2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・茅の輪くぐり2012 車折神社・野宮神社 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 2 旧・尾藤家住宅 »

2012年7月 2日 (月)

ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 1 町の様子

 久し振りに小旅行をしました。
訪れたのは、京都府北部の与謝野町加悦(よさのちょう・かや)の
「ちりめん街道」(重要伝統的建造物保存地区)で、製織の町です。
 北近畿丹後鉄道・野田川駅(特急停車)下車・タクシーで10分程のところにあります。

 スタートは、旧・加悦町役場(現・与謝野町観光協会、後日ご紹介します)からで、
協会事務局の山崎さんから沢山の資料を頂きました。

Img_3705a
 先ず最初のポイントは、ここ「井筒屋旅館」です。
昭和8年に再建された総2階平入りの建物です。
旅館建築の玄関として堂々とした構えを見せています。
街道沿いに唯一残る現業の旅館です。

そして、その隣です。

Img_3706a
こちらもかつては旅館を営んでいた「松村家」で、明治21年の建築です。
宿帳には、ロシヤや中国の人々の名前もあるそうです。
この街道のかっての繁栄を物語っています。

Img_3714a
街道を南から北の方向を見ています。
左の白い塀のお宅は「旧・尾藤家」(後日単独で、ご紹介します)です。

Img_3733a
「下村家」住宅です。かつて郵便局の使命を担っていたこともある街道筋では最も古い建物だそうです。
主屋は文化元年(1804)、座敷棟は大正10年の建築です。
街道表側には「機屋窓」と呼ばれる格子付き中敷居窓があります。

Img_3753a
街道の様子です。こちらも南から見ています。
左手のお宅は、「縮緬始祖」の西山工場母家です。
 明治29年から41年にかけて3棟の工場が建てられ、加悦谷で最初のドイツ製の発動機、スイス製の力織機を導入しました。
 昭和2年の丹後大震災では、殆どの縮緬工場が被害を受けましたが、
丹後に現存する唯一の明治時代の縮緬工場です。

Img_3701a
町の角に建つ「浜見家」住宅です。
明治20年の町の火事で焼けた後に建てられたお宅です。
栗材が使われているとか。

 魅力満載の「ちりめん街道」以下のように5回に分けて、ご紹介して行きます。
愉しみにご覧ください。
  旧・尾藤家
  旧・施設
 
  旧酒蔵と診療所
  野田川駅など

 
 

« 京都・茅の輪くぐり2012 車折神社・野宮神社 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 2 旧・尾藤家住宅 »

地域 歴史」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
過日、ラジオ?紹介されていた時の
”重要伝統的建造物群保存地区”の言葉に弱い私は
機会を見つけて是非訪れたいと思っていた場所でした。
それだけに嬉しくて嬉しくて
町の様子にくぎ付けです。
京都市内にも町家など歴史的な建物は有りますが
こちらの建物は少し違っていますね
言葉で表すのは難しいですが
正しく”街道”そのものです。
木の戸や土壁がそのまま残っている建物に感動します。
それにしても人影が少ないですね
明治時代?にタイムスリップしたような町の様子
これからのご紹介愉しみに拝見します。

古都人さん
 こんにちは
私の好きな佇まいの街道です
確か一か月くらい前でしたか?
NHKの”京のええとこ連れてって”で
丹後ちりめん歴史館(正確な名前は忘れましたが・・)が
紹介されいてその時は何気なく見ていました。
 私にはご紹介のちりめん街道の方に魅力を感じます。
このような街道が今でも残っているのですね
素朴でどっしりした建物
街道はひっそりしていますが、いつもこのような佇まいなのでしょうか?
そっとしておいて欲しいような勿体ないような気持ちで拝見しています。
 
これから数回に分けてのご紹介愉しみに拝見させて戴きます。

こんばんは

京都市内ばかりめぐっているので
この辺は全く知りません。
なんというか時がゆっくり流れているような、
不思議な感覚に囚われます。

手入れされた植木や鉢類、
ゴミのない道路、
住んでいる方の心の豊かさを感じます。

一泊されたのですか?
日帰りですか?

古都人さん
おはようございます。
まぁ~素敵な街並みの街道ですね。
チリメン街道って名前にときめきますわ。
素晴らしいお家が立ち並びますね。
馬篭などの作りすぎた街道は魅力がないですが
こういうところはいいですねぇ。
街の人の取り組みや行政の力が大きいのでしょうね。
いつまでも残して欲しいところですね。
見せていただけて良かったですわぁ。
倍の唇が少しましになりました、ご心配いただいて
申し訳ありません。
何故にこけるのか?

taekoさんへ
こんにちわ
NHKでの放送は「丹後ちりめん歴史館」で間違いないですよ
さすが確実に記憶されていましたね
場所はこの「ちりめん街道」からは少し北にあります
先日訪れた時に加悦の方に言っていたのです 
なぜここもNHKに紹介してもらわないのですか?と
やはりここのPRが足りないように感じました
点よりも面だと思いますね

雅美さんへ
こんにちわ
ここ「ちりめん街道」しか行っていませんので
十分日帰り可能でした
1回の乗り換えで特急でスムーズに行けます
京都市内で十分見るところがあるのですが
偶には外へと思い出掛けたのです
引き付けられたのは「重要伝統的建築群保存地区」故
でした

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 静かな落ち着いた町並みでした
観光の人には殆ど逢いませんでした
この点がちょっと気になるところでした
これだけの町並みの保存には土地の皆さんも
行政の方達もいろいろとご苦労がおありだと
推測しながら拝見していました
どうぞお気を付けてお大事になさってくださいませ
私も時々蹴躓いたりしていますよ
お互いに気をつけなければいけませんね

古都人様
加悦の地名は50年余り前から知っていました。
(京都伏見にあった郵政研修所に、加悦郵便局の
美人電話交換手が訓練に入所していたのと読みが
珍しいので)宮津や天の橋立へ行くのにも、何度か
車で通りましたが、通過するだけでこれほど素敵な
たたずまいがあるとは知りませんでした。
大和にも「伝統的建造物群保存地区」に指定された
地区は三か所ありますが、建築物だけではなく、景観
の素晴らしさは加悦のほうが素晴らしいです。
今井町と大宇陀町はすでにコスモスさんがUPされて
いました。

syozenさんへ
こんにちわ
お久し振りです ようこそお越しくださいまして
有難うございます
そうなんです 私も「重伝建」めぐりに嵌って
おりましてあちこちと出掛けております
「ちりめん街道」は始めはそれとは知らず
下準備の際に知ったものです
今井町と比べますと規模的には こちらは
やや小さい様に思います
大小に拘らず存続させること また生活感があることが
大事だと思っております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45740000

この記事へのトラックバック一覧です: ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 1 町の様子:

« 京都・茅の輪くぐり2012 車折神社・野宮神社 | トップページ | ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 2 旧・尾藤家住宅 »