2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (龍の襖絵) | トップページ | 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト(雲龍) »

2012年1月 7日 (土)

京都・梅小路蒸気機関車館「頭出し展示」を見る

 京都市下京区の「梅小路蒸気機関車館」では、新春企画の1つとして、
「蒸気機関車の先頭部を車庫から出して展示」されている事を、
地元新聞の記事で知り、早速見に行って来ました。

Img_0364a_2
機関車館の入り口は、「旧・二条駅」の駅舎です。

Img_0356a
扇形車庫には、全部で19両が保存されていますが、その内の13両が、
この様に先頭部を約3mほど前進させて展示されています。

Img_0321a
右寄りの部分の展示機関車です。

Img_0326a
左寄りの部分の展示機関車です。

Img_0332a
中央には、お召し列車を牽引した、C581機関車が置かれています。
菊の御紋章が、燦然と輝いています。

Img_0328a
当時の最新鋭のC62の1号車と2号車が、揃って並んでいます。

Img_0329a
力持ちのD51(デゴイチ)も、勿論顔を揃えています。

 ※なお、この展示は9日まで行われています。

 次回には、煙と蒸気を吐いて走る動態機関車を、ご紹介します。

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (龍の襖絵) | トップページ | 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト(雲龍) »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)

うわ~っ ショック
 実は私も京都新聞を見てSL館に行きました。
ずらっと頭出ししている機関車の見事な光景に、初めて見た光景に感動しました
 でも未だブログは作っていません
先を越されましたね(ー_ー)!!
やはり同じ京都に住んでいるとどうしても、ネタはダブります
初詣の神社も同じ場所が有りました

古都人さんのお写真は、臨場感が有って、構図が何時もの事ですが上手で
私の写真は、今回は諦めて没にしようか・・・・

展示の最終日は9日ですし、それまでに
up出来なければ・・・・

こんばんは (*゚▽゚)ノ
(゚o゚)オォーッ!ス・スゴイ ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!
梅小路機関区(←どうしてもこう呼んでしまいます)で、このようなイベントがあるとは?!
国旗を掲げ、どれも頭を車庫から出し、その姿は壮観そのもの (゚ー゚)!
ここに保存されている機関車、私が高校生だった頃と変わらないままだろうなぁ!
”C58 1”も”C62 2”も”D51 200”も写真、残っています。
エントランスが旧二条駅の駅舎になった以外は、中は30年以上前とほとんど変わっていないような気がします。

おはようございます
 素晴らしいですね
感動します
 新聞に載っていましたか?
私は京都新聞ですが・・・
9日まで展示されているのなら、未だ間に合いますね。
SL館へは1度訪れていますが
こんなに素晴らしい展示は初めてでは無いでしょうか
この様子を実際に見て見たいものです
お写真を拝見しているだけでも、心がときめきます。
恥ずかしいですが、年甲斐もなく興奮しています
 
 是非、今日か遅くとも明日に出かけます
いいえ、出かけたいと思います
嬉しいご紹介ありがとうございます。

コスモスさんへ
お早うございます
お先に失礼しましたね
13両もの蒸気機関車がずらりと並びますとやはり感動しましたね
私は初めての光景でした 絶好の新春企画に拍手を送りたいです
諦めないで是非とも記事をupしてください

慕辺未行さんへ
お早うございます
大変喜んで頂いている様で嬉しいです
実は私もこの光景は初めてです
感動ものです
13両もの機関車を並べるなんてここだから出来る
素晴らしいイベントですね
鉄道ファンの慕辺未行さんにとってどれも懐かしい
機関車ばかりでしょうね

taekoさんへ
実は私も「京都新聞」です
この記事は1月5日の朝刊第20面に写真入りで
載っていましたよ
明日9日までやっていますから是非お出掛けください
百聞は一見に如かず 正にその通りです

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます~
わぁ~こんな企画があるのですね、機関車がこれだけ
並んでお顔を見せるって素晴らしいです。
やはりこういのがいいですね、今の車両は味が
なくて見ていてもときめきは少ないですね。
素晴らしいのを見せていただいて子供のように
浮き浮きしています♪

ムームーさんへ
こんばんわ
実は私も初めて見た光景でした
やはり凄いです 感動しました
蒸気機関車は重厚で迫力がありますね
これが今は使われないと言うのは何か不合理
を感じます
特定の地域で走らせる(大井川鉄道では今も
活躍しているようですが・・・)と言うような方法も
考えられると思いますが・・・

私が京都に赴任した頃の二条駅舎です。
なつかしい。

機関車。
今、鉄道に夢中になっている姪の保育園に
通う子供に見せたら喜びそうです。
先日も市電の運転席を熱心にみていたそうです。

終い天神さん。
参道など想像しながらの始めての終い天神さんでした。

田舎育ちの私には、飲み屋街のネオンの輝きも忘れません。
世の中には、こんな綺麗な人がいるのだとワクワクもしました。
南座の前には屋台もあり、まあ、ここが一番落ち着いたかも。

今年も、色々な京都を楽しみにしてます。

maetetuさんへ
こんにちわ
お久し振りです 色々と京都の思い出を有難うございます
京都には何年位お住まいだったのでしょうか
二条駅もすっかりモダンな駅舎になってしまいました
今は市営地下鉄東西線の乗り換え駅でもあります
付近には大きなビルも出来ています
立命館大学朱雀キャンパス・仏教大学のキャンパス
医師会館など
南座前の屋台とは?そんなのがあったとは初めて知りました
これからも京都を多方面からご紹介して行きたいと思っております
のでどうぞ宜しくお願い致します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43655320

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・梅小路蒸気機関車館「頭出し展示」を見る:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/01/08 08:46) [ケノーベル エージェント]
京都市下京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト (龍の襖絵) | トップページ | 今年の干支「辰」・「龍」アラカルト(雲龍) »