2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都市内の桜を追って 府立植物園(その1) | トップページ | 春の嵯峨野・嵐山さらに松尾まで歩く 桜守の佐野藤右衛門さん »

2012年4月19日 (木)

京都市内の桜を追って 妙覚寺・上御霊神社の桜

 「本法寺」から、東に向かっています。その途中で見付けた桜です。
 それは、「妙覚寺」の大門傍にあった桜です。

Img_2497a

 この「妙覚寺」は、日蓮宗の本山の一つで、この大門は豊臣秀吉の京都の居城「聚楽第」の裏門を移築したものと謂われています。
今に残る「聚楽第」の数少ない遺構の1つです。
 また「妙覚寺」は、織田信長が京都に来た時の宿所の1つでもありました。
明智光秀に攻められた「本能寺」も、宿所の1つでした。

 上御霊通を東に進みますと、その突き当たりにあるのが「上御霊神社」です。
ここは、「応仁・文明の乱」が勃発したところでもあります。

Img_2505a

「上御霊神社」の社殿です。
「御霊」(ごりょう)と言いますから、祭神は早良親王(崇道天皇)など13柱、怨霊を鎮めるために創祀されました。
その後の御霊信仰が高まるにつれて広く信仰を集めました。

Img_2501a
楼門をくぐったところにある桜です。

Img_2503a

社務所の前にも、桜の木が、その枝を伸ばしていました。

 境内には、何か不思議な像がありました。

Img_2506a

「清明心の像」とあります。
童子が5人?、それぞれに思い思いのポーズをしています。
大きな甕を覗き込んでいる子もいます。
 由来は、古代中国・宋代の故事によるものだそうで、甕に落ちた子を救うために、
大石で甕を割って、その子を助けたというものです。

  

« 京都市内の桜を追って 府立植物園(その1) | トップページ | 春の嵯峨野・嵐山さらに松尾まで歩く 桜守の佐野藤右衛門さん »

散歩 花」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44823916

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内の桜を追って 妙覚寺・上御霊神社の桜:

» 甲冑姿で“なにわ水軍"川巡り 御霊神社船渡御 [ローカルニュースの旅]
御霊神社の船渡御が18日行われ、武者姿などに扮した約170人が同区の淀屋橋港から5艘の船に乗り込み、土佐堀川などを巡った。 [続きを読む]

« 京都市内の桜を追って 府立植物園(その1) | トップページ | 春の嵯峨野・嵐山さらに松尾まで歩く 桜守の佐野藤右衛門さん »