2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・嵐山の冬景色 | トップページ | 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました »

2012年2月23日 (木)

京都・西陣織会館 (館内紹介)

 内田信子コレクション「百龍展」が開かれていた「西陣織会館」を、
ご紹介させて頂きます。
 所在地は、堀川通今出川下る(南入る)西側です。
伝統産業見学施設として、京都定期観光バスの指定コースですが、
 
最近は、外国の人々の見学も多く見られます。
 特に韓国や中国・台湾の方達が多いようです。

Img_1065a
先ず外観から、ご覧頂きましょう。
全7階建ての建物は、この近辺では目立った存在です。
 3階までは、一般見学可能スペースですが、
特別公開などは5階も可能です。

Img_1064a
玄関前には、「西陣」の謂れを説明した文章の石碑が置かれています。
この元は、京都市考古資料館前に、石碑として建てられています。
それを書写したものと思われます。

Img_1051a
玄関を入った1階のフロァーです。2階から見ています。

ここでは「きものショー」が、1日数回上演されています。
039
ショーが終わって、挨拶をされているところを撮ることが出来ました。

 2階に参りましょう。2階では、西陣織の実演、展示即売、伝統工芸の実演などが見学出来ます。

Img_1058a
 「手機」(てばた)の実演です。
実演されている方は「藤原弘子」さんで、「瑞宝単光章叙勲者」で、
西陣織伝統工芸士・京都市伝統産業功労者です。
「手機」は、力を要する織物を織るためのもので、大掛かりな織り機です。

Img_1059a
その他の伝統工芸の実演です。手前は「京扇子」を作っておられます。
和服姿のご婦人達も、興味深そうにご覧になっておられます。

 最後に京都府のマスコット「まゆまろ」達です。
Img_1062a
名前通り「まゆ」で作られています。

 この「西陣織会館」は、西陣機業振興の拠点として、
西陣織工業組合が、昭和51年(1976)にオープンしたものです。
「西陣織」についての大変有効な情報満載の施設で、入館は無料です。
 京都にお越しの折には、是非ご来館ください。

« 京都・嵐山の冬景色 | トップページ | 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました »

京都・西陣」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
先日百龍展を見る為に、久しぶりに西陣織会館へ行ってきました。
そして一階と二階をゆっくり見せて戴いて
西陣織の素晴らしさに改めて魅了されました。
何よりも携わっている方たちの仕事に対する熱意と誇りが感じられたことと、
作業中に話しかけられたら迷惑かとも思いましたが
丁寧に優しく誰にでもお話しておられる職人さんの姿にも感心しました
 着物離れと言われて久しいですが
着物の方には無料の施設利用、手軽に着られるレンタル着物
洋装と和装のコラボレーションなど日々努力されていますね。
 こうしてブログでご紹介されて本当に好かったと思います
一人でも多くの方に伝統の西陣織の素晴らしさを知って戴きたいものです
そして一人でも多くの観光客を京都にお迎えしたいです。
  可愛いマスコット「まゆまろ」をお土産に買わせて戴きました

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
こちらのカルチャーセンターで水彩画を受講しています。
昨年の震災以来、風評被害で
特に外国からのお客様が激減して
観光バスの姿も・・・
3階でも多くの職人さんが実演されていましたが
数日後にはカギが掛けられていました。

今は、西陣織の図案の展示などされていて
関係者やそうでは無い方達の姿も見られます。
今はやっと元の西陣織会館に戻ってきたようで、ホッとしています。
絵画教室(3階)にも賑わいが聞えます

こちらの賑わいが京都の観光客のバロメータとも言われているようです。
こうしてブログでご紹介して頂ければ何よりのPRになりますね

 中々着物ショーに出会えるのはタイミングが難しいですが
最後のシーンを撮られて好かったですね(*^。^*)
私は、着物ショーだけ撮りました。
 内容がダブラないで好かったヽ(^o^)丿

西陣織会館の丁寧なご紹介ありがとうございます。
実は身内がこちらに関係しています
一時は本当に心配しましたが
ようやく以前の活気を取戻しつつあります。

↑のお二人の方のコメントも嬉しく拝見しました
心強く思います。 
 ↓の嵐山と嵯峨野の雪景色も珍しく感動しながら
拝見させて戴きました
ありがとうございました。

古都人さん
いつも温かい言葉をかけて下さって感謝しています。
会館が賑わいを取り戻したのを聞くと嬉しいです。
以前、娘が十二単を着付けて貰いました。
西陣界隈が賑わいを取り戻さないと寂しいですよね。
こうして職人さん達が実演されるのは素晴らしいですわぁ。
大勢の方々に京都を知って貰いたいです~

taekoさんへ
こんばんわ
貴女様も西陣織会館にお出掛け頂いたのですね
有難うございました
昔の隆盛は夢のまた夢ですが皆さんの地道なご努力が
少しずつでも実ることを祈るばかりです

コスモスさんへ
こんばんわ
勉強家の貴女様 西陣織会館は絶好のポイントの様ですね
東日本大震災後の大きな落ち込みも徐々に回復している
とのこと 良かったですね
関係者の皆様も少し胸を撫で下ろされているでしょうね
あれだけの施設を赤字を出さない様にすることは並大抵な
ことではないかと思います
私達も何かお役に立つことがあれば協力したいものです

平田さんへ
こんばんわ
コメントを頂きまして有難うございます
会館の関係者の方がおられるのですね
他人事とは思えませんね
これからも益々活気が溢れることをお祈りするばかりです
少しでもお役に立つ様なことが出来ればと思っております

ムームーさんへ
こんばんわ
娘さんが十二単の着付けをされたとのこと
ご本人の感想は如何だったですか
感激されたでしょうね
会館の活気が戻りつつあること 私も全く同感です
これからも益々隆盛して欲しいものですね

こんにちは

スタッフの結婚式が続き
数十年ぶり(笑)に着物を着て、
その優雅さ、
心身ともに引き締まるような心地よい緊張感に
改めて感動しました。

タイムリーな話題に感謝しています。
ここに是非訪れてみたいです。

京都に生まれ育った方に
西陣あたりは
以前は機織りの音がうるさいほどだったとお聞きした事があります。
活気が戻ることを祈ります。

雅美さんへ
こんにちわ
久し振りにお着物をお召しになったとのこと
雅美さんのお着物姿 拝見したいですね
優雅さと緊張感 改めての感動 良かったですね
西陣織会館 交通の便も良いです
京都駅からですと堀川通を走る9号系統に乗られると
乗り換えなしで直行出来ます
是非お出でくださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44145074

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・西陣織会館 (館内紹介):

« 京都・嵐山の冬景色 | トップページ | 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました »