2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 南紀旅行から その1 湯浅醤油 | トップページ | NHK大河ドラマ「平清盛」に登場した現場に立つ 保元の乱 1 »

2012年6月22日 (金)

ローカル線の旅をしませんか(その1)

  ローカル線の旅は如何でしょうか?
今日ご紹介する列車の写真は、京都の同志社大学生が旅をして写されたものです。
地下鉄御池構内の画廊に展示されていました(この作品展を最後にこの場所は画廊では無くなりました)。

 尚、写真の説明は展示されていたものをそのまま使っています。

070
          ”火口原を行く”JR豊肥本線
「外輪山をバックに阿蘇のカルデラを行く列車
アメリカ的な風景とヨーロッパカラーのディーゼルカーは、
外国を彷彿させてくれる」

072
             ”川面を越えて”   JR津山線 福渡付近
「よく晴れた秋の1日、のんびりとローカル線を旅する。
流れがきれいな鉄橋が有る福渡で下車。
勢いよく流れる水を楽しみながら川面を眺めていると、水音に遠慮しながら
2連の気動車が鉄橋を渡っていった。
 そして再び水音だけの世界が訪れた。」

074
             ”ネコ電車”   和歌山電鐵 大池遊園
「貴志駅は、三毛猫タマの駅長ですっかり有名になつた。
沿線の小さな公園で出会った猫デザインの電車、
水ぬるむのどかな日和だった。」

076
    ”コスモスの花咲く”  阪堺線 阪堺電気軌道
 宿院~寺地
「昭和3年製、現在最古の定期運用される電車である。
綺麗に手入れされた昔の塗色の電車と色とりどりの花がよく似合う。
末長い活躍を祈るばかりだ。」

078
            ”秋   彩”  近江鉄道 近江八幡~武佐
「都会からさほど離れていないローカル私鉄ではあるが、
秋の陽を一面に浴びた花畑を行く電車はゆったりと走っていた」

080
          ”伊賀鉄道の春”    伊賀鉄道 比土~上林 
「関東生まれの車両が伊賀に来て忍者列車に変身した。
地域活性化のために植えられた菜の花畑にも溶けん込んできた」

梅雨の鬱陶しい日々、少しは明るい気分に浸って頂ければ有り難いですが。
 

構内の灯りで写真を写していますから、画像が悪くなっていることを
お断りしておきます。


















« 南紀旅行から その1 湯浅醤油 | トップページ | NHK大河ドラマ「平清盛」に登場した現場に立つ 保元の乱 1 »

京都府外」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんにちは
ローカル線の旅、今の時代には一番贅沢な事なのでは?
若い時は、新幹線の旅が機能的だと思っていました。
今は、ゆっくりのんびりのローカルの旅に憧れます。

撮影されている大学生さんの思いを載せて走っている列車
どの写真からも夢の世界が広がりますね
見た事の無い風景ですが何故か懐かしさ
郷愁を感じるのは年齢からくるものなのでしょうか

 ↓のコメントです。
19日の夕刻には台風4号が近畿地方に近づいた日でしたね。
雨の中をご近所のアジサイを拝見。
お写真を拝見していると優雅?な気持ちになります。
花の中で一番雨に似合う花はアジサイですね
しっとり綺麗に撮られましたね

古都人さん
こんにちは
 ローカル線の旅は憧れますね
新幹線が初めて通った時
その速さと車輛のかっこ好さに驚いたり感心したり、一度乗りたいが夢でした。
  今はローカル線の旅が夢です
写真を拝見していて旅心に誘われますね
添えられたメッセージにも。
  取りあえず?は京都から一番近い近江鉄道に乗る事でしょうか
>秋の陽を一面に浴びた花畑を行く・・・<
秋の長閑な時間を満喫したいものです
 
 
↓の雨に濡れたアジサイ
アジサイほど雨に似合う花は有りませんね
雨にしっとり色鮮やかなアジサイ
心ゆくまで愉しまて戴きました

こんばんは (◎´∀`)ノ
青森から鹿児島まで新幹線が走る時代、格安航空会社も現れた時代、今最も憧れる旅がこのようなのんびりとしたローカル線の旅なのかもしれないですね。
国鉄時代と違い、カラフルで個性的な車両が増え、第三セクターとなった路線も、工夫を凝らし頑張っているようですね。
私も高校生時代は”鉄ちゃん”でしたから、何となく懐かしい気分です。
それにしても、かつては走っていないデザインの列車ばかり!
これでは男だけでなく女性鉄道ファンが増えるのも納得です。

↓ 記事のコメントです。やはりアジサイは雨が似合いますネ。
どしゃ降りの大雨は困りますが、しっとり濡れている姿がキレイです。
最後の写真のアジサイ、カシワバアジサイでは?
葉っぱの形が柏の葉に似ていませんでしたか?

古都人さん
おはようございます。
まぁ~素敵ですねぇ~
こういう電車があるのは嬉しいですよね。
猫ちゃん電車は乗りましたが、車窓からの景色も
素敵でした。
学生さんが写された写真の感性が素晴らしいですわぁ。
ご紹介いただいて嬉しいですわ。
電車が走る姿はいいですね、大好きです。
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
私もローカル線の旅に憧れをもっている1人です
少し遠出をしないと味わえませんので機会は少ないです
行き慣れたところではそんな感じが薄いですが
初めてのところだと満喫できますね
手近なところだと山陰線や湖西線の北の方
さらにその先の北陸線なんかですね
車窓からの景色にもよりますね
そうなんです 台風が来る前にと思って足早に回りました
ちょっと濡れ過ぎでしたね

慕辺未行さんへ
こんにちわ
昔 鉄ちゃんだった慕辺未行さん 今はもう全く
されていないのですか お忙がしそうですものね
そうですね 車体がカラフルになりましたものね
大胆なデザインに驚きます
しかし先日も北近畿タンゴ鉄道のローカル列車
と言っても1両のみでしたが塗装があちこち剥げて
哀れな姿でした 経営がかなり厳しいとは聞いていますが
カシワアジサイの名前 教えて頂き有難うございました
早速記事に書き込みをさせて頂きました
ところで慕辺未行さんのブログややご無沙汰の様子ですが
心配しています お母様のことが大変なのでしょうか
お仕事の方もお忙しいのでしょうか
しかしご無理はなさらないでくださいませ
何かと大変なのでしょうね

ムームーさんへ
こんにちわ
ねこちゃん電車に乗られたのですね 和歌山の方でしたね
私は嵐電の車体に何時も注目しています
かなりの車両が京紫と言う上品な紫色に変わりつつ
あります 最近パトカーのデザインにした車両が走っています
面白いアイディアです
花や緑とカラフルな車体 本当に絵になりますね 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45674941

この記事へのトラックバック一覧です: ローカル線の旅をしませんか(その1):

« 南紀旅行から その1 湯浅醤油 | トップページ | NHK大河ドラマ「平清盛」に登場した現場に立つ 保元の乱 1 »