2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・西大路七福社めぐり (その1) | トップページ | 立春の翌日の北嵯峨の風景 (広沢池) »

2012年2月 9日 (木)

京都・西大路七福社めぐり (その2)

 前回(その1)では、3つの神社にお参りしました。残りはあと4社です。
寒さに少し震えながらの昼食後、スタートしました。
こう言う時に風邪を引き易いのですね。私は大丈夫でしたが・・・。

(4)大将軍八神社(たいしょうぐん・はちじんじゃ)です。
こちらのご利益は「建築方除け」です。
家など建てる時に、その方位を決める時に祈願する神社です。
他にも、この「方除け」の神社がありますが、
ただ迷信とだけで片付けられない日本人の感性でしょうか。

Img_0706a
境内は狭くて、私達は一列になって参拝しました。
真ん中に見えるのは、方位を表わすモニュメントでしょうか。
  左の字「坤」コンと言い、南西・ひつじさる・裏鬼門を表わします。
  真ん中の字「離」リと言い、南・うまを表わします。
  右の字「巽」ソンと言い、南東・たつみを表わします。
見えない部分にも、それぞれ方位を表わす文字が刻まれています。

(5)平野神社 あまりにも有名な神社ですね。
ここのご利益は「開運」です。

Img_0712a
ここは境内も大変広く、ゆったりと参拝が出来ました。
仲間達も行儀良く、列を作って参拝されています。

神様に優劣はないと思いますが、ここ「平野神社」は平城京から長岡京を経て、
平安京遷都の時に、この地に移されたと言う由緒ある神社で「大社」とされています。
境内は桜の名所でもあります。

(6)わら天神宮 ご利益は「安産」です。

Img_0715a
正しくは「敷地神社」と言います。
ご祭神は木華咲耶姫尊(このさくやひめのみこと)です。
安産の神様として有名で、藁(わら)の護符が授けられます。
その藁に節があれば男の子が、無ければ女の子が生まれると言われています。
そのことから「わら天神」の名が付けられているそうです。
境内は割合に広く、女性の参拝者も見掛けました。

(7)いよいよ最後は、「熊野神社・衣笠分社」です。
  ご利益は「延命長寿」です。

Img_0721a
住宅地の中にあり、こんな変わったお社の中に、小さな本殿?が祀られています。

Img_0718a
これがその本殿?です。
熊野信仰は、古くからあり明治維新までは神仏習合でした。
京都市内には、ここの本社である熊野神社や熊野若王子神社、
新熊野神社と3社もあります。
私は「延命長寿」ではなく、「健康長寿」を祈願させて頂きました。

 約15Kmの行程、そろそろ足の裏が痛くなって来ました。
最近の傾向なのです。
2~3日以内には治るのですが、新しく出て来た現象です。

« 京都・西大路七福社めぐり (その1) | トップページ | 立春の翌日の北嵯峨の風景 (広沢池) »

神社」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
古都人さんはお元気ですね
私も今年が良い年であります様にと
願いますが、丹波七福神巡りに続いて、寒い中を15キロも歩かれたのですね。
到底真似は出来ません。
 西大路七福社めぐりなるものが有るのですか?
お参りされた場所を順番にご一緒させて戴いてますが
私は源氏より平家のファンです
二番目の「若一神社」は今年は是非お参りして
開運を戴いてきましょう
 春日神社の名前は知っていましたが、このように立派な神社とは知りませんでした。
そう言えば春日祭は聞いたことが有ります。
五月にお参りがてらにお祭りを拝見してきましょう
 大将軍八神社は何度かお訪ねしています
粗末な家を建てる時に。
モニュメントも何気なく見ていましたが、其々に意味が有るのですね。
 平野神社を大社と呼ぶのはどうして?と思っていましたが謂れが有るのですね。
わら天神の「わら」の意味も解りました。
私も健康長寿を願います。
足をお大事になさって下さいね

古都人さんのブログではいつも丁寧に説明されていて、学ぶことが多いです。
昨日に続いて今日も勉強させて戴きました、ありがとうございます。

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
殆ど毎日出歩かれているのでしょうか?
そしてお参りも随分されましたね。
沢山の神様や仏様にご利益を戴かれたと思います。
今年も一年間良い年であることは私が請け負いましょう
保証は出来かねますが(^_-)
 せめて私にも少しはお零れを戴くために
古都人さんがお参りされた場所を
写真で手を合わせさせていただきました。
 興味の有るのは知恵と学問を欲しいので
吉祥院天満宮です。
最近特に物覚えが悪くて、すぐに忘れます((+_+))
 そして開運巡りは「若一神社」と「平野神社」です。
わら天神宮は・・・省きましょう(ー_ー)!!
そして最後の延命長寿の「熊野神社・衣笠分社」は是非、お参りしなくては
古都人さんは健康長寿ですか?
そうですね私も延命より健康の方が良いですね

 足の裏が痛くなるほど歩かれなくても、と思いますが・・・
やはり冬の15kmは無理かも知れませんね
大切になさって下さい
それでなければ、 お参りされた意味が無くなります(ー_ー)!!

taekoさんへ
こんにちわ
何時も丁寧にお読み頂いて有難うございます
なんしろ歩くことしか取柄がない私です
歩く機会があれば出来るだけ歩く様にしています
謂わば私の唯一の健康法ですね
源氏より平家のファンとのこと 平家の人物では
誰がお好きなのでしょうか?
それとも平家の散り際の良さ?でしょうか
源氏と言えば義経と静ですが それよりも平家に
何か共鳴されるものがあるのでしょうね
私はどちらかと言えば源氏ですが結局3代で源氏は
北条氏に乗っ取られてしまうのが情けないです
頼朝が弟達を殺し政子が子供達を殺して北条氏の
政権奪取を助けて仕舞った事が許せませんね

コスモスさんへ
こんにちわ
仰る通り何の為に歩いているのか バカ見たいですね
歩くことは私の業(ごう)かも知れません
歩けないのは寂しく情けなく思ったりします
困ったものですね
今更開運も望みませんし大願成就でもないです
要は健康で余り人に迷惑をかけないで 適当な時に
寿命が尽きるのが良いですね
災害や事故での寿命ストップはしたくないですね

こういうウォーキングツアーだと
京都の隅々まで丁寧にめぐる事ができますね。

ひとりでめぐっていると道に迷うので時間がかかります。

ここはどこなんだ・・・・とぼう然とするのも
旅の醍醐味と言えば醍醐味ですが。

この時期の京都は混雑していないのですか。
空気がすっきりして
神社仏閣が一層美しく見えそうです。

歩くのは健康に一番です。
どんどん歩いてください。

雅美さんへ
こんばんわ
ウォーキング・ツァーですと道に迷うことは滅多にありませんね
効率は良いです しかしゆっくりとはしていられません
アンカーマンがいて それより遅れないようにすることがルールですので
どちらを選ぶかですね
この時期は京都も比較的に空いていますね
3月に入るとそろそろ観光のお客さんが増えて来ます
寒いですが2月の京都はゆっくりと出来ます
歩きは任せてください どんどんと歩いていますよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43908966

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・西大路七福社めぐり (その2):

« 京都・西大路七福社めぐり (その1) | トップページ | 立春の翌日の北嵯峨の風景 (広沢池) »