2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました | トップページ | 京都・広沢池に水が戻りました »

2012年2月26日 (日)

大阪府富田林市の寺内町を歩く(1)興正寺別院

 「重要伝統的建造物群保存地区」を訪ねて歩くのが好きで、
今までかなりの数の地区を見て歩いています。
今までどんなところを歩いたかは、後程ご紹介させて頂きます。

 今回は、大阪府富田林市にある「寺内町」(じないまち)を歩きました。
この町も「重伝建保存地区」で、寺内町・在郷町として、
平成9年10月に、「全体として意匠的的に優秀なもの」の選定基準により選ばれたところです。
「寺内町」とは、真宗の寺院を中心に、堀や土塁で防御した町を言います。

 その「寺内町」の中心となるお寺は、京都興正寺の別院の「興正寺別院」です。
まずそのお寺から、ご紹介します。

Img_3895a
「興正寺別院」(左奥に見えます)の前の通りは、「城之門筋」と言われており、
日本の道百選に入っています。

Img_3896a
お寺の近くまで来ました。手前は鐘楼ですね。

Img_3898a
山門前に遣って来ました。山門をくぐって境内に入らせて頂きます。

Img_3901a
境内の正面には本堂があります。
右に建っているのは何かの記念碑の様です。

Img_3902a
山門の右手にある、この櫓のようなものが印象的で、お寺の厳めしさを感じます。

 「興正寺別院」について、少しご説明します(バンフレットから)。
この「寺内町」が誕生したのが、永禄初年(1558~1561)です。
京都興正寺の証秀上人がこの地を訪れ、荒地だったところを銭百貫文で購入しました。
そして、近隣4ケ村から8人の有力者を集めて「興正寺別院」を建立し、
8人衆の合議制のもとで、御坊を中心とした町づくりが行われました。

 では、お寺を後にして、町中を歩き回ります。
尚、富田林の寺内町を歩くはシリーズでご紹介しています。
旧杉山家ー1
旧杉山家ー2
旧杉山家ー3
町並みー1
町並みー2

« 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました | トップページ | 京都・広沢池に水が戻りました »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
偶然ですねそしてラッキーてす(^・^)
私もやはり「重要伝統的建造物群保存地区」の言葉が魅力的で
出来れば今年中に出かけたいと思っていました。
これからのシリーズ?でのご紹介、とても楽しみです
古都人さんのご覧なられた場所を、出来れば歩かせて戴きたいと思います。

今回だけでは無くて、いつも参考にさせて戴いています。
いつも丁寧に記事を書かれているので
これで下調べは不要になりましたヽ(^o^)丿
ブログをコピーさせて戴いたら案内書は不要ですね。
 これから愉しみに拝見させて戴きます。

こんばんは
 懐かしいです
昨年5月に訪れた場所です
震災の後で日本中が自粛ムードの中、出かけるのは躊躇したものでした。
重要伝統的建造物群保存地区であることを知って
どうしても行きたく思って、友人を誘って行きました。
今日ご紹介の興正寺別院も懐かしく拝見しています。
でも、いきなり「京都興正寺の別院」に驚いています。
やりは説明板は読んでいませんでした。
さらに寺内町の意味も。
「城ノ門筋」が日本の道百選に選ばれていることも・・・

古都人さんにとって魅力の有る街並みのご紹介とても楽しみです
きっと、私の勉強不足や見落としていたことなども、学ばせて頂けると思っています
いつものように丁寧な説明で。
これからが愉しみです。

古都人さん
いつもありがとうございます。
富田林は昔に一度行きましたが、こういう立派な
お寺があるのですね。
日本の道百選に選ばれるだけありますね、素晴らしい
御坊を中心とした町づくりがおこなわれたと説明
されていますね、色々と学ばれていて関心します。
いつも行かれたところをこのように丁寧に見られて
感じたことを教えていただけて参考になります。

こんばんは (◎´∀`)ノ
日本にはこのような街並みが、まだたくさん残っているのですね。
よーく拝見しますと・・・、電柱がありませんね。電線は地中かなと思っていたら・・・、鐘楼の上に通っていました。
立派な鐘楼に櫓、ちょっとした『お城』のようです。
名古屋、八事にも同じ名前の『興正寺』があります。こちらも名古屋では有名なお寺で、縁日の日はとても賑わいます。

コスモスさんへ
こんにちわ
何時の頃からか私は「重要伝統的建造物群
保存地区」を訪ねて歩くのが好きになってしまいました
それぞれに歴史があってその積み重ねが私の気持ちに
訴え掛けているのが肌で感じられますね
さすが京都市内では他にない4つもの地域が指定されて
いて嬉しく思います
上賀茂社家町・産寧坂・祇園新橋・嵯峨鳥居本です

taekoさんへ
やはり行かれたのですね
行かれた動機はどんなところにあるのでしょう
他の伝・建も幾つか回っておられるのでしょうね
現在のところ全国で80を越える地区が指定されて
いる様ですからこれからも訪ね歩く楽しみが大きい
かと思います

ムームーさんへ
こんにちわ
何時も有難うございます
ムームーさんも以前訪ねられているとのこと
これだけ多くの古民家が存在していることに
感動しますね
ここに暮らしておられる皆さんにとっては
ご苦労もおありのことだろうと拝察しますね

慕辺未行さんへ
こんにちわ
この地区すべてが電線の地下化がされてはいない
ように見受けました 
目下進行中かも知れません
「興正寺」 名古屋にもあるのですね
ここ富田林の「興正寺」は京都の別院となっています
お寺の名前 同じ名前のお寺 時々見掛けますね
お経の中の文字を使っている場合は同じ名前が
付けられるのではないかと思います

杉山家というお家がありませんでしたか?
私も伝統的建造物群保存地区が大好きです

あおぞら39さんへ
こんにちわ
コメント有難うございます
勿論「旧杉山家」は拝見しております
そして今夕から3回に分けてupを予定しております
宜しければ ご覧くださいませ
伝重建群 お好きとのこと 同好の士ですね
どれくらい回られましたか
お勧めのところがあれば教えてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43470782

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府富田林市の寺内町を歩く(1)興正寺別院:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/02/27 09:16) [ケノーベル エージェント]
富田林市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました | トップページ | 京都・広沢池に水が戻りました »