2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都マラソン2012を応援する | トップページ | 源平ゆかりの地ウォーク(その2) 西八条第跡他 »

2012年3月13日 (火)

源平ゆかりの地ウォーク(その1) 西八条第跡他

 今年のNHK大河ドラマ「平 清盛」で、京都市内では盛り上がっているのかどうかよく判りませんが、私が何時もお世話になっている「京都府ウォーキング協会」さんでは、
早速この話題を取り込んだウォーキングを企画されました。
題して「源氏と平家」 「源平ゆかりの地ウォーク」第1回に参加させて頂きました。
加えて私の独断で、幾つかの地も入れさせて頂き、記事にしました。
数回にわたって、資料なども入れつつ、ご紹介します。

 スタートは、今年3月14日にオープンが決まっている「京都水族館」がある「梅小路公園」からです。
蛇足ながら、この「京都水族館」には専用駐車場がないようですので、
ご注意願います。
外観はすっかり出来上がっていました。

Img_0999
想像ですが、この部分では海獣のショーが行われるところではないでしょうか。
鉄傘の下は観覧席では?

Img_0993a
この「梅小路公園」のかなりの部分が、平家の「西八条第」跡です。
見難いかも判りませんが、地図のピンクの部分が「西八条第」跡です。
それを含んで緑の部分が、「梅小路公園」です。
このエリアには「SL館」もあります。
  右の説明文の中から、抜粋しました。
平安時代後期、平清盛が平安京の八条壬生に構えた6町(1町は120m四方)を有する広大な邸宅で、仁安元年(1166)に造営されたとする。
清盛が福原に居を移してからも、妻の二位尼時子が住んでいた。
大小50余りあった建物は、清盛の死後2日後に焼失した。
その後再建されたが、平家の都落ちの際、自ら火を放って総てが灰燼に帰した。
  公園整備の際に発掘調査したところ、当時の土器や炭化遺物などが出土して、
西八条第で火災があったことを裏付けている。

Img_0997a
「梅小路公園」の西から東を見ています。
見えているのは、公園の凡そ3分の1位でしょうか? 
遠くには「京都タワー」や「JR京都駅」が見えます。
「京都水族館」は左手になります。

次は「水薬師寺」です。

Img_1114a
 ウォーキング協会さんの今回の資料によりますと、清盛が熱病を患って、この寺の岩井水に浴したしころ、たちまち治ったと言うことです。
ところがお寺の中には入れませんでした。
お寺の中は「七条幼稚園」になっていて、山門が見当たりませんでした。

Img_1115a
外から見ると、こんなに立派な建物がみえるのですが・・・。
右が幼稚園の建物です。
何の木でしょうか。かなり太い木も見えます。
この辺りも「西八条第」に含まれるのかも知れません。

 次も「西八条第」跡の続きです。 
尚、源平ゆかりの地をウオークは、シリーズでご紹介しています。
  西八条第跡地その2
 六孫王神社(その3

 後白河天皇他(その4)  
 後白河法皇他(その5)             

« 京都マラソン2012を応援する | トップページ | 源平ゆかりの地ウォーク(その2) 西八条第跡他 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
愈々”京歩き”も大河ドラマに潜入ですね
いいえドラマの先取りでしょうか?
流石は古都人さんのブログです。
詳しく書かれていて一気に拝見しました。

色々言われましたが、京都水族館も愈々オープンですね。
私は水族館が大好きで愉しみです(*^。^*)
 梅小路公園は平家の「西八条第跡」だったのですね。
京都では平家の人気は源氏程無いように思いますが
私は平家が好きです。
何となく単純で正直な生き方のように思われます。

清盛の熱病が治ったと言われている薬師寺の現在が
幼稚園で山門が見当たらない・・・に
何となく平家の運命が感じられますね。

京都には平家にまつわる場所が今も残っていると聞いています。

どのような形で残っているのかとても愉しみです。
このシリーズ愉しみに拝見します(*^_^*)

こんばんは
私も平家のファンです
清盛の生き方に共感を持ちます
真っ直ぐで心にも汚れが無いですね
栄華を極めた後は悲しい結末を迎えますが・・
 勿論、梅小路公園が平家と関係が有ったことは知りませんでしたか、
「平家に関係が有った場所」と知り、
SL感もオープン間近な水族館にも何故か親しみを感じます
 これからのご紹介愉しみです
古都人さんの記事は丁解りやすくて嬉しいですが
何時もの事ですが、無知な私は拙いコメントしか 書けません
先に謝っておきます。

こんばんは

歴史は偏見に満ちていますね。
心静かにてこういった史跡に向き合いたいものです。

先日鎌倉の源平池の白旗神社にお参りして
その池に込められた思いに
静かにぞっとしてきました。

主君のため、家のため、夫のため、
みんな必死だったんですね。

後10日で京都です。
こみ上げる笑顔を隠しつつ
仕事をしております。

こんばんは
 水族館の年間パスポートを買いました。
駐車場は有りませんが、路線バスが便利になったと聞いています。

私は単純ですから
平家物語では平家のファンになり
源氏物語が始まったら源氏のファンになります
ミーハーで恥ずかしいです。

大河ドラマを見ていますが、身分の低い立場の武士に
平家の、清盛の悔しい思いは当然だと思います。
支離滅裂なコメントですみません。

これからも拙いコメントしか書けませんが
愉しみに拝見させて戴きます。

古都人さん
いつもありがとうございます。
源氏と平家はどちらも興味がありますね。
梅小路公園が西八条第跡だとは知らなかったです。
広い邸宅があったのですね、まさに栄華を極めた
証なんですねぇ~
こうして巡られて教えていただけると嬉しいですわ。
水族館も京都にはいらないって思いましたが、
平家の名残のところに建つのなら興味が
ありますわ、ぜひ訪ねてみたいです。

コスモスさんへ
平家が好きか 源氏が好きか アンケートを取りたい気分です
その人の人生にも絡んでいるかも知れませんね
京都での平家も源氏もその期間は短かったと思います
平家は清盛の期間 源氏も鎌倉に移るまでの期間ですから
どちらもそんなに永くはないと思いますね
コスモスさんは平家贔屓ですね
京都水族館 今日オープンですね
暫くは大勢の人が詰め掛けることでしょう
少しずらしての方が良いですね

taekoさんへ
お早うございます
taekoさんも平家贔屓ですか
やはりNHKの大河ドラマの影響でしょうか
平家物語では清盛のことは良くは書かれていないと
聞きました 色んな作家が書いている小説はこの
平家物語がベースになっている様です
清盛も悪人的に書かれていると聞きました
それに対して大河は汚れていますが新しい平家像
ではないかと思います
taekoさんのコメント 決して卑下なさることは絶対に
ありません 感じたまま書いて頂いていて嬉しいです

雅美さんへ
歴史はその時の権力者に都合の良い様に
書かれていると言われます
偏見はむしろ当然のことかも知れません
鎌倉の源平池の白旗神社のこと 良く知りません
なにか悲劇的なことがあったようですね
白旗は源氏の印ですね

京都に来られる日が近付いて来ましたね
何か情報が尾入り用でしたらお知らせくださいませ
昨日・今日は寒いですがそろそろ暖かくなって行く
ようです

平田さんへ
お早うございます
仰る通りで良いのではないでしょうか
所詮歴史の裏にあったことは記録に残されて
いないのですから判りません
当時の時代の流れの裏側では血みどろな葛藤が
あったかも知れませんが・・・
ドラマはあくまでもドラマです
コメントは感じられたままで良いのではないでしょうか
コメントを頂くことが私にとっては嬉しいことです

ムームーさんへ
お早うございます
平家は短い期間でしたが栄耀栄華を極めて
消えて行ったのですね
平家にあらずんば人に非ず とはまさにその象徴的な
言葉ですね
平家贔屓でも源氏贔屓でもそのどちらでも無くっても
結構かと思いますね
京都水族館 一度は見てみたい気はします

こんばんは (^o^)/
西八条第跡というのは初めて聞きました。源平ゆかりの地なのですね。
また一つ、京都の勉強をさせていただきました。
京都水族館のオープン、ニュースか新聞かで聞きました。また一つ、名所が出来たのですね。
↓ 記事のコメントです。
同じ日、名古屋では『名古屋ウイメンズマラソン』が開催されました。
その名の通り、”女性”のみの大規模なマラソン大会です。
震災から一年、被災地からはるばる参加された女性もいらっしゃいました。
この日は全国各地で被災地を応援するイベントが行われたようですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
平安時代の天皇や貴族の邸宅は1町(120m四方)を基準にしていた
ようですがこの西八条第は8町もあったとかで物凄く広大です
因みに計算しますと 11万5千200平方mとなりますね
想像がつきませんが・・・
京都水族館は14日初日には約千人の行列が出来たとか
京都マラソンは特に何かの選考レースではなかったので
皆さん適当に楽しんで走られたことでしょう
京都大のips細胞の山中教授も完走されたそうです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44201742

この記事へのトラックバック一覧です: 源平ゆかりの地ウォーク(その1) 西八条第跡他:

« 京都マラソン2012を応援する | トップページ | 源平ゆかりの地ウォーク(その2) 西八条第跡他 »