2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など | トップページ | ”祇園祭2012” 花傘巡行 子供たち »

2012年7月24日 (火)

”祇園祭2012” 還幸祭前日

 ”祇園祭”の神輿が24日に還幸されますが、その前日に2つの場所を訪れました。

 その1つは、三条大宮角にある「八坂神社・御供社」(又旅社とも言います)での
「オハケ清祓式」に参拝しました。

 もう1つは、四条新京極にある「御旅所」に鎮座されている3つの神輿の参拝です。

 まず「オハケ」から。

Img_4306a

「八坂神社御供社」の正面です。手前の道が三条通です。
中では「清祓式」(きよはらえしき)が執り行われています。

Img_4311a

「御供社」の社殿正面です・

Img_4303a

神職が「オハケ」に御幣を立てておられるところです。

Img_4308a

「オハケ」とは、幅7尺奥行2尺の斎芝を敷き、四隅に斎竹を立て、その中心に神の依り代となる3本の御幣を立てたもので、神聖な領域を示しています。

何故ここにこの「オハケ」が設けられるかと言えば、この辺りは祇園祭の起源とされる祇園御霊会が催行された”神泉苑”の東南端に当たるそうです。
そして、「オハケ」は”神泉苑”の池の水辺を現したものと考えられています。
当初の”神泉苑”は広大なものだったそうで、天皇以外は入れない禁苑でした。

還幸祭には、3基の神輿が、必ずここで合流するのです。

 次は、24日まで鎮座されている「四条御旅所」での3基の神輿です。

Img_4316a

四条通を隔てて「御旅所」の全容を望んでいます。
3基の神輿が見えますね。

Img_4317a

近付いて、3基の神輿を拝見しましょう。
向って右から、東御座、中御座、西御座です。
神輿の屋根にそれぞれの違いがあります。
東御座は、四角形で、頂は葱花です。
中御座は、六角形で、頂は鳳凰です。
西御座は、八角形で、頂は鳳凰です。

Img_4319a

代表して、中御座を大きくご覧頂きましょう。
ご祭神は、スサノオノミコトです。

Img_4325a

3基の神輿が鎮座される西隣りにある「四条御旅所」のお社です。
祇園祭以外の時でも、ここのお社には参拝出来ます。

さらに、その西隣りには、境外摂社の「冠者殿社」(かんじゃでんしゃ)があります。
Img_4327a

こちらのご祭神もスサノオノミコトですが、「荒魂」(あらみたま)がお祀りされています。
神様には「荒魂」と「和魂」(にぎみたま)とがあるそうです。「荒魂」は新しく猛々しい神で、「和魂」は穏やかで静かな神です。
こちらは、俗に言う起請返し、誓文払いの神様とされ、商売上の嘘や恋の嘘も清めるとされています。

 愈々24日は「還幸祭」です。17日の夜から、ここに鎮座し世の中の厄払いをされていた3基の神様方が、八坂神社にお帰りになります。

 それに先立って、24日の午前中は、「花笠巡行」が執行されました。
 次回には、その様子をご紹介します。

尚、”祇園祭”関係の記事は、カテゴリー”祇園祭”をご覧ください。

« ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など | トップページ | ”祇園祭2012” 花傘巡行 子供たち »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
拝見して、私が知っていたのは「四条御旅所」での3基の神輿だけです
偶然、運よく、見かけた3基のお神輿だけです。

 三条大宮角の「八坂神社・御供社」の前は通った箏が有ると思ますが
記憶が・・・?
勿論、「オハケ清祓式」も初めて拝見しましたし
このような行事が有る事すら、知りませんでした。
珍しい行事のように思いましたが、皆さんよくご存知なのでしょうか?

神泉苑も以前は広かったのですね。
しかも天皇以外は入れない。
今からは想像が出来ませんが。

”祇園祭”と一口に言っても長い歴史が有り、
その意義も大きいのですね。
 
今回も色々な事を学ばせて戴きました。


古都人さん
 こんにちは
恥ずかしいですが、ご紹介の場所も行事も
全く知らない事ばかりです。
特に「オハケ」とは
珍しい?行事が有るのですね。
古都人さんは本当によくご存じですね。

”祇園祭”は「単なるお祭りでは無い」ことは
シリーズを拝見してよ~く解りましたが
知れば知るほど奥の深い、歴史の長い
文字通り「伝統行事」ですが、伝統文化でもありますね。

来年はどの行事を拝見するか?
愉しみが増えました。
 

taekoさんへ
こんにちわ
本当にさすが京都!と言いたくなりますね
貞観11年(869)に始まった祇園御霊会の
発祥の地・神泉苑の昔の痕跡が「オハケ」
として今も引き継がれているなんて凄いこと
ですね 私も初めて知った時は感動しました

BS朝日で7月29日、日曜日昼12時から百年名家という番組で私の市内のお家が紹介されます
良かったらみてください
8月5日にも再放送があるそうです
紀州街道です

古都人さん
こんばんは~
八坂神社・御供社のオハケ清祓式って厳かですね。
ここを通行したときに何かしらと思いましたの。
検索してみましたが、こうして説明していただくと
一層よくわかります。
祇園祭りって素晴らしい行事なんですね。
1か月かけて執り行われるなんて素晴らしいですねぇ。

あおぞら39さんへ
こんにちわ
ご教示有難うございました
折角ですが実はBSは見られないのです
(見られないと言うよりも見られる様にしていないのです)
いろいろと遣ることがあって余りTVに向き合っている時間
がないのが実態です
街道歩きは大好きです その関連の参考図書は持っている
のですが中々歩く時間がなくて・・・
涼しくなればと思っております
有難うございました

ムームーさんへ
こんにちわ
三条大宮の八坂神社御供社は別名「又旅社」とでしたね
御旅所の又御旅所と言うことで 私はこの「又旅社」の呼び方が
気に入っています 初めは変な名前だなあと思いましたが
こちらの方が親しみを覚えます
まさかこんな所に八坂神社の関連のお社があるやんて
思いませんものね
小さなお社ですから つい見過ごして仕舞いそうです
しかしその訳を知ると祇園祭の凄さを知って驚きます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/46434876

この記事へのトラックバック一覧です: ”祇園祭2012” 還幸祭前日:

« ちりめん街道・与謝野町加悦を歩く 5 野田川駅など | トップページ | ”祇園祭2012” 花傘巡行 子供たち »