2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 待賢門院璋子ゆかりの場所を訪ねました | トップページ | 京都ツーデーウォーク2012に参加しました 第2日目ー3 »

2012年3月28日 (水)

京都ツーデーウォーク2012に参加しました 第2日目ー2

 先日の続き、京都ツーデーウォーク2012 第2日目です。
鴨川沿いに北に進み、御蔭橋から上に上がり東に向います。
 御蔭通と言いますが、この通りの名前の由来は、葵祭の時に御蔭神社から神霊をお迎えする御蔭祭で、下鴨神社から行列が通う道から付けられたものです。
葵祭の事実上の神事が行なわれます。
 前掲の田中神社を通って、東に向い途中、琵琶湖疏水分線から、分線沿いに歩きます。やがて白川通(銀閣寺道)に出ました。
 そこから、銀閣寺に向かって歩きます。

Img_1721a
その途中には、白沙村荘・橋本関雪記念館があります。
近代日本画壇の鬼才・橋本関雪が、大正3年に自ら設計して建てた住まいです。
庭園・茶室・画室が残っていて見学出来ます。
庭には、関雪の石造美術のコレクションもあります。

 銀閣寺には行かずに、右折して哲学の道を歩きます。

Img_1723a
その入り口にある石碑です。
この道は、琵琶湖疏水の分線沿いに造られた遊歩道です。
そして京都一周トレイルの一部でもあります。
銀閣寺から南禅寺を結ぶ観光ルートでもあります。

Img_1725a
春には、両岸に植えられた桜の名所です。
また、夏にはホタルも飛び交う幽玄の地ともなります。

Img_1726a

Img_1728a

道の半ばには、この道「哲学の道」の謂れともなっている哲学者・西田幾多郎の碑があります。彼の自筆の言葉が刻まれています。

 人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を吾は行くなり

鞍馬石に刻まれたもので、昭和56年5月に建立されたものだそうです。

 暫く行くと、右下に小さな御陵らしきものが見えます。

Img_1735a
何時もここを通った時には気になっていたのですが、調べて見ましたら
後水尾天皇の皇女の顕子内親王さんのお墓だと言うことが判りました。
このお墓の右には 光雲寺と言うお寺があり、徳川秀忠とお江との娘・和子
即ち後水尾天皇の中宮・東福門院の菩提寺となっています。
従って、顕子内親王は東福門院の娘とも言えますね。
俗ぽく言えば、 お江の孫娘と言うことになりますね。

内親王さんのお墓らしく、小さいながらも美しく、静かな雰囲気のお墓と思いました。

Img_1731a_2
哲学の道の南端近くにある大豊神社に参拝しました。
そして、久し振りに境内にある 狛ねずみ さんと対面しました。
勿論両側に建っていますが、こちらの方に代表してご覧頂きました。

 哲学の道を離れて、南禅寺に向かいます。

« 待賢門院璋子ゆかりの場所を訪ねました | トップページ | 京都ツーデーウォーク2012に参加しました 第2日目ー3 »

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44417670

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ツーデーウォーク2012に参加しました 第2日目ー2:

« 待賢門院璋子ゆかりの場所を訪ねました | トップページ | 京都ツーデーウォーク2012に参加しました 第2日目ー3 »