2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”京の郷土芸能まつり” (その2) | トップページ | 京都マラソン2012を応援する »

2012年3月11日 (日)

”京の郷土芸能まつり” (その3)

 「京の郷土芸能まつり」も(その1)(その2)とご紹介しましたが、
いよいよ最後の演目、東日本大震災の被災地・宮城県大崎市から「高倉蘖(ひこばえ)太鼓」です。
 大崎市は、宮城県の内陸部にありますが、
やはり建物や道路に大きな被害を受けているそうです。
 この「高倉蘖太鼓」は、復旧のイベントなどで「がんばろう大崎」
「がんばろう宮城」をスローガンに掲げ、
復興の気運を高めようと活動されておられます。
 大小の和太鼓による、小学生・中学生が中心で、
社会人はお1人だけ(今回の演奏では)と言う15人の法被姿の元気溌剌の集団です。

Img_1442a
全部で3曲演奏されましたが、始めは私達の命を育む大地、
その大地の力強さを太鼓の響きで表現した組曲「大地想響」です。
太鼓の強烈な響きが、体にずしんずしんと応えました。

Img_1447a
2曲目は、感謝と喜びを表現した曲「蘖囃子」です。
子供達の一生懸命さに感動しました。

Img_1449a
最後は、生きる希望と力を鳴り響く雷鳴にたとえた曲「雷鳴」です。
前列のお2人のリズミカルで、かつ踊りながらの演奏は素晴らしかったです。
感動の連続でした。最後は涙ぐんで聞惚れていました。
久しくこんな体験をしていなかったなぁと、心の中で湧き上がってくる感情を抑えきれずにいました。

 「高倉蘖太鼓」の皆様、お疲れ様でした。私達も元気を戴きました。
 有難うございました。

 なお、この「高倉蘖太鼓」の皆様は、昨年11月の日本太鼓ジュニアコンクール宮城県大会では、3度目の優勝を果たし、今年3月25日、群馬県前橋市で開かれる第14回全日本ジュニアコンクールに、宮城県代表として出場予定だそうです。
実力があるのですね。

 今日、3月11日は日本人にとって忘れられないと言うより忘れてはならない日です。
東日本大震災と、それに続く東京電力福島第1原発の事故、
地震による大津波と原発の水素爆発、想定外などと当初は言われましたが、必ずしもそうでもないと聞きます。
 今尚、行方不明の方があり、多数の亡くなられた方や避難生活が続いている方など、
そして中々復旧・復興が思うように進んでいない現実、
政治家達の勝手な自己主張・足の引っ張り合いなど。
 被災された方々のことを思う時、苛立つ想いばかりです。
 被災された方々には、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げると共に、
一日も早い復旧・復興を、心からご祈念申し上げます。

 

« ”京の郷土芸能まつり” (その2) | トップページ | 京都マラソン2012を応援する »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます(^・^)
京の郷土芸能まつりで一番感動したのは
やはり「高倉蘖(ひこばえ)太鼓」でした。
今も目を閉じると皆さんの凛々しい、頼もしい
小学生の愛らしい姿が目に浮かびます
 そして、迫力の有る太鼓の響きが蘇えります
一言では言い尽くせない感動でしたね
会場の割れんばかりの拍手と声援
舞台と会場が一体感に包まれた空間に
居られたことは何より幸せでした。
「高倉蘖太鼓」の皆様、私達も元気を戴きました。
 有難うございました。

私も古都人さんと同じ気持ちで、今日を迎えました。


 

古都人さん
いつもありがとうございます。
郷土芸能まつりは素晴らしいものですねぇ。
太鼓を叩かれる姿には感動しますね。
実際に見られたら思いがまたちがいますね。
今日の日を心に刻んでまいりたいです。
古都人さんが全部書いて下さって
ありがたいです。
本当に何をしてるのかわからない政府の対応に
いらだちを覚えますね。
私もお祈りさせてくださいね。

おはようございます
 ”京の郷土芸能まつり”の三回シリーズを
拝見して、それぞれの郷土芸能に感動しましたが
やはり、今日ご紹介の「高倉蘖太鼓」はブログでのご紹介にも関わらず
胸が熱くなりました。
ご紹介、ありがとうございます。

言葉の重複は避けたいと思いますが
被災された方々のことは決して忘れてはいけない
一日も早い復旧・復興を願います。
そして亡くなられた方たちのご冥福をお祈りします。

おはようございます
 古都人さんの思いは私の思いでもあります。
感動しました
 特に真剣で愛らしい子供たちの姿に涙が溢れました。
清々しい感動に酔った?ようなひと時でした。
あれほど舞台とお客様の一体感を感じたのは久しぶりでした

先日、ラジオで流れていた被災地の方の声
「救援物資よりも私たちの事を忘れないで欲しい」が
耳に残っています。
幸いにも直接の被害に遭わなかった者は
現地の方の声を、願いを忘れてはならないと思っています。

こんにちは

一年経ちました
この日にこの記事のアップ
たくさんの思いが伝わります

なかなか思いが言葉にできませんが
被災からの回復を心の底から願うばかりです

コスモスさんへ
こんばんわ
遅くからお邪魔します
今日はいろいろあって忙しかったです
今日と言う日は決して忘れてはならない日ですね
それに相応しい「蘖太鼓」でした

ムームーさんへ
こんばんは
何時も有難うございます
そうですね 今日と言う日は決して忘れては
ならない日ですね
今後もこのイベントを見続けて行きたいとおもっております

taekoさんへ
こんばんわ
遅くからお邪魔します
今日はいろいろとあって今になってしまいました
そうですね 言葉の重複はさけましょう
今日と言う日を忘れないこと 
これが大切ですね

平田さんへ
こんばんわ
遅くからご免なさい
そうですね 全く同感です
今日と言う日を決して忘れないこと
これに尽きますね

雅美さんへ
こんばんわ
遅くからご免なさい
いろいろと遣っていまして今になって仕舞いました
全く同感です 今日と言う日を決して忘れない
そして一日も早い復興を心から願うこと
これに尽きますね

こんばんは ヽ(´▽`)/
被災地からの参加、しかもメインは未来を担う小中学生たち。
どれほど力強い演奏で、復興への決意を太鼓の響きに乗せたことでしょう!!
しかしその一方で、今だ復旧が進まない地域もあると聞きます。
1年という月日が過ぎ去っても瓦礫が残ったままのところも。
でもいつかきっと必ず、元のような姿を取り戻してくれると信じています。
こんな元気な子供たちがいるのですから!

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 復旧・復興 中々進んでいない様に思います
1年も経つと言うのに何故なのでしょうね
ニュースなどで聞いていると問題が多すぎますね
これらの子供達に早く今までの生活が戻ることを
祈らずにはおれない今日この頃です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44292399

この記事へのトラックバック一覧です: ”京の郷土芸能まつり” (その3):

« ”京の郷土芸能まつり” (その2) | トップページ | 京都マラソン2012を応援する »