2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府京都文化博物館へどうぞ 外観編 | トップページ | 京都・妙心寺境内を上を向いて歩く 伽藍編 »

2012年6月12日 (火)

京都府京都文化博物館へどうぞ 内部編

 昨日は、「京都府京都文化博物館」(文博)の外観をご紹介しましたが、
今日は、
本館の内部をご紹介します。
 本館の正面玄関から、中に入ります。

Img_1104a
左手が正面玄関の内側で、ここが玄関ロビーです。
向こう側のカウンターがチケット売り場、右手が催し会場へのエレベーター乗り場への通路です。
チケット売り場の奥は、別館への通路になっています。

Img_1097a
別館への通路側から見た玄関ロビーの様子です。
右手のエスカレーターは、2階の展示室へのものです。
2階は常設展示室で、京都の歴史などについて映像を駆使した展示がされています。
見応えがあると思いますよ。昨年のリニューアルで一新されました。

 本館1階の右半分は、「ろうじ店舗」になっています。

Img_1098a
「ろうじ店舗」の西側です。
店の表には、いろんな種類の格子が嵌められています。

Img_1102a

こちらは東側のお店です。向こう側が玄関になります。

Img_1094a
昨秋京都府内で開かれた「国文祭」のマスコットの「まゆまろ」の人形です。
中庭に置かれていました。
「まゆまろ」の後ろに丁度小形のテントがあったので、「まゆまろ」が笠を被っている様に見えました。
 3月24日の地元新聞の報道によりますと、「まゆまろ」の次の仕事は、
京都府の「広報監」として、山田京都府知事から辞令を貰ったそうです。

尚、「京都府京都文化博物館」は、
   本館の方が 地上 7階 地下1階
   別館の方が 地上 2階 地下1階  の規模です。

昭和63年10月にオープン 昨年 大幅なリニューアル工事がされました。

 特別展示の「北斎」展は、3月25日で終了し、
次回は「芹沢銈介」展が4 月7日から開かれています。
 

 

« 京都府京都文化博物館へどうぞ 外観編 | トップページ | 京都・妙心寺境内を上を向いて歩く 伽藍編 »

地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 「京都文化博物館」は興味の有る特別展を見に行きますが
殆ど目的の場所へ直行です。
古都人さんの詳しい説明を拝見して
内部の近代的な様子と懐かしさが漂う「ろうじ店舗」
上手く新旧を取り入れられた建物になっているのですね
外観もそうでしたが・・・
 
特別展が催されていなくても館内をブラッとお店の商品を眺めたり
お食事やティータイムにも
気軽に立ち寄れる博物館ですね
唯、一つ気になっているのは、「ろうじ店舗」の賑わいが少ないような・・・?
 
まゆまろ君可愛いですね
今ではすっかり子供たちの人気者です。
  

こんにちは
 「京都府京都文化博物館」は私も時々立ち寄っています
田舎に暮らす姪に和紙で作られた封筒や
便箋など文具や折り紙などを買い求めます。
ランチやお茶も戴いています。
 
 昨年の夏は、”避暑”に一部開放されていましたね
何度か涼みにも行きました。

 一般的に美術館は好きです。
特にこちらは気軽に立ち寄れる場所ですね。
外観は堂々で有りながら、お洒落で
内部は適当な広さと落ち着ける空間が有ります
リニューアルされてから特に明るくなりました。

”細川家の至宝展”でしたか?も観ました。

こんばんは (◎´∀`)ノ
博物館というより、ホテルのロビーのような造りですね。
そしてこのような近代的な建物の中に、懐かしい雰囲気のお店がズラリ・・・(^o^)!
伊勢の”おかげ横丁”にも似た佇まいですね。
お店に入らなくても、見ながら歩いているだけで楽しそうです。

古都人さん
おはようございます。
しばらく行っていませんがこちらは外観も良くて
良い所ですねぇ~
詳しい説明で良くわかりますわぁ~
お店は風情がありますね、一度だけ食べました。
こういう雰囲気ってほっとさせてくれますね。
また行ってみたくなりました~
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
時々は行かれているのですね
リニューアルされてから見違える程に変わりましたね
昨年の夏の避暑のための一部開放は知りませんでした
私も月に最低1度は行っています
実は友の会に入っていますので覗きに行っています
企画展の他に小規模の展示が好きなのです

慕辺未行さんへ
こんにちわ
そうですね 昨年リニューアルされてから
より一層明るくすっきりとしました
「ろうじ店舗」は京都らしいアイディアですね
飲食店は京都の有名店が入っています
ゆっくりと展示を見て お昼をここで過ごす
のも一興かと思います

ムームーさんへ
こんにちわ
何時も有難うございます
ムームーさんも時々はお出掛けになっている
ようですね
リニューアル後の展示も随分と良くなったと思います
私は友の会の会員でもありますので時々は
覗きに行っています
以前は良く映画の方にも行っていました
日本映画全盛期の名作を上映しています

こんばんは

この辺は人通りが多くて
本当ににぎやかですね。

私は人混みを避け路地に入り込むことが多いので
(虫みたいですね)
結構こういうところを見逃しています。

今度はゆっくり入ってみたいと思います。

まゆまろ、可愛いです。


雅美さんへ
お早うございます
略して文博と言っていますが 文博がある場所は
三条通と高倉通との北西角にありますので
やや人通りは多いですが それ程でもありませんよ
人混みがお嫌いの様ですね
私も余り好きではありません
もし機会がありましたら一度ご覧になってくださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44619036

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府京都文化博物館へどうぞ 内部編:

« 京都府京都文化博物館へどうぞ 外観編 | トップページ | 京都・妙心寺境内を上を向いて歩く 伽藍編 »