2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・西陣織会館 (館内紹介) | トップページ | 大阪府富田林市の寺内町を歩く(1)興正寺別院 »

2012年2月25日 (土)

京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました

 今日、2月25日は北野天満宮の「梅花祭」です。
 ご祭神の菅原道真公の祥月命日にあたります。
 午前10時からは祭典があり、道真公が愛した梅にちなんで、「梅花の御供」の神饌が奉納されます。
また、絵馬所の前の広場では、上七軒の芸妓さんや舞妓さんの野点の席が設けられます。

 漸く雨も上った午後、出掛けました。

Img_1368a
一の鳥居周辺も、露天のお店が一杯です。
狛犬も人の多さに、さぞ驚いていることでしょう。

Img_1348a
表参道の様子を、最初の楼門から見たところです。
初詣並みの人出で、人ひとひとでした。
私と同じく、雨が上って出掛けた人も多いのだろうと思います。
それと、今日は土曜日でもあります。

Img_1330a
先ず神前にお参りを。
長い列は、振鈴を振ってお参りしようと言う人達です。
私は、列を避けて横手からお参りしました。
神社でも、左右に分かれてお参りを、と勧められていますが・・・

Img_1342a
「野点の席」は、このテントの下で行われています。
ぐるりとカメラマンが取り囲んでいます。
中の様子は、全く判りません。時々芸妓さんの顔がチラリと・・・。

Img_1362a
「梅苑」の様子を、ちゃっかりと外から・・・。

Img_1366a
毎度お馴染みの店・古美術品や古着などは何時も通り、沢山出ていますが、
そんな中で私が選んだのは「しいたけ・どんこ」を売っている店でした。
何軒かありました。そんな季節なんでしょうか。

Img_1356a
それと植木コーナーでは、華やかな花々を売っているお店でした。

 お参りの人は、まだまだ増え続けています。外国の人も多く見掛けました。露店での食べ物にも興味があるらしく、色んな食べ物を手にしていました。
私は何も買わずに、ただ見るだけで帰って来ました。

« 京都・西陣織会館 (館内紹介) | トップページ | 大阪府富田林市の寺内町を歩く(1)興正寺別院 »

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
梅花祭に行かれたのですね
そして即、up。何と素早い(*^。^*)
今日は生憎の天気でしたが
それでも流石に大勢の方たちがお参りされていますね。
野点の席はこのようにテントで行われるのですね
ここもカメラマンの行列(@_@)
梅苑の紅梅もそろそろですか?
 私は縁日も見ないで境内に入り梅の花を撮りました。
前回訪れたよりも開花は進んでいました。

クスクス、私も何時も!何も買わないで何も食べない一人です。
 私も午後3時半頃にお参り?して
芸妓さんや舞妓さんが野点を終わって帰られる様子を撮りました。
27日にupします。
ご覧下さいね。 

こんばんは
雨模様の日にもかかわらず梅花祭のお参りに行かれたのですね
そのパワーはどこに有るのでしょうか?何時ものことながら驚いています。
 流石に天神さん
大勢の方たちの姿が有りますね
土曜日と言うことも有り人でも多かったのかも知れませんが
縁日をみながらそぞろ歩きは愉しいですが、これでは歩くだけで精一杯では?
 天神さんの縁日も暫くご無沙汰ですが
お写真を拝見しながら暖かくなったら、是非出かけたいと思います。

 野点で舞妓さんたちのお点前を戴くは贅沢なことですね。
このような機会は少ないです。
折角の機会なのに、勿体ないことをしました。
 古都人さんは縁日では買い物をされないのですね
私は子供に言わせると「直ぐに捨てるような物を買ってきたなあ」と憎たらしいことを。
 

こんばんは

普段からお参り客の多い神社ですが
今日はまた一段とすごい人ですね。びっくりです。
梅の開花が間に合ってよかったですね。

屋台の雰囲気好きです。
美味しそうなしいたけですね。
私もどんこしいたけ買いたいです。

神奈川も梅の花がやっと咲いてきましたが
今日は冷たい雨の1日でした。

コスモスさんへ
梅花祭と言いながら 祭典を見ないと言うよりも見られない
のが残念です 本殿の中でのことなので見る機会もないですよね
梅花の御供を是非見たいのですが・・・
昔は菜種の御供だったようですよ ご祭神を「なだめる」ことから
来ているようです 道真公の怒りをなだめる=なたね 語呂合わせ
ですね
露天の店で物を買った記憶はないですね 食べる方も
一度食べたいと思いつつ実現していません
せめて吉田さんでのコップ酒くらいと思って毎年遣っています

taekoさんへ
私は前から思っていたのですが京都の人は特に用事がなくても
天神さんや弘法さんに出掛けられている見たいですね
但し年末とかは別ですが・・・
私は何もわざわざそんなところまで行かなくてもと思いますが
未だ本当の京都人に成り切れていないのかも知れません
野点のお点前を頂くのに1500円いるのですが見ていますと
撮影を目的に入っていると思われる人達が大勢いました
それほどまでして写真が撮りたいのか私には理解出来ませんでした
何だか貧乏臭いお話で済みません

雅美さんへ
天神さんも弘法さんも京都市民と言うより庶民の社寺ですね
それだけ昔から親しみを持って特に用事がなくても
お参りと露店見物に大勢の人が来られます
21日は弘法さん 25日は天神さん と語り継がれているのだと
思います どちらかが雨だと そうでない日は晴れると言う
言い伝えもありますね
昨日は何故か「どんこ」の店が目に付きました
試食もされていました 高いのか安いのか 私には判りませんが
確かに見るからに美味しそうには見えました

古都人さん
いつもありがとうございます。
梅花祭はあいにくの雨でしたね、でも大勢の人が
お参りされていますね。
娘も行きましたがテントの中は何も見れなかったと話していました。
いつも大賑わいの天神さんは活気があっていいですね。
ご紹介ありがとうございます~
こういう雰囲気はいいですねぇ~♪

こんにちは (*゚▽゚)ノ
昨日は道真公の命日でしたか?!
本当に多くの人々が訪れ、道真公もあの世でさぞ喜んでいることでしょうね。
でも参道の両側を埋め尽くす屋台は、道真公の命日にはふさわしくない気がします。
野菜やお花などは良いと思うのですが・・・。
舞妓さんや芸妓さんの野点、あまりの人であれでは近づけませんね。
でも最後にしっかりと梅の花を撮られているのは、さすが!です。

ムームーさんへ
こんばんわ
朝から雨でしたのでどうしょうかと迷っていましたが
お昼から雨も上りましたのでこれ幸いと出掛けました
そうするとこんな人出でした 土曜日でもありましたので
顔ぶれがやや違う様に思いました 外人さんの多いのには
驚きです これをどう見るか?
京都の人の天神さん好きは凄いですね

慕辺未行さんへ
こんばんわ
参道に並ぶ露店は これぞ京都人の天神好きの現われなんですよ
毎月25日の縁日はこんな状態です
弘法さんでも吉田さんでも何時もこんな様子です
野点の席を取り巻く人の多くはアマチュア・カメラマンです
花街の人達の人気は凄いですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/44258114

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・北野天満宮の梅花祭に行って来ました:

» 北野天満宮:菅原道真しのび梅花祭 芸舞妓らお点前披露 [ローカルニュースの旅]
学問の神様、菅原道真をまつる北野天満宮で2月25日、梅の花の下で道真をしのぶ梅花祭があった。あいにくの小雨となったが、境内では野だても開かれ、京都最古の花街・上七軒の芸舞妓らがお点前を披露した。... [続きを読む]

« 京都・西陣織会館 (館内紹介) | トップページ | 大阪府富田林市の寺内町を歩く(1)興正寺別院 »