2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・沢井醤油店を訪ねる | トップページ | 京都市内の桜を追って 本満寺の桜 »

2012年4月 4日 (水)

京都・晴明神社に参拝する

 堀川通今出川下るにある「西陣織会館」での展示を見たあと、
少し南にある「晴明神社」に参拝しました。
 ここは、最近では修学旅行生等特に若者の人気スポットとなりました。
ご祭神は、安倍晴明などです。
寛弘4(1007)年に、一条天皇の勅命によって晴明の邸跡に創建されたと言いますが、実際には晴明の邸は、ここからは少し離れた場所だとか。
 安倍晴明は、平安中期の天文博士で、暦作り・方除け・占いなどを専門とする「陰陽師」(おんみょうじ)でした。

Img_1067a

堀川通に面した一の鳥居をくぐって直ぐの左手には、以前堀川に架かっていた「一条戻り橋」が、縮小して移設されています。
その左にいるのは、晴明が手足の如く使っていたと言う「式神」(12体いたとか)の1つです。
「一条戻り橋」の下に住まわせていたとか。

Img_1070a
境内には道が通っていて、その道に面した二の鳥居です。
その奥に社殿があります。

Img_1078a
奥に鎮座する社殿です。
提灯に描かれている星形は「五芒星」(ごぼうせい)と言って魔除けの呪符です。

Img_1083a
社殿に向かって左に置かれている「安倍晴明」像です。

Img_1079a
社殿に向かって右手には、こんなに大きな桃の実が置かれています。
厄除けの桃だそうですが、何かを連想してしまいました。

Img_1075a
二の鳥居を入った右には「晴明井」があります。
晴明の念持力で湧き出たとか。
飲むと悪病や難病が治るとの言い伝えがあるそうです。
 この地は、千 利休の邸があったとか、この水でお茶をたてて豊臣秀吉に供したとか、利休自刃の最後の茶も、この水を使ったとか伝えられています。

 晴明神社の南隣にある「陰陽師グッズ」店と、トラブルがあって、
その後和解したと聞きましたが、
外見はトラブル発生時と何ら変化がない様に思いました。
隣で買ったグッズ類を神社に持ち込むなと言うものでした。


 

« 京都・沢井醤油店を訪ねる | トップページ | 京都市内の桜を追って 本満寺の桜 »

地域 歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 
 懐かしいですね
一時ごった返す?ような人・人・人でしたね。
ブームが去った今も特に若い方達に人気が有るようです。
 末娘も陰陽師・安倍晴明のファンで、何度もお参りに行っていたようです。
私も誘われて、何度かお詣りしました、
今は少し熱が冷めているようにも思いますが。

大河ドラマ”新撰組”の時は壬生寺界隈が大賑わいでした。
今は比較的静かな様子に戻っていますが、こちらは今でも根強いファンが居られて、
賑わっている様ですね
 安倍晴明のお顔は理知的でハンサムです。
これも女性の憧れなのかも知れませんね。
 「陰陽師グッズ」のお店とのトラブルはどうなる事かと思いましたが
解決したのですね、
好かったです。
トラブル沙汰はどちらにとってもマイナスですね。
 
久しぶりにお参りに行きたくなりました。末娘を誘って。

こんばんは
 晴明神社近くのカルチャースクールでパソコンを習っていますが
往復に境内の道(二の鳥居前)を通っています。
陰陽師のブームの頃は、堀川通を走るバスが何時も満員でした。
今でもバス停で降りられる方は多いです。
特に若い男女の姿を見かけます。
  私は当時から陰陽師にはあまり興味が無かったのですが、
初めてお参りした時に見た、魔除けの星型「五芒星」と同じく魔除けの桃、
そして理川に架かっていた一条戻り橋
異様な顔の式神等の印象は強いでした。
 今年はお正月の2日にお参りしましたが、
熱心にお参りされている方たちの姿を見かけました。
京都以外の方が多いようでした。
少しお話する機会が有って私が京都に住んでいることを
とても羨ましがられました。
 グッズのお店とのトラブルが解消したと新聞で読んで何となくホッとしたものです。 

こんばんは ヽ(´▽`)/
以前にもコスモス様や古都人様もブログでご紹介されていましたね。
ここ数年の間で、有名になったのでしょうか?
パワースポットブームもありますし、人気が高まったのでしょう。
桃は古くから魔よけとして使われていますよね。それこそイザナギ・イザナミの時代から!
それにしても、星型の印と言い神社としては、他の神社とは違う一種独特の雰囲気が感じられます。

↓記事のコメレスですが、醤油と味の素、持参して行ったのではなく醤油は他の日本人宿泊客から少し分けていただき、味の素は現地で偶然手に入れました。

古都人さん
いつもありがとうございます。
こちらはいつも大勢の参拝のかたがおられますね。
何かトラブルでもめてたようですが、もう解決
されたのでしょうかぁ。
見苦しいですよねぇ~
娘もこちらで車のお札をいただきました。
懐かしく見せていただきました。
あちらこちらに行かれて素敵ですねぇ~

taekoさんへ
こんにちわ
漸く京都も桜の開花宣言が出ましたね
二条城のソメイヨシノが標準木になっているようですね
昨日御所に行きましたが糸桜など結構咲いていました
晴明神社 偶にお参りしますが 大抵若い人が数人は
来ていますね
若い人達がお参りしている動機は映画・ドラマ・漫画どれ
なのでしょうか 今も壬生寺もここと同じような現象が
続いていますね ドラマの影響の凄さを感じます

ももえさんへ
こんにちわ
この辺りがももえさんの行動範囲に入っているとは
凄いですね 羨ましがられることでしょうね
一条戻り橋からここ晴明神社周辺は京都の
パワースポットですね
晴明のお蔭で陰陽師の本当の姿がいがめられている
様な感じがします 
彼らが活躍した平安時代は人の行動を左右する力を
発揮していたと思います
どろどろした部分が強調され過ぎているように私は思えるのです

慕辺未行さんへ
こんにちわ
安倍晴明がブームになったのはドラマであったり夢枕獏さんの
小説であったり漫画であったりといろいろと一時騒がれましたね
それがきっかけで陰陽師にもスポットが当たりましたね
最近のこれらの影響の凄さを強く感じます
海外旅行の記事のお返事有難うございました

ムームーさんへ
こんにちわ
晴明神社と隣の土産物店とのトラブル 新聞には
和解成立とありましたが貼り紙はそのままですし
外見上はそうとは見えませんがどうなっているのでしょうね
晴明神社のマークを車に貼っておられるのは時々見掛けます
根強い人気は続いている様に思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44606646

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・晴明神社に参拝する:

« 京都・沢井醤油店を訪ねる | トップページ | 京都市内の桜を追って 本満寺の桜 »