2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年の駆け込み初詣 奈良の2社へ(大神神社) | トップページ | 京都・嵯峨野の雪景色 (広沢池) »

2012年2月17日 (金)

内田信子コレクション「百龍展」

 京都市堀川通今出川下るにある「京都西陣織会館」で、「西陣ドラゴンまつり」の1つとして、今年の干支に因んだ「百龍展」が開かれていましたので、早速拝見して来ました。
 和布調理人と自称される「内田信子」さん(アトリエのぶ)のコレクションです。
この催しは、2月19日まで、同館5階で開催されています。

 内田さんはいろいろな「龍」を、友禅や織りなどの技法で表現されています。
 本当なら写真撮影はお断りなのですが、作家の内田さんが会場におられたので、
切にお願いして枚数制限付きでお許しを頂き、撮らせて頂きました。

 先ず会場の奥・正面には大きなタペストリーが、掛けられています。
Img_1048a
題して「宇宙を舞う龍」。作者・内田さんの説明文では、次の通りです。

東北の震災後、新しく龍の年を迎えました。
原発の問題、経済の問題、その他さまざまな苦難を受けとめる年でもあります。
グリーンの作品(↑)はエコロジーの地球を目指し、自然エネルギーの方向へ。
赤の作品(撮っていません)は、目標に向かって行く情熱を方向づけています。
大きな龍は、この二つをしっかりと抱え、宇宙をかけめぐります。

 次は、ちょっとホッとする作品2つです。
Img_1046a
題して「ねぼけた龍」。

Img_1046a
寝覚めてはいますが、半眼の状態ですね。
 龍さんよ、しっかりと眼を開けて、世の中に睨みを効かせてくださいよ。

Img_1044a
こちらは題して「痩龍文」(やせりゅうもん)です。
「細く痩せこけた龍で、龍は普通なら恐ろしくて一種の威厳を備えているものだが、
これはそれと反対に優しさと滑稽味を感ぜられる。」
と作者のコメントです。
食べ物が足りないのか、ダイエットのし過ぎなのか、これでは空には上れませんね。

 最後は、貴重な一品です。
Img_1042a
題して「西陣・天平ふくれ織と丸龍文」 孝明天皇御菊文様(一部使用)。
こちらも大きなタペストリーで、丸龍文が全部で5個?が縫い付けられています。
御菊文様の布はごく一部、少しだけが縫い付けられいます。
黄色の布でした。

 龍はいろんな種類や形で表現されたものが、全部で100点以上も展示してあります。
細長い短冊や色紙大のものから大きなタペストリーなど大小様々な龍が描かれています。
今は懐かしいマッチのラベルの龍もあります。

 作家の内田信子さんの言葉の一部、「今回は龍の種類を中心に日本人のルーツに近づければと思います。」

 内田さんのプロフィールから
  1952年 京都市に生まれる
  1969年 堀川高校在学中に 中沢一氏に師事 弟子入りする
  1983年 テキスタイル・デザイナーとして独立
  1988年から作品展に出品・入選など
  2000年 「アトリエのぶ」を開店 今日に至る

 西陣を中心に、布・着物・織物など広くご活躍されています。

 なお、「西陣織会館」のご紹介も、後日させて頂きたいと思っております。

« 今年の駆け込み初詣 奈良の2社へ(大神神社) | トップページ | 京都・嵯峨野の雪景色 (広沢池) »

京都・西陣」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
実は、”アトリエのぶ”さんは、ブログ「日々さんぽ」の時に
大宮通りで開催されいた作品展にお邪魔して写真を撮らせて戴きました。
そのご縁で招待状を戴いて、火曜日に伺ったのですよ。
私は、西陣織会館のカルチャーで水彩画を習っています。
その関係で終わってから。
私も古都人さんと同じで、撮影禁の所、龍とは違いますが、心に触れた二点に絞って
撮らせて戴きました。
 お正月の梅小路SL館のようにダブらないで好かったです。
私は明後日にご紹介するつもりです。
それにしてもお写真、見事に撮られましたね

 丁寧な説明に、主催者の内田信子さんがご覧になられたらお喜びになると思います、


こんばんは
 まず、素晴らしい「百龍展」のご紹介ありがとうございます。
流石に情報が早いですね。
何で知られたのか不思議ですが、
ブログをされている方は情報も動きも早いですね。
心底、感心しています。
 こんなに見事な作品が100点以上も展示。
大きなものから小さなものまで。
興味津々です。
是非、友人を誘って西陣織会館へ行って心ゆくまで鑑賞してきます。
 19日までですね
今からワクワクしています。
本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

はじめまして
 京都のご紹介、いつも楽しく拝見しています。
実は、初日に、ご紹介の「百龍展」を拝見しました。
そんなことも有り、今朝は、思わずコメントさせて戴きました。
コメントは失礼しますが、これからも楽しみに拝見します。

寒い日が続いていますが、お身体をご自愛くださいませ。
 

コスモスさんへ
こんばんわ
コスモスさんは内田さんとは既にお知り合いだったのですね
兎に角動くと言う行動派らしいコスモスさんですね
貴女様も独自に撮られた様ですね
どんな出来栄えか楽しみにしています
お互いに同じものを追っ掛けていますので偶然の一致も
已むを得ませんね お互いに切磋琢磨しましょう

すごい作品なんですね
実物の作品は写真以上に迫力があるんでしょうね

taekoさんへ
こんばんわ
ブログを遣っていますと行事の情報は欠かせませんね
常に新聞や情報紙などに目を向けています
taekoさんもご覧になるとのこと
結果のご感想をお聞かせ願います

平田さんへ
こんばんわ
初めまして ようこそお越しを頂きまして有難うございます
京都のことを中心に遣っております
お気に入りましたら どうぞご覧願います
これからもどうぞ宜しくお願い致します

大五さんへ
お早うございます
後先になってしまって申し訳ありません
この種の撮影は難しいものですね
作家さんが表現されようとしていることを本当に
伝わっているのか自信がありません
トップのタペストリーは作家さんの精魂込められた
力作かと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44133159

この記事へのトラックバック一覧です: 内田信子コレクション「百龍展」:

» 内田信子コレクション展を拝見しました(その1) [つれづれ日記]
 西陣織会館で催されていた内田信子コレクション「百龍展」を拝見しました。今年の干 [続きを読む]

« 今年の駆け込み初詣 奈良の2社へ(大神神社) | トップページ | 京都・嵯峨野の雪景色 (広沢池) »