2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年の干支「辰」「龍」について | トップページ | 京都・二条城庭園のお正月公開に行きました(二の丸と本丸) »

2012年1月11日 (水)

京都・えびす神社の初えびすにも、舞妓さん

 京都は大和大路通にある「えびす神社」の「十日えびす大祭(初えびす)」にお参りしました。
 商売繁昌・家運隆昌などのご利益があるとのことで、商売をされている方を中心に多くの参拝者を集めていますが、私がお参りした昼過ぎは比較的空いていました。
ここは、「都七福神めぐり」の1つでもあります。

Img_0513a
一の鳥居は、大和大路通に面しています。
この近くには、「建仁寺」さんがあります。

Img_0497a
鳥居をくぐって境内に入ります。意外と参拝者は少なかったです。

参拝を終えた人は、「福笹」を受けるために、左側に向います。

Img_0499ab

その先には・・・
Img_0504a
東映女優の「中村彩実」さんが、笑顔で福笹を渡しています。

そして、その福笹に、色々な縁起ものを付けて貰うのです。
Img_0492a
「ようお参り!」と若い女性達の元気な声が響きます。
色々な種類の縁起ものが、売っています。

福笹に縁起ものを付けて貰ったら、拝殿の横に向かいます。
Img_0530a
「えべっさん」(と関西では言います)は、耳が遠いとかで、拝殿の横の板を激しく叩いて、えべっさんにお願い事を良く聞いて貰うのです。

Img_0493a
境内では、舞妓さんにも出会いました。
お願い事は商売繁昌でしょうね。

Img_0521a
売られている縁起ものでは、トップクラスでしょうね。

Img_0511a
数多く売られていたのは、この縁起ものでした。
大小色んな大きさのものがありました。

Img_0514a
帰り道、露店で見付けた懐かしい、「お多福飴」です。
飴の切り口が、お多福さんになっています。
小さい頃、お祭りなどで、時々買って貰った記憶があります。

 お参りを終えた後は、やはりホッとした気分で帰途に付きました。

« 今年の干支「辰」「龍」について | トップページ | 京都・二条城庭園のお正月公開に行きました(二の丸と本丸) »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
えびすさんにお参りされたのですね
今年はお参りはしていません
例年大勢の方達で賑わいますね
 十日えびすの日は比較的暖かいでしたね
お写真を拝見していると賑わいが感じられすが?
不況の時が多いのか、その反対なのか?
お商売をされている方は、
いずれにしても期待の薄い今年に何とか・・
じょうね。
東映女優の中村彩実さんニコヤカデ可愛いですね。
初めて拝見したように思います

うわ~っ、舞妓さんもお参りですね
残念でした
お会いしたかったのに(ー_ー)!!

こんばんは
 やはり初えびすさんにお参りされたのですね
私は古都人さんなら多分、キッと
と思っていました。
 私も十日えびすの賑わいは好きです
商売はしていなくても、何となく明るい嬉しい気持ちになるから
不思議です
 若い方の元気な声と笑顔は好いですね
好い一年になるようなそんな気がします
舞妓さんもお参りですか?
最近の舞妓さんは色々な場所で
頑張っておられますね
舞子さん達にとっても繁盛の年で有って欲しいです
 金弐萬円也
やはり買い求められる方が居られるのですね
お多福飴懐かしいですね
私も買ってもらって思いでが有ります

こんばんは (^o^)/
初えびすのご様子、とくと拝見させていただきました。
名古屋・熱田神宮でも初えびすが行われますが、その様子とは大違いのように思います。
もっとも、TVや新聞などの報道で見ただけですが・・・(^_^;;!
福笹に縁起物をつけて、今年一年の商売繁盛を祈願されるのでしょうね。
舞妓さんたちも、お参りに来られるのですね。
『金弐萬円也』の縁起物、求める方もいらっしゃるのでしょうね。
お多福飴、これもとても縁起が良さそうです (^_^)!

古都人さん
おはようございます。
いつもお心にかけていただいて感謝しています。
えびす神社に行かれましたかぁ~
やはり舞妓さんの姿が見えると華やぎますね。
娘は毎年行きますが、人が少なかったと話して
いました、小さな笹を買っていました。
境内の様子が良くわかりますわ~
縁起物の飾りもいろいろありますね、いい雰囲気
がこちらにまで伝わります♪
お多福の飴さんは懐かしいですねぇ~
私も行けば良かったです~

コスモスさんへ
(一寸早いかも?)こんばんわ
去年はもう少し多かった様に思いますが 今年の人出は
少し寂しかったですね お参りしたのは午後2時過ぎでしたが
人出の波もあるのでしぅね
福笹を持っている人も少なかった様に感じました
ましてや大きな縁起物を持っている人は更に少なく思いました
私の様にお参りだけと言う人が圧倒的に多かったです
この現象をどう見るか?色々と憶測が出来そうですね
舞妓さん達 宮川町の人か?少しお姉さんの様に見えました

taekoさんへ
貴女様もこの雰囲気がお好きな様ですね
賑やかなえびす祭の音楽に載せられて
気分は高揚しますね
「商売繁昌や笹持って来い」と言う奴です
縁起物を売る若い女性達の掛け声も
京都ならではの慎ましやかに聞こえます
お商売をされている方達は商売繁昌は心からの
祈願でしょうね
お多福飴の思い出 taekoさんもお持ちなんですね
懐かしく思いましたよ

慕辺未行さんへ
こんばんわ
えびす祭は地域によって多少は違うのでしょうかね
名古屋も商売の町ですから多分賑やかなのでしょうか
名古屋に在勤していましたが実はお参りをした記憶がないのです
大阪はきっと賑やかに遣っていることだと思います
西宮の福男のことは先日もテレビで放映していましたね
今年の一番福は福知山の○○福夫さんだったと思います
福重ねでさらにお目出度いとか
お商売の方達は熱心ですね

(お名前がなかったですが多分)ムームーさんへ
こんばんわ
私も去年より参詣された人が少なかった様に思いました
何故なんでしょうね?
それに福笹を持つ人も寂しく感じました
私は雰囲気が好きでほぼ毎年お参りしております
現役時代は必ず伏見稲荷さんにお参りしておりましたが
暇人になってからは毎年吉田さんにはお参りしています
そろそろその時期が近付いて来ておりますが・・・

京都は四季折々行事があり、舞子さんがいると
又、いっそう華やかになりますね。
笑顔があると、元気になる。
笑顔を見ると商売も繁盛しそうです。
現実は厳しいが笑顔を忘れず頑張りたいものです。

元気があれば何でもできる。(アントニオ猪木)

南座の前の屋台はS46年頃はありました。
京唄子さんなども来ていたようです。

maetetuさんへ
こんばんわ
そうですね 京都は古い町だけあって四季色々な行事が
多いですね
町挙げてのものや地域独自のもの また各家庭ごとと
きっちりと実行して行こうとすると大変です
商売繁昌は笑顔から 中々難しい部分もありますが忘れずに
実行したいものです
S46年は丁度私が滋賀県から引っ越してきて1年目の年です
まだ会社と家の間の往復であの辺りに出掛ける余裕は無かったですね
京 唄子さんもと言うことは寄席の帰りなどですかね
京阪電車の四条駅も近いですから大阪に帰るのは便利だったでしょうから

こんにちわ

とても賑やかで楽しい雰囲気ですね 初えびすさん 私のところでは、おえべっさん と、いってます
やはり京都の賑わいは、華やかです 沢山な人出で、ザワメキや、声まで画面から飛び出しそうですよ
羨ましいのは、可愛い舞妓さんと出会えます事 薄化粧の舞妓さんは、清楚で凛として内面を磨き着物を着た瞬間 お人形さんのように華麗になるのですね 
巫女さんも、お姿が、可愛くて仕方ありません 緋の袴 憧れましたよ若い頃
福笹のきれいな緑 清々しいです 喜びを、画面からどーんと届けて戴いた気分です有り難うございました。

こんにちわ
初えびす祭は華やかで賑やかでした
世の景気が今一つと言う時期ですので
お商売の皆様は正に神頼みの気持ちが
強いでしょうね
福笹に縁起物を売っている若い女性の皆さんは
元気に声を張り上げてと言っても京都の女の子達です
やや恥ずかしげににこやかに参詣者に接していました

おはようございます。
やっぱりお祭りは良いですね。
みんなの表情が明るくて
PCを眺めながらニコニコしてしまいます。

京都に行くと
神仏にまつわる行事が
生活に根付いていることに驚かされます。

みんなそういうところに心惹かれるのでしょう。
7日8日と駆け足で京都に行きましたが
なぜ!と思うほど混雑していました。

雅美さんへ
こんにちわ
お祭りは陽気で賑やかな程楽しいですね
京都は古い町だけあって地域や社寺や各家庭と
伝統的な行事が受け継がれて実行されていますね
「京の歳時記」と言う題名の本がある位ですものね
私の行動のネタ本でもあります
それと民俗学の講座も聴いて見聞を広めています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43692622

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・えびす神社の初えびすにも、舞妓さん:

« 今年の干支「辰」「龍」について | トップページ | 京都・二条城庭園のお正月公開に行きました(二の丸と本丸) »