2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 | トップページ | ”祇園祭2012” 山鉾巡行 その2 »

2012年7月17日 (火)

”祇園祭2012” 灯りの燈った山鉾「駒形提灯」

 祇園祭の夜景も少し見たいと思い、人出が未だ少ない13日の夜(即ち、
宵々々々山)に出掛けました。
祇園祭の情緒と言えば、やはり山や鉾に掛けられた”駒形提灯”ではないかと、
私は思っています。
 (14日の宵々々山では、予想通り昨年より10
万人多い25万人、
15日は26万人、そして宵山は40万人の人出だったとの事です。)
 昔は平気でしたが今はもう避けたい気分です。

Img_4286a

先ずは「長刀鉾」です。東の方から見ています。
生憎の雨模様となって来ました。

Img_4287a

各”山”や”鉾”ともに、「ちまき」や手拭い、お守りなどを、このようなお店で売っています。
宵々々山あたりからは、浴衣姿の少女達が声を張上げて、
独特の節回しでわらべ歌調に歌いつつ売っています。

Img_4289a

さすが「長刀鉾」の駒形提灯です。立派なものです。
櫓の中では、お馴染みの「コンチキチン」の祇園囃子が、情緒豊かに奏でられています。

Img_4294a

こちらは「函谷鉾」です。こちらでも賑やかにお囃子が演奏されています。

Img_4295a

こちらは「月鉾」です。雨が強く降り出して来ました。
殆どの方は、傘を差しておられます。西の方を見ています。

Img_4298a

何時も感じることですが、この「月鉾」の提灯の灯りの色は、
独特のものがある様に思います。
電球の種類が他とは違うのでしょうか?

 以上は、午後7時過ぎに撮ったものですが、少し早い時間に撮った
山の駒形提灯を2つ、ご覧ください。

Img_4283a

提灯に灯りがともっているのを探していて、見付けた「霰天神山」(あられてんじんやま)です。

 そして最後は、「南観音山」です。巡行の際にも最後に巡行します。
山とは言え、車輪が付いていて、お囃子も乗っています。

Img_4281a

宵山が終わると、いよいよ17日は山鉾巡行です。
「愉しみながら写真が撮れたら好いなあ」と思っています。

 尚、"祇園祭"の記事はカテゴリー"
祇園祭"をご覧ください。

« ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 | トップページ | ”祇園祭2012” 山鉾巡行 その2 »

京都 "祇園祭"」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
こんにちは~
見事な鉾の写真に見入っています。
同じお祭りでも同じ鉾でも見る人によってこんなに
素敵に写せるのですねぇ。
素晴らしくて関心しています~
どの写真もいいなぁ~♪
雨の水たまりも鉾と提灯で素晴らしいですね。
巡行も暑かったでしょうねぇ~
楽しみにしています~♪
いつもありがとうございます。

古都人さん
 こんにちは
今日の山鉾巡行も猛暑の中での巡行でしたね。
古都人さんは行かれたのでしょうか?
私は出かける勇気が無くて・・・

 灯りの燈った駒形提灯は風情が有りますね。
やはり夜空に一番映えるのでは?
取材された古都人さんには申し訳ないですが
雨にしっとりの駒形提灯は特に素晴らしいです
騒音や埃などが雨に流される そんな気がします
♪コンコンチキチンのお囃子を耳に心地好く
今の季節だけの京都の夜を愉しむ
とても贅沢な時間ですね
 
特に、雨の四条通に映った月鉾の提灯の灯り
幻想的でこれも素晴らしい
これも雨のお蔭?でしょうか?

古都人さん
 こんにちは
灯りの灯った駒形提灯、好いですね~
 四条通のざわめきが雨に流されたのでしょうか
お写真からはむしろ静けさが感じられます
耳に聞こえるのは情緒の有る、お囃子のコンチキチンだけ

今だけの贅沢ですね。
そして京都に住んでいる者の特権でしょうか
昨年、宵々々山に出かけた日の事を思い出して
拝見しています。
 
月鉾ですが、私も以前から何となく違和感?のようなものを感じています。
私は書体のせいかな?と思っていました。 

雨に濡れた道に幻想的に映る提灯好いですね
雨の撮影は大変だったと思いますが
このような光景は撮ろうと思っても撮れませんね
 
山鉾巡行、お出かけでしたか?
愉しみに拝見させて戴きます。

こんばんは (◎´∀`)ノ
本番数日前の夜でも、このように提灯に灯りをともしているのですね。
これもやはり、祇園祭の一つの光景なのですね。
完全に暗くなる前の山鉾の提灯が、背景の青い空にとても映えています。
それにいたしましても、雨の中を精力的に出掛けられ、本当にお疲れ様です。
そして、いつも素晴らしいブログ記事と写真、ありがとうございます。

ムームーさんへ
こんにちわ
今日もお暑うございます 毎日この言葉が出てしまいます
いえいえそんなに仰って頂くと恐縮です
まだまだ修行が足りません
しかし写真は兎も角として駒形提灯は風情があります
祇園祭の景色の中で私の好きな場面の一つです
こちらこそ何時も有難うございます

taekoさんへ
こんにちわ
今日もお暑いことでございます
しかしこれからが夏本番ですね
体調に気をつけながら耐えて行かねば
なりませんね
13日はまだ比較的に空いていました 
それを狙って出掛けました
猛烈な人の波に恐れをなしています
人の波が気にならなかった年代が
懐かしいです と年寄り臭いことを言っております

慕辺未行さんへ
こんにちわ
そうですね 祇園祭は夜もいろいろと見るものが
多くあります 山鉾の会所めぐりや屏風祭など
少し喧騒から離れて楽しめる部分もあるのです
長い歴史の中で育まれた文化でしょうか

こんばんは

夕暮れに浮かぶ提灯の色。
素晴らしい!
さすが長刀鉾の提灯は圧巻ですね。
何百年も人々に感動を与えてきた美しさ。
これからも時を越えて祇園祭は継承されていくんですね。
色々なことを考えながら
ゆっくり眺めています。

暑い思いもせず
混雑に疲れることもなく
写真で楽しむことができるのは本当にありがたいことです。
感謝します。


雅美さんへ
お早うございます
そうですね 長刀鉾はいろんな面で代表的な
存在だと思います
長刀そのものが祇園祭の発祥を象徴している
訳ですから・・・
駒形提灯も祇園祭の夜を情緒あるものする
効果的な演出だと思いますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46333880

この記事へのトラックバック一覧です: ”祇園祭2012” 灯りの燈った山鉾「駒形提灯」:

« ”祇園祭2012” 鉾の曳き初め 函谷鉾 | トップページ | ”祇園祭2012” 山鉾巡行 その2 »