2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”祇園祭2012” 神輿洗式 | トップページ | ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 »

2012年7月16日 (月)

”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 月鉾・長刀鉾など

 からの続きです

「函谷鉾」の曳き初めが終わったかと思うと、続いて「月鉾」の曳き初めが、
そろそろ始まる時間となりました。
ここは午後3時からです。

Img_4249a

定刻通り午後3に曳き初めスタートです。
こちらも先ず東に向います。
音頭取りの掛け声と共に、曳き手の皆さん力を込めて「エンヤラヤー」。

Img_4256a

洛央小学校の児童達も参加です。
皆の目は、鉾の動きに集中しています。そちらの方が気になるのでしょうね。

Img_4257a

音頭を取るお二人の息も合っていますね。

Img_4267a

今度は西に向かって・・・。

 ついでに「長刀鉾」の覗いて見ましたが、準備中でした。

Img_4234a

こちらもまず東へ曳く様でした。

Img_4245a

後で知ったのですが、こちらは「生き稚児」も禿(かむろ)の2人と共に、
乗ったそうです。残念でした。

Img_4270a

市バスで帰ろうと、四条烏丸のバス停で待っていると、突然こんな光景が・・・。四条通に”でん”と居座る「菊水鉾」です。
実は、ここ「鉾の辻」では「菊水鉾」の曳き初めも行われていて、
一時四条通の交通が遮断されました。

 この日は、「鶏鉾」も曳き初めが行われました。
 「鶏鉾」は、この位置の左手奥に建てられています。

 13日には、”山”の曳き初めも行われました。

尚、"祇園祭"の記事はカテゴリー"祇園祭"をご覧ください。

« ”祇園祭2012” 神輿洗式 | トップページ | ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 »

京都 "祇園祭"」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
今日も暑いですね
今、入道雲が出ています。
梅雨明けは未だなのでしょうか?

鉾の曳き初めもドキドキわくわくしますね。
どのショットも臨場感が溢れて素晴らしいです。
リハーサル無しの本番だけにハプニングも有って
関係されている方達は"祇園祭"の間、気が抜けませんね。
それぞれの皆さんの表情や姿に思い思いの気持ちが感じられて
好いものですね
子供たちにとっても好い思い出になりましたね。
この子供たちが大人になって
次の世代に引き継いでほしいです
"祇園祭"か゜永久に続くことを願います。

取材された古都人さんも多くの場面での撮影、そして愉しくて詳しい説明。
大変な作業ですね
自宅のパソコンで拝見している私は
何と贅沢な事かとつくづく思います。

 

古都人さん
 こんにちは
”鉾の曳き始め”をこのように詳しく拝見したのは初めてです。
これも"祇園祭"の行事(儀式?)の1つなのですね
カメラや傘は禁止
中々厳しいのですね。

綱を引いておられる方たちの思い思いの様子、好いですね。
小学生の皆さん、好い経験をされて一生の思い出になったことと思います。
 音頭取りの方、幾つかある晴れ舞台の1つでしょうか?
車方さんなどの影の力もあって
この鉾の曳き初めも、事故無く進められるのですね。
そして鉾に乗っておられる囃子方さんや子供たちの協力も有って。

"祇園祭"の歴史と守り続けて来られた鉾町など多くの町衆の
心意気に敬意を表します。
 
最後のハプニング、このような事も有るのですね。

古都人さん、取材お疲れ様でした。


古都人さん
こんばんは~
素晴らしいです!!
こういうのは見たことがありませんわぁ。
皆さん嬉しそうに参加されていますね、何と大勢の
人達でしょう。
こうして子供の頃から参加したり見聞きしていると
祇園祭りの心意気や歴史に触れていいですね。
町衆の勢いが伝わりそうですね。
見せていただけて嬉しいですわぁ~

こんばんは

伝統の極みの山鉾と
ビルや車のミスマッチ、
おなじみの夏の京都の風物詩ですね。

ワッショイワッショイのお祭りしか知らないので
静かに引かれていく山鉾や笛の音に
雅を感じます。

山鉾の高さや鉾を引く人たちの熱気は
やはりそこに居て初めて実感できるものです。
いつか必ず行きたいです!!!

こんばんは (◎´∀`)ノ
山鉾巡行本番前に、このような鉾の曳き初めもあるのですね。
誰でも自由に参加できるのですか?
例えば当日いきなりその場で参加することはできるのですか?
これも祇園祭を盛り上げる行事の一つなのですね。
古都人様のブログで、すっかり祇園祭を楽しませて頂いてます (^_^)!

taekoさんへ
こんばんわ
遅くなってからのお邪魔済みません
祇園祭の神幸祭の石段下での3基の差し上げ・差し回し
を見ていて遅くなってしまいました
何れご紹介させて頂きます
そうですね 色々な行事を小さい時から体験して引き継がれて
いくのでしょう 今日の巡行でも多くの子供達が参加していました

ムームーさんへ
こんばんわ
遅くからのお返事済みません
そうですね 子供達にとっては良い思い出に
なることでしょう そして何時かは祇園祭への
参加に繋がっていくことでしょうね
こちらこそ何時も有難うございます

雅美さんへ
こんばんわ
何時かきっとお越しくださいませ
今日は猛暑の中 昼は山鉾巡行
夕方からは3基の神輿の神幸祭と
祇園祭一色です 17日が狙い目ですよ

慕辺未行さんへ
こんばんわ
そうなんですよ 全くの参加自由です
指定の時間前に鉾の近くに並べば良いのです
何の制限もありません 但し危険が予想される
ことは禁じられています
例えば撮影しながら曳くとか傘など手に持たないこと
などです 両手はあけておけば良いのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46332131

この記事へのトラックバック一覧です: ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 月鉾・長刀鉾など:

« ”祇園祭2012” 神輿洗式 | トップページ | ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 »