2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (お寺と龍) | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館「頭出し展示」を見る »

2012年1月 6日 (金)

今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (龍の襖絵)

 お寺、特に禅寺と「龍」との縁が深いことを前回述べましたが、
「龍」が描かれた襖絵が、タイミング良く展示されていることを知り、
拝見して来ました。
 題して「飛龍乗雲」、JR京都駅前地下街「ポルタ」での開催です。
建仁寺・麟祥院(妙心寺塔頭)・雲龍院(御寺・泉湧寺別院)の3か寺の襖絵ですが、
何れもデジタル複製によるものです。


 その中から2か寺の襖絵を、ご紹介します。
 始めは「建仁寺」のものから。

Img_0160a

Img_0163a
方丈襖絵「雲龍図」 海北友松筆(重文) 慶長4(1599)年

 次は「麟祥院」のものです。

Img_0155a

Img_0157a

方丈襖絵「雲龍図」 海北友雪筆 寛永11(1634)年

 絵師・友松は父、友雪は息子です。奇しくも親子競演となりました。

Img_0166a

この様な説明板が、3か寺の1つ1つに立てられていました。

 「雲龍」と言う言葉が出ました。京都には「雲龍」と言う和菓子があります。

次回は、この和菓子のことを、ご紹介します。

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (お寺と龍) | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館「頭出し展示」を見る »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
相変わらず情報を集められるのが早いですね。
実際に龍の襖絵が有ることは知りませんでした。
 今はデジタル映像の技術が進んで
こんなにも綺麗に複製されるようになったのですね
 建仁寺の襖絵、重文指定された事は頷けますね
素人の私から見ても生き生きと、迫力が感じられます。
力強さも感じます。
でも、龍の襖絵の部屋に通された方たちの居心地は
どうなのでしょうか
私なら何となく睨まれているような気がして
落ち着きません
 建仁寺と麟祥院と異なったお寺の襖絵ですが、
絵師の方は親子なのですね
描き方は似ているのでしょうか
そして、これも偶然なのでしょうか?
この事にも興味が有ります。

おはようございます
 古都人さまはやはり行動力の方ですね
今日ご紹介の記事は地元の新聞で見たと思いますが、
ポルタへ行くことは思いつきませんでした

デジタル技術の素晴らしさでしょうか?
到底複製とは思えませんね
四枚の襖絵の素晴らしさに驚いています
 このイベント?は日本全体が良くなるようにとの願いなのですね

見つめられたら恐ろしい何か異様な雰囲気がします

 架空の動物ですが、これも想像の世界なのでしょうか?
絵師は親子との事ですが、見事な襖絵に
近くでじつくり眺めて見たいものです
この催しは何時までされているのでしょうか?

興味深いご紹介ありがとうございました。

古都人さん
素晴らしい龍の襖絵ですねぇ、気迫があり
怖いようですわ。
実際には存在しない龍への思いが
絵を作りあげたのでしょうかぁ。
ポルタは色々な催しをされていますね、
知らなかったです~
見事なのを見せていただけました。

心の叫びに対して優しく温かく見守ることまで
していただいて感謝しています。
心配おかけしました、もう大丈夫です~

コスモスさんへ
私も同感です こんなに怖い龍の部屋に通されたら
直ぐに逃げ出したくなりますね
禅寺の襖絵に龍が描かれている訳はその部屋に
入った人を試すか謎掛けをするためか
ではないでしょうかね
親子で龍を描いたのは偶然では無い様な気がします
お父さんが建仁寺の襖絵を描かれたから息子さんには
どうぞこちら麟祥院の襖に龍を描いてくださいと言ったのでは
ないかと想像します

taekoさんへ
この展示は明日9日までです
ポルタの中央部分で遣っています
最近デジタル技術の飛躍的進歩で国宝級の絵画や
障壁画などが撮影されて公開されたり寺院の部屋では
入れ替えたりされていますね
何億画素のデジタル撮影で行われ本物そっくりのものが
出来るそうですね
龍は全く存在しない動物ですから絵師の想像の世界で
描かれた部分は大きいでしょうね

ムームーさんへ
龍は全くの想像上の動物ですから絵師の想像の世界でも
ありますね
描き方次第で怖くもやや優しくも描けるでしょうね
しかし仏法の守護が龍の役目ですからあまり優しくは
描けないでしょうね
ポルタは一昨年は虎の絵を今回の様に展示していましたね

京都が好きで好きで困ったものです。
7日にも駆け足で一泊してきました。
ポルタに凄い龍の図があるので驚いていたら
由緒ある襖絵だったんですね。

京都は寒くて寒くて
それでもたくさんの人が観光していました。
みんな京都の奥深さにはまっているんですね。
私もはまって抜けられません(笑)

雅美さんへ
こんばんわ
ようこそ寒い寒い京都にお出でくださいました
市長に成り代わりまして御礼申し上げます
そんなに京都がお好きなのですね
特にどんなところがお気に入りなんでしょうね
冬でも「京の冬の旅」と言うプランを打ち出しています
内容を見ますと中々魅力あるプランですよ
と言って雅美さんのお心を煽ってはいけませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43575921

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (龍の襖絵):

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (お寺と龍) | トップページ | 京都・梅小路蒸気機関車館「頭出し展示」を見る »