2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・丹波七福神めぐり (その1) | トップページ | 今年の干支・辰・龍のゆかりの場所を訪ねて(続き) »

2012年1月27日 (金)

京都・丹波七福神めぐり (その2)

前回の続きです。 
ここまで4か寺を巡って来ました。残りは後3か寺です。
 山裾とは言え、大分高いところまで上って来ました。

 その途中には、こんな道標が立てられています。
Img_0299a
亀は「亀岡市」の亀か、あるいは亀の様にゆっくりと歩きましょうと言うことか。
ここからは亀岡盆地が見渡すことが出来ます。
下の景色から、大分高い所がお判り頂けると思います。

Img_0301a
「えびす顔」と良く言いますが、ちょっと笑い過ぎではありませんか!
「耕雲寺」です。かなりの高台にあります。

 お昼は「出雲大神宮」の付近で食べましたが、寒かったです。
 丹波一の宮で名神大社(延喜式による)、官幣中社(珍しい)です。

Img_0307a
正面は拝殿です。

Img_0305a
神前です。熱心にお参りされています。

Img_0306a
境内には、こんな「夫婦岩」がありました。
五円玉に赤い紐が付けられています。

 午後、七福神めぐりの再開です。あと2か寺です。

Img_0308a
こちらも素敵な笑顔です。その名も「極楽寺」の「寿老人」です。
こんな老人になりたいものです。

 最後は「東光寺」の「福禄寿」です。

Img_0310a
お堂の中に安置されていた「福禄寿」です。
異相のお顔と言えそうですね。
ですが幸福や長寿を招来して人生円満を授けてくださるそうです。

 七福神めぐりを終えて、皆様の今年のご多幸をお祈り致しました。

« 京都・丹波七福神めぐり (その1) | トップページ | 今年の干支・辰・龍のゆかりの場所を訪ねて(続き) »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
↓から拝見しています。

「丹波七福神めぐり」が有ることは知っていますが
お参りしたことは有りません。
ここは七福神すべてにお参りしなければ、ご利益は無いのでしょうか?
二か所目の和らぎの道の途中の七福神の勢揃い
これを拝ませて戴いて・・・手抜きは駄目でしょうね
どの神さんもご利益が有りそうですが
ワッハッハの布袋尊も大黒天も
弁財天も好いお顔をされていますね。
特に弁財天の慈悲深いお顔に見惚れています。
楽器をつま弾いておられますが
素朴な音色が聞えて来そうです
 
 亀の絵は、私は「これからの人生をゆっくり歩きたい」ものです
えぴすさんのお顔も、今の時代だからこそ有り難いと思います。
拝見しているだけで嬉しくなりますね!(^^)!
 亀岡にも出雲大神宮が有るのですね。
歴史と由緒の有る神社のようですが、どうしてここに・・
 私も寿老人のような笑顔、心になりたいです
無理ですが・・・
 どうして福禄寿のお顔が長いのか、いつも不思議に思っていますが
人生円満を授けてくださるのなら有り難いです。
 
古都人さんが代表で七福神めぐりをして戴いて、私の今年はこれで安心ですヽ(^。^)ノ
 寒い時にお参りされて、お疲れ様でした

こんばんは
 厳しい寒さが続いていますね。

古都人さんは何時もお元気ですね
お正月から”丹波七福神めぐり”へ行かれたのですね
私は、多分、全て回らないで端折ってしまうかも知れません。
 七福神の名前は知っているようで全部言えません。
↓から拝見していますが
皆さん本当に福々しい嬉しそうな、幸せなお顔をされていますね。
お参りするだけで幸せがやってきそうな、そんな気がします。
有り難いですね。
七福神さんに手を合わせて心静かにお参りするのも、心が安らぐことでしょう
 私も亀の絵は、残り少ない人生ですが
大切にゆっくり歩みたいと思います。
七福神の穏やかなお顔を見つめながら、お写真に手を合わせていますが
やはり実際にお参りしなければご利益は、無いのでしょうね
でも、古都人さんの「皆さんの今年のご多幸をお祈り致しました」の言葉をお聞きして
安心しました。
 
寒かったとの事ですが、お風邪は引かれませんでしたか? 

コスモスさんへ
こんばんわ
丹波七福神めぐり しっかりと皆さんの代参をさせて頂きましたので
どうぞご安心ください その結果のご利益は皆さんのお心掛け次第
かと思いますので・・・
お伊勢さんにせよ出雲大社にせよ 結構その出先みたいなところは
多い様に思います やはり古い神社故のことかと思います
弁財天さんの琵琶の音色を聞きたいですね きっと素敵な音色かと
想像しますが・・・
福禄寿さんの頭の長いのは きっと脳みそが一杯詰まっていると
思いますね 帽子は被り難いでしょうね

taekoさんへ
ご心配頂きまして有難うございます
お蔭さまで今のところ無事でおります
皆さんの代参はさせて頂きましたので後はご利益が
皆さんのお手元に何時届くかは皆さん次第かと思います
私は貧乏性と言うか中々じっと出来ない性分です
先日も七福社めぐりに参加して来ました 後日up
させて頂きます

こんばんは

寒かったでしょうね!
空の色を見ると想像つきます。
その分空気が澄み切って
気持ちよくお参りされたんでしょうね。

お参りはお弁当持参なのですか?

京都は市内しか行った事がありません。
めずらしい七福神様の写真嬉しいです。

笑顔が一番なんだと寿老人が言っておられます(きっと!)

こんばんは (*゚▽゚)ノ
七福神巡り、お疲れさまでした。お正月早々に歩かれたようで、きっと今年も古都人様にたくさんの”福”が訪れることでしょうね。
鯛を手に高笑いの恵比寿様、「あれっ!釣竿は?」と私も笑いながら話しかけたくなりました。
我が家にも七福神に因んだものがいくつかあります。旅先などで買ったお土産品ばかりですが・・・(^_^;;
今年の干支の龍の置物がなかったので、宝船に乗った七福神の土鈴を代わりに飾っています。

古都人さん
いつもありがとうございます。
七福神巡りは気分がよろしいでしょうね。
やはりお参りって気分も上々になりますね。
たくさんの笑顔の七福神さんが居られますね。
今の人たちにもこうしてお参りされて素晴らしい
ことですわぁ。
ご一緒させていただきました。
ほっこりといたしました~♪

まさみさんへ
お早うございます
「まさみ」さんって「雅美」さんとはまた違うお方なのでしょうか?
もし違ったらご免なさい 
歩きの会での「丹波七福神めぐり」ですので お弁当は各自
持参なのです 私は大抵コンビニのおにぎりを2個買っての
持参です あと野菜ジュースとか果物とかおやつなども持って
行きます 勿論お茶もね
七福神 大体皆さん笑顔ですね 毘沙門天さんはお顔が拝めず
どんなお顔か判りませんでした この方は余り笑いませんね

慕辺未行さんへ
こんにちわ
福が沢山来ると良いのですがね
余り欲張らない様にしましょう
慕辺未行さんもその年の何かを飾られる方なのですね
私は先日干支引継ぎでご紹介した可愛い焼き物の「龍」を
飾って楽しんでいます
これも凝り掛けるとエスカレートしますね
私も干支の置物総ては揃っていません
旅など何かの折に買ったものばかりです

ムームーさんへ
こんにちわ
ご一緒にお参り頂きまして有難うございます
私は初詣は決まって今年もどうぞ宜しくお守り
くださいとお祈りしておりますが具体性が全く
ありません 神様も仏様も具体性が無くて
お困りかも知れませんね
毎日のお仏壇のお参りも今日も宜しくだけです
偶に違うことをお祈りしますが殆どは今日も云々です

ごめんなさい。
同一人物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43768225

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・丹波七福神めぐり (その2):

« 京都・丹波七福神めぐり (その1) | トップページ | 今年の干支・辰・龍のゆかりの場所を訪ねて(続き) »