2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”祇園祭2012” 神幸祭・出発式 その2 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など »

2012年7月21日 (土)

”祇園祭2012” 神幸祭・出発式  その1

 祇園祭・山鉾巡行が行われた17日の夕刻からは、「神幸祭」の出発式が、八坂神社付近で執行されました。
昼間の熱さの中での巡行拝見の疲れにもめげず、拝観に出掛けました。
 
 

 石段下での3基の神輿が揃って、差し上げ・差し回しが圧巻です。
何年か前に一度、地上で拝観したことがあるのですが、今いち物足りなくて、高い場所から見たくて出掛けたのです。
 午後6時半頃に見られるとのことで、現場に5時前に着いたのですが、
もう良い場所はありませんでした。
 已む無く、西楼門前の向って右の狛犬の傍に場所を見付けました。
焼き付く様な西日を浴びつつ、漸く6時15分頃から動きが始まりました。

 神輿を先導する氏子組織などの行列が、四条通を西に進んだあと、
愈々神輿のお出ましです。

Img_1537a

西楼門前の様子です。石段の真ん中の通路を残して、ぎっしりの人々人々。
皆さん西日をまともに浴びて暑そうです。
私は、左手の狛犬の下に立っていました。

Img_1538a_2

石段下の北西角の様子です。こちらも一杯の人です。
↑と共に、6時前の現場の様子です。

Img_1547a_2

神輿の先導をする氏子代表らの行列は、西日を浴びつつ、西に向かいます。

Img_1553a_2

最初は「中御座」の登場です。ご祭神は、スサノオノミコトです。
神輿の頂には、鳳凰が飾られています。
担ぎ手は、三若神輿会の皆さんです。
差し上げの後は、四条通の少し西の位置で待機されました。

Img_1556a

「東御座」には子供神輿があり、「東若御座」と言って、四若少年部(小・中学生)が担いでいます。

Img_1564a_2


続いて「東御座」が登場です。ご祭神は、スサノオの妻・櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)です。
神輿の頂には、葱花が飾られています。
担ぎ手は、四若神輿会です。
差し上げの後は、東大路通の少し北に待機されました。
 (この辺りから、漸く西日がビルの陰に隠れ始めました)

 次は「西御座」ですが、私の立つ位置が良くなくて全く見えませんでした。
目の前に石碑や幟などがあったためです。
 なお、「西御座」のご祭神は、スサノオとクシイナダとの子供の八柱御子神(やはしらのみこがみ)です。
神輿の頂には、鳳凰が飾られています。
この神輿は、3基の中で最も大きくて重いそうです。
担ぎ手は、錦神輿会です。

Img_1575a

3基が揃ったところで、まず森・八坂神社宮司のご挨拶があり、その後に
門川・京都市長や山田・京都府知事のご挨拶がありました。
宮司さんの右後ろが市長(黒の羽織)、その右隣が知事(法被姿)です。

 そして、愈々3基の神輿による差し上げ・差し回しが始まります。

  
 このまま↓をご覧ください

« ”祇園祭2012” 神幸祭・出発式 その2 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など »

京都 "祇園祭"」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46379771

この記事へのトラックバック一覧です: ”祇園祭2012” 神幸祭・出発式  その1:

« ”祇園祭2012” 神幸祭・出発式 その2 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など »