方向を見ています。
明石市内から姫路方面が見えています。

漸く地上に降りました。そして、先程気になった建物前に遣って来ました。

Img_3880a

立て札にあります様に「孫文記念館(移情閣)」です。
孫文を顕彰する日本で唯一の博物館とのことです。
孫文とは、中国の革命家・政治家・思想家です。
ここには、孫文と神戸との関わりを中心に、展示されているそうです。
当日は休館でした。

 これからは、「明石海峡大橋」を渡って、淡路島に行きました。

« 盛夏!!朝の散策 | トップページ | 明石から淡路島への旅 3 古事記の世界へ »

京都府外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45995359

この記事へのトラックバック一覧です: 明石から淡路島への旅 2 舞子海上プロムナード:

« 盛夏!!朝の散策 | トップページ | 明石から淡路島への旅 3 古事記の世界へ »