2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 思い出と共に京都市内を歩く その1 | トップページ | 明石から淡路島への旅 1 明石海峡大橋 »

2012年8月 4日 (土)

思い出と共に京都市内を歩く その2

 (その1)の続きです。
円山公園の「大紅枝垂桜」を見た後、「知恩院」に遣って来ました。
 浄土宗総本山の「知恩院」では、宗祖法然上人の800年大遠忌法要が終り、
御影堂の半解体修理が、平成31年の完成を目指して行われています。

Img_3295a

御影堂全体を覆う大覆い屋の工事が始まっていましたが、現時点では多分ほぼ全体を覆うところまで進んでいるかと思います。
 この工事で大変気になっているのは、知恩院の7不思議の1つ「忘れ傘」です。
大屋根の軒下に置かれた、一説では左甚五郎が置いたとか、先日も報じられていました。
知恩院では「忘れ傘」は取り外せるようになれば、きちんと発表するとか言っておられましたが、待ち遠しいです。
実物を見たいです。公開されるのでしょうかね。

Img_3301a

何時見ても凄い、「青蓮院」の大楠です。
こちらも怪獣が大きく手足を広げている様に見えます。
存在感たっぷりの巨木です。
 ここの思い出は、近くの粟田神社の祭礼の際、神輿がここの山門に入って行った時の様子です。
山門内で何が行われていたのか、外からは見えませんでしたが、
まさに神仏習合の現実を見て、感動しました。

「金戒光明寺」に来ました。
ここではNHK大河ドラマの思い出を2つ。

Img_3307a

境内にある「江」の供養塔です。
昨年の大河ドラマ「江」の波乱に富んだ一生は、忘れられない思い出です。
無理やり引き裂かれた二人の夫、しかし最後は2代将軍の御台所となり、
3代将軍の母となって、漸く静かな余生を送りました。
江を演じた上野樹里さんは、その後どうしているのでしょうか?
一時CMに出ていましたが・・・。
大河以外ドラマは見ませんので判りません。

Img_3308a

もう1つの大河はこれです。
と言ってもお判り難いかと思いますが「新撰組」です。
ドラマのはじめのタイトルバックに出て来た新撰組の隊員が、
揃って石段を上って行く後姿です。
 上に見えるのは本堂です。
何故ここかと言えば、幕末ここに会津藩の本部があって、
新撰組は会津藩の指示を受けていたからです。
揃って隊員がここまで来たとは思いませんが、無関係でもないですから、
その様な形になったのでしょう。

最後は「琵琶湖疏水」です。

Img_3321a

蹴上から流れて来た疏水の水は、ここで貯水されて水力発電に使われます。丁度この頃運航されていた「十石舟遊覧船」です。
蹴上からここまでの往復です。私は未だ一度も乗ったことはありませんが、
シーズン中人気のイベントです。何時間も待ちとか。

Img_3324a

琵琶湖疏水の推進者・第3代京都府知事「北垣国道」です。
実質工事の責任者は、若き田邊朔郎でした。
北垣の令嬢が、田邊の妻となっています。

Img_3330a

琵琶湖疏水の水を利用して発電している「夷川発電所」です。
この水は、やがて鴨川に流入します。
発電所の管理は、当然関西電力が担当しています。

 私のウォーキングも、水の流れと同じ様に、鴨川の河川敷に出て終りとなります。
13Km・約3時間半の、思い出の”京 歩き”でした。

 蛇足ですが、何故今年の大河は不人気なんでしょうね。
 私には理解出来ません。好き好きはあるでしょうが・・・。
歴史とは思わないで、ドラマと思えば面白いと私は思っているのですが・・

« 思い出と共に京都市内を歩く その1 | トップページ | 明石から淡路島への旅 1 明石海峡大橋 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
理由は解りませんが拝見し終わって
古都人さんのお気持ちが何となく解る気がして
感動と言うか・・上手くいえませんがそんな気持ちです。

今回の”京 歩き”でも
歴史と地理を学ばせて戴いています
その場所に行かれての、立たれての説明は古都人さんの想いも
有って、まるでドラマを読んでいるように、見ているように心に伝わります。

殆ど見知っている所のご紹介ですが
頷いたり、初めて知った、改めてその素晴らしさに触れたそんな感動が有ります。

それにしても、物知り?お勉強家ですね。
京都の紹介の本は数えられな程有りますが
何故か古都人さんの‘京 歩き‘のほうが
解りやすく、同じ所を訪ねたいの思いを強く感じます。
 

大河ドラマ”平 清盛”は毎回ドキドキはらはら、胸を痛めて見ています。
どうして視聴率が低迷したままなのか不思議です。

古都人さん
 こんにちは
古都人さんの”京 歩き”前回に続いてご一緒させて戴いています。
しかも「自然体」で学ぶことの喜びを感じながら。
本などは興味が無ければ読みませんし、読み捨てが多いです。

ご紹介の何処の場所でも学ぶことが有りますね
私が知らな過ぎるのかも知れませんが。

 普段から、何事にも興味を持ってご覧になられてる
古都人さんの姿を見習いたいと
思いながら拝見しました。

水の流れとも共に13㎞・約3時間半の思い出と共にウオーキング
少し感動しながら、古都人さんのお気持ちに寄り沿ってご一緒させて戴いた、
そんな気持ちです。
 
思っていることが上手く表現出来なくて
残念ですが・・・

古都人さん
おはようございます。
思い出を辿っての京歩き、素晴らしいですねぇ~
どちらも好きな場所ですわぁ。
13㎞・約3時間半の散策は素敵!!
江のドラマを見て色々と縁のお寺を巡ったことを
懐かしく思い出しました。
京都は歴史があって取り上げるのには
ありすぎるほど歴史の宝庫ですね。
疏水の眺めも好きな場所のひとつです。
いつもありがとうございます~♪

taekoさんへ
こんにちわ
今日も暑いですが 風が結構吹いていますので
少しだけ凌ぎ易い感じですね
ご一緒に歩いて頂いて有難うございます
そのお気持ち 大変嬉しく思います
私はつい何事にも興味を持ち過ぎて仕舞うのです
自分では困ったものだと思っております
何故にそうなったのか その先はどうなったのだろうか
など 野次馬根性ですね

ムームーさんへ
こんにちわ
今日も暑いですが 少し風があるのと 雲が出て来た
ので 少しだけ 凌ぎ易い感じですね
思い出作りではなく 溜まっている思い出を掘り起こす
歩きでした 行くところ行くところに思い出が甦って来て
自分でも驚いています 長く生きると思いでも沢山
溜まって来るのですね
また機会があれば遣って見たい気がしています
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
PCがやっと退院してきました (^o^)/!
活動再開します。よろしくお願いします。

慕辺未行さんへ
お早うございます
PCの退院 良かったですね
こちらこそ 宜しくお願い致します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45738713

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出と共に京都市内を歩く その2:

« 思い出と共に京都市内を歩く その1 | トップページ | 明石から淡路島への旅 1 明石海峡大橋 »