2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・城南宮から熊野詣へ | トップページ | 夏色?京都府立植物園 »

2012年7月31日 (火)

”祇園祭2012” 最後の神事 疫神社夏越祭

 7月1日から始まった「祇園祭」も、31日に執行された、
「疫神社・夏越祭」を最後に、熱(暑)くて長かった1か月の諸行事が終わりました。

 「疫神社」は、八坂神社の西楼門から入って、直ぐ正面にある摂社です。
ご祭神は、「蘇民将来」と言うお方ですが、「蘇民将来」については、
最後にご紹介します。

 さて、夏越祭は午前10時から始まることは、予め知っていましたので、
現地には9時40分頃に着きました。
ところが着いてびっくり!去年と全く様子が違うのです。
疫神社の前には大きなテントが張られ、紅白の幕も張られた中には、
多くの人が(推定約3~400人位)椅子に座っておられます。
受付があって、葉書を持っていなければ中には入れません。
そうでない、私のような者は向って左手に並ぶ様です。
 

已む無く私は、招待者の席の後ろで、式が始まるのを待ちました。

Img_4421a

10時前、神事が始まるのを待ちます。

Img_4423a

やがて、宮司さんなど神職の方が入って来られました。
昨年は、神職の方はお一人だけで、参拝者も2~30人位でした。
今年はどうなっているのでしょう?

 やがて神事は始まりましたが、その様子は全く見えませんでした。
そして、一通りの神事が終わって、いよいよ「茅の輪」くぐりが始まりました。 

Img_4427a

 招待者から、順番です。
氏子関係・神社や神事を支える人々・山鉾連合会などが招待されている様でした。

Img_4430a

招待者の最後の人達です。報道関係者もおられる様でした。
やっと、一般参拝者の皆さんが続く、ほんの少しの間ですが、
全景を拝見することが出来ました。
「茅の輪」の直径は、約2mです。

Img_4435a

茅の輪の上には「蘇民将来之子孫也」の文字が見えます。
緊張の神事が終わって、神職さんに笑顔が見えました。
茅の輪の回りにも、たくさんの「茅」が鳥居などに括りつけられています。
参拝の皆さんは、この茅を少しずつ持ち帰っておられました。
自分で小さな茅の輪を作り、玄関などに吊り下げるのです。
 私は、茅の輪ではなく、「粽」(ちまき)を玄関上に吊り下げています。
何れにしても、心の持ち様の問題ですね。

勿論、私も30分間程並んで、「茅の輪」くぐりをして、お参りさせて頂きました。

 以上で、長かった今年の”祇園祭”も、無事終りとなりました。
ご覧戴いてありがとうございました。
尚、”祇園祭”関連の記事は、カテゴリー”
祇園祭”をご覧ください。

 「蘇民将来」と「茅の輪」についての説話
昔、牛頭天王(武塔神またはスサノオノミコトとも習合されている)が、
北から南へお嫁さん探しに旅に出たとき、裕福な弟・巨旦(こたん)将来に宿を乞うたが断られ、貧しかった兄・蘇民将来の家では、快くもてなしを受けました。
 その後、妻が出来た牛頭天王は八柱の御子を連れ、再び蘇民の家を訪れ、返礼として、蘇民とその家族、子孫に至るまで「茅の輪」を腰に付けている者は、疫病の厄を免じさせると約束したと言います。

 故に、厄除けの粽には「蘇民将来子孫也」と書かれた護符が添えられており、
軒下に吊るしたりするのです。
 

« 京都・城南宮から熊野詣へ | トップページ | 夏色?京都府立植物園 »

伝統行事」カテゴリの記事

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
”祇園祭”は今日までだったのですね
私は古都人さんのブログを拝見するまでは
山鉾巡行が終われば”祇園祭”も終わりと思っていました。
京都に住んでいてとてもとても恥ずかしい事ですが、本当です。
 そして”茅の輪くぐり”は一年の半分の最後の日
6月30日に各神社で行われる行事だけと思っていました。
 ブログを拝見して、驚きながらも学ばせて戴きました。
 ”祇園祭”の意義・歴史・伝統文化
など多くの事を教えて頂いて本当に嬉しいです。
 それにしても古都人さんは、京都の事をよくご存じで
流石、”京 歩き”ですね。

今日も最高気温37度の猛暑日、よくお参りされましたね。
お蔭で勉強になりました。

古都人さん
 こんにちは
お訪ねしてびっくりです。
↑のももえさんと全く同じ気持ちで、嬉しく有り難く拝見しました。
 
今年の”疫神社夏越祭”の様子が変わった
神職さんも参拝者も増えたと言う事は
今の世の中を反映しているのでしようか?
何となく考えさせられます。
参拝される大勢の方は善男善女
世界の平和や家族の健康などを祈っておられるのでしょうね
 

古都人さん炎天下で長い間待ってのやっとの
茅の輪くぐり、お参り出来て宜しいでしたね
お蔭で私も学ばせて戴きました。
蘇民将来の事、そして勿論、”祇園祭”のことも。 

こんばんは
臨場感あふれる祇園祭の写真や記事、堪能いたしました。
感謝します。
猛暑の中のお祭りを
PCの前でのんびり眺める事ができるのはありがたい事です。

蘇民将来のいわれが
こんなに素晴らしい伝統として
受け継がれているのですね。
色々勉強させていただきました。

知ることって大事ですよね。

taekoさんへ
お早うございます
去年と比べて今年の盛大さ 何故か新聞にも
出ていませんでしたので謎です
理由が知りたいですね
仰る様に今の世の中の不安を感じ取ってのことかも
知れませんね
taekoさんは 祇園祭のちまきなど買われるのですか
そして家のどこかに吊るされているのですか
そう言ったことにある程度 遣られる方ですか

古都人さん
おはようございます。
1か月かけて執り行われる祇園祭りの
最終の疫神社夏越祭なんですね。
私もこれだけのことをされてるなんて
思いもしませんでした。
歴史のある京都ならではのお祭りですねぇ~
昨日は暑くて大変だったと思います。
これだけ詳しく教えていただいて
居ながらにして学ばせて貰いました。
いつもありがとうございます~♪

雅美さんへ
お早うございます
今年は祇園祭の様子をある程度しっかりと取材をして
ご紹介したいと思い遣って来ました
漸く長かった祇園祭も終わって ほっとしております
盆地の京都市内の夏の暑さは格別です
これからはお盆の行事など 祈りの季節を迎えます
体調と相談しながらまた出掛けたいと思っている
ところです

ムームーさんへ
こんにちわ
今日も猛暑日の一歩手前位の暑い日ですが
如何が暑さ対策をされておられますか
本当に耐え難い暑さですね
漸く長く熱かった祇園祭もその幕が下りました
関係者の皆様に心から御礼を申し上げたいですね
さぞかしほっとされている事でしょう
しかし 季節の暑さはまだこれからですね
お互いに体調に気を配りつつこの暑さを乗り切ろう
ではありませんか
こちらこそ何時も有難うございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46517543

この記事へのトラックバック一覧です: ”祇園祭2012” 最後の神事 疫神社夏越祭:

« 京都・城南宮から熊野詣へ | トップページ | 夏色?京都府立植物園 »