2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 奈良県大宇陀区松山へ行って来ました (パーツ) | トップページ | 京都・丹波七福神めぐり (その1) »

2012年1月25日 (水)

奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (宝泉窯)

 最後に訪れたのは、工房兼ショップの”宝泉窯”さんです。
築、100年以上の町家を平成11年に購入、転居。
その時に工房名を”宝泉窯”と改名されました。
 おじい様が宗教画家 お父様が日本画家、親子三代展でNHKなどの取材も受けられたそうです。

033_2 

窓から覗かせて戴いて、可愛い素敵な陶器が並べられています。
恐る恐る「お邪魔します」
オーナーで作家さんの杉本さんから
「どうそ どうそ 気楽にご覧ください」の声が


032_2

034

013
写真の方が作家の杉本さんです。


024_2 

015 


築100年以上の町家に並べられた陶器たち、静かに何方かのお目に留るのを待っているようです。

次は奥さまが作られた可愛い小物だちの一部です。
可愛いですね。

020
箸置きですね。他にも様々な色と形のリングなどたくさんありました。
 お話させて戴いて判ったのですが、杉本さんは京都市のそれも私と同じ地域で生まれておられました。
まさか、大宇陀に来て同郷の方にお目にかかれるとは。
そんなご縁で、お湯呑みを買わせて戴きました。
    ”大宇陀区松山”のご紹介は今回で終わらせて戴きます。
     ご覧戴いてありがとうございました。

 尚、これまでの”大宇陀区松山”のご紹介は
 (町並編 (千軒舎) 古民家編)(商家) (パーツ)です。


« 奈良県大宇陀区松山へ行って来ました (パーツ) | トップページ | 京都・丹波七福神めぐり (その1) »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
大宇陀松山街道も愈々最終回ですね
数々の写真と、丁寧な説明とても良く解りました。
ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
私は懐かしかった場所、見過ごしていたところ等
学ばせて戴きながら愉しく拝見しました
 さて、最終回の”宝泉窯”さんは
ご主人と同じような会話をしました。
そして同じ京都で学生時代を過ごされたことをお聞きして、
嬉しくなってコスモスのお花のコーヒーカップを買いました!(^^)!
同じような事をしていたのですね
 落ち着いた町家に陶器の可愛い作品がたくさん並べられていて
見ているだけでもほっこり、楽しく嬉しくなる工房でした。
私は奥さまから温かいお茶を戴きましたヽ(^。^)ノ

こんばんは
 私も↑のコスモスさんと同じ気持ちで拝見しました。
私は全て未知の場所でしたが、丁寧な説明と数々のお写真を拝見して
何だか以前から見知っていたような錯覚を覚えました。
 最終回は今までとは雰囲気がガラッと変わって
築100年以上の町家に可愛い、素敵な陶器たちのご紹介。
落ち着いた風情のある町家に静かに並べられた陶器たちと、奥さまの手作りの小物達
素敵ですね
私ももし、この場所にいまたしたら、少なくとも小物達は買い求めていただろうと思います。
 ご主人が同郷の方も嬉しいですね
お話が弾んだことと思います。
 
大宇陀区松山は遠くて訪れる事は出来無いかも知れませんが、お訪ねしたい場所になりました。

こんばんは ヽ(´▽`)/
親子三代、血は受け継がれるのですね。
どれも落ち着きのある陶器ですが、とくにお花が活けられている花器と隣の陶器は、
「素敵だなぁ・・・(・_・)イイナァ!」と思い、しばし見惚れていました。
陶器だけでなく、箪笥もまた渋いものですネェ (゚o゚)オォーッ!かなりの年季がありそうです。
チャンスあれば、久しぶりに月ヶ瀬梅渓に観梅に訪れ、そこから南下して宇陀へとドライブするコースもいいかナァ...!

古都人さん
おはようございます。
いつも温かい言葉をありがとうございます。
とっても素敵なお家ですねぇ~
そしてそこから生まれた素晴らしい作品、ほんわか~
っと温かみがありますね。
こういう所に飾られると作品もいきいきとしますねぇ。
いい所へ行かれましたね、楽しませていただきました。

コスモスさんへ
大宇陀・松山は何時までも忘れられない強い印象を与えて
貰った町でしたね もう一度違った切り口で訪ねて見たい
気持ちを持たせてくれた町でした
宝泉窯のこ夫婦はよくぞ思い切って京都からここへ移られた
ことに感動を覚えました 少しずつ地元の方達とも交流が
始まっているとのことですので大変良かったと思いました

taekoさんへ
こんにちわ
今回大宇陀・松山紀行 お気に入って頂いた様で
嬉しいです 機会がありましたら是非共ご訪問
ください 大宇陀地域には歴史的な事物が数多く
ありますのでじっくりと見物するには1泊も必要な
位の町です 近鉄電車を利用しますとそれ程不便な
場所でもありません

慕辺未行さんへ
こんにちわ
慕辺未行さんは車に乗られるのですから行動範囲は
広いですよね 地理もお判りの様ですから是非共
ご訪問ください 慕辺未行さんだと土地の方達との
交流もお出来になるかも知れませんね
千軒舎の方に聞けば駐車場も教えて貰えると
思いますよ
海外旅日記 楽しく拝見させて頂いております

ムームーさんへ
こんにちわ
宝泉窯のご夫婦が京都から移られたと聞いて
より深く親しみを感じて長居をしてしまいました
ご主人も気さくな方だったので居心地も良かったです
絵付けの手を休めずにお話をして頂きました
清水焼団地にはお友達もおられるとかで
お手伝いにも行かれるとのことでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43729867

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (宝泉窯):

« 奈良県大宇陀区松山へ行って来ました (パーツ) | トップページ | 京都・丹波七福神めぐり (その1) »