2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・大山崎の聖天さんへ | トップページ | 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その2 旧東海道 »

2012年5月24日 (木)

琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その1 琵琶湖疏水

 「琵琶湖疏水と旧東海道」を、京都府ウォーキング協会主催の会で歩きました。
同時に私の「メモリーウォーク」ともしました。所々で思い出を語ります。

 先ず、「琵琶湖疏水」編から。
 JR山科駅前からスタートです。
「三条通」(と言っても良いのかしら?)を東に向かいます。
実は、この道は旧東海道でもあるのです。

Img_3135a

歩き始めて暫くすると、左手にこの石柱を見ます。
ここを左折すると、山を越えて三井寺に至る近道で、
「小関越」と言います。
「逢坂の関」(東海道の正式の関所)に対する呼び方です。
山道の途中には、琵琶湖疏水のトンネル工事に設けた竪抗が2つ残されています。

私は、この「小関越」は数回歩いています。
疏水の歴史ウォークの時や、手近なハイキングなどの時です。

Img_3137a

琵琶湖の水が、第1トンネルをくぐってから京都側で初めて目にする疏水の光景です。
地上から見るとかなり深いところを、右から左に流れています。
第1トンネルは、約2.4Kmあります。まだこの辺りは大津市です。

Img_3143a

ここは「一燈園」の正門です。
西田天香氏(思想・宗教家)が始めた精神修養の道場です。
明治37年に始められました。
修業の一つとして、名前入りの法被を着て、頭に手ぬぐいを被り、
バケツを持って学校や公共施設のトイレの掃除をするのです。
時々そんな姿を見掛けられませんか?

Img_3147a

疏水から東の方向に見える山2つ。
左が音羽山(593m)、右が牛尾山(音羽山よりやや低い)です。
昭和30~40年代、良く牛尾山へハイキングやキャンプ、飯盒炊さんに出掛けたものです。
会社から歩いて行ったこともありました。
牛尾山には、牛尾観音と言うお寺があり、寂しげなお寺でした。

Img_3144a

京都・山科区内の「諸羽トンネル」です。
このトンネルは、JR湖西線の開通のため、疏水とJR線路が近くて危険なため、
疏水の流れを山寄りに変更するために造られたものです。
昭和45年5月でした。
 この辺りから下流の疏水縁は、桜の名所でして会社の花見には良く出掛けた場所です。
最近では、腰を落ち着けての花見よりも、歩きながらの花見の方が多い様に思います。

Img_3159a

疏水沿いの道を歩いていて、唯一と言って良い程の、朱色の橋に出会います。
本圀寺」の参道の橋です。このお寺は以前ご紹介しましたが、キンピカの建物などがあるお寺です。

 「琵琶湖疏水」とは、第3トンネル手前から離れて、「旧・東海道」へ向かいました。

« 京都・大山崎の聖天さんへ | トップページ | 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その2 旧東海道 »

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/45179289

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その1 琵琶湖疏水:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/05/25 08:43) [ケノーベル エージェント]
大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 京都・大山崎の聖天さんへ | トップページ | 琵琶湖疏水と旧東海道を歩く その2 旧東海道 »