2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その1 琵琶湖疏水 | トップページ | 京都西陣・織成館「須佐命舎」”帯の芸術 結(ゆい)art展”(その1) »

2012年5月25日 (金)

琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その2 旧東海道

 昨日の続きです。
「琵琶湖疏水」から離れて、「旧東海道」を訪ねるウォーキングに移ります。
 旧国道1号線(現在では、国道1号線は五条通に変わっています・ここは三条通です)を横断して、旧東海道が残る入り口に向かいます。

 その途中にあった「六字名号・南無阿弥陀佛」の石塔です。

Img_3171a
都が平安京に遷ってから幕末まで、ここに「粟田口刑場」が置かれていて、約千人余の罪人が、処刑されています。
それらの霊を弔うために、仏教の各宗派が供養塔を建てたとの事です。
その1つですが、近くには日蓮宗が建てた石塔もあります。

「旧・東海道」の入り口近くには、「車石」のモニュメントが置かれています。
 江戸時代に、ぬかるむ泥の道を牛が引く荷車を、少しでも楽に通れるようにするために、石畳に車の轍に合わせて窪みを付けたものです。

Img_3179a
これが「車石」です。
京阪電車・京津線の地下化に伴い、ここにその記念のために造られたモニュメントの一部です。

Img_3180a
実際の荷車と車石との状態は、この様になっていたと思われます。
荷車の両車輪の幅が統一されていないと利用出来ませんね。

Img_3181a
道沿いに建てられている「旧東海道」の石碑です。
上の方に見える道路は、旧国道1号線(三条通)です。
私達は、「旧・東海道」を西(三条大橋)から東(山科)に向かって
歩いています。後ろに見える山は東山連峰の一角です。

Img_3183a
その道幅はこんな状態です。
車が通ると道の片側に避けなければならない位の狭い道幅です。
江戸時代、大名行列は直接京の都に入れなかったため、山科の”追分”から左折して伏見に入り、船で大坂に向かったそうです。
 何故、大名が京の都に入れなかったか? 大名が朝廷と結び付くのを、幕府が警戒したためと聞きました。

Img_3184a

やがて道が下りになる途中には、旅人の息継ぎの水として親しまれた
「亀の水」があります。
以前は中まで入れたのですが、この位置からしか入れませんでした。
個人の持ち物とか書かれていましたが、史跡としてもっと公開すべきだと感じつつ、
坂を下りました。
  東から来れば、ここは文字通り息継ぎ・一服の場となりますね。

Img_3188a

坂の途中から見た山科盆地の北部地帯です。
向こうの山は、「琵琶湖疏水」編で触れた「音羽山」です。
もう少し下りが続きます。

Img_3192a

ここはかつての京阪電車・京津線の線路の跡です。
この辺り電車に乗っていて、良く揺れたことを思い出しました。
今は公園になっています。

Img_3197a

向こうに見える道路も「旧・東海道」で、この先JR山科駅前に至ります。
さらにその先は「琵琶湖疏水」編で、ご紹介しました「小関越」となります。

 最後に私と「旧・東海道」とのつながりを述べますと、次の様になります。

 街道歩きが好きだったので、当然東海道も一部歩きました。
歩きの会でも「近江東海道400年ウォーク」の歩きが催されたので、
一部それにも参加しました。
他に中仙道や朝鮮人街道なども歩きました。

 さて、その「東海道」歩きですが、約10年程前のことです。
 東は「関宿」からスタートして、坂下~鈴鹿峠~土山~水口~石部~三雲~草津~大津~山科~三条大橋  と歩きました。
勿論何日も掛けてです。
 今 思えば当時は物凄く元気だったのだなあと、懐かしく思います。
 一番印象深いのは、鈴鹿峠越えです。何故か異常な雰囲気を感じました。
山賊が出て来る訳でも無いのに・・・。

 

« 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その1 琵琶湖疏水 | トップページ | 京都西陣・織成館「須佐命舎」”帯の芸術 結(ゆい)art展”(その1) »

地域 歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45331151

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その2 旧東海道:

« 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その1 琵琶湖疏水 | トップページ | 京都西陣・織成館「須佐命舎」”帯の芸術 結(ゆい)art展”(その1) »