2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (商家) | トップページ | 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (宝泉窯) »

2012年1月24日 (火)

奈良県大宇陀区松山へ行って来ました (パーツ)

 「パーツ」と言いましても、自動車のパーツではありません。
この地区の古民家の建物の中で、特長的なものを、ご紹介しようと言うもので、
注目するところは、屋根・2階・1階などです。

 まず屋根に注目です。

Img_3654a
  屋根の棟の瓦の積み方です。
いわゆる「青海波」(せいかいは)になっています。
「青海波」とは、古典的な、波形をデザインした模様または柄です。
このことは、見学させて頂いた「宝泉窯」(後日紹介します)のご主人に教えて貰ったものです。
「宝泉窯」のお向かいの家の屋根でした。

 次も屋根ですが、「煙り出し」です。

Img_3582a_2
古民家の屋根にあったのですが、近代的過ぎますね。

Img_3602a_2
これもモダンな感じがする「煙り出し」ですが、「千軒舎」のものです。

 次は、「うだつ」についてです。

Img_3615a
「芳村酒造」家の「うだつ」です。二重構造になっていますね。

Img_3645a
かなり分厚い「うだつ」です。丈は短いですね。
防火効果がありそうな「うだつ」です。

Img_3652a
家紋入りの「うだつ」です。黒地に白い家紋、デザイン的にも素敵です。

Img_3658a
お洒落な「うだつ」です。珍しいものだそうです。

 最後に、古民家には付きものの「虫籠窓」(むしこまど)です。
今までご紹介した古民家には、すべてと言って良い程、「虫籠窓」になっていますが、
やや変わったものを、ご紹介します。

Img_3631a
普通は長方形ですが、ここのは「丸型」です。
この面の左右2か所に、設けられています。

Img_3648a
これもまた、変わった形の「虫籠窓」です。
従来の形に拘らない思い切ったデザインの窓です。
 尚、これまでの”大宇陀区松山”のご紹介は
 (町並編
 (千軒舎) 古民家編)(商家)です。

 まだまだご紹介したいことがありますが、最後に、もう1軒 中に入らせて頂きました「宝泉窯」を、ご紹介します。

« 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (商家) | トップページ | 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (宝泉窯) »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
 色々なパーツのご紹介
其々に特徴が有って愉しんでいますが、それと同時に知識も増えます
 考えてみれば「うだつ」も「煙り出し」「虫籠窓」も
古都人さんから教えて戴きました。
 そして今回は「青海波」と言う屋根の棟の瓦の積み方です
確かに波形になっていますね。
勿論、初めて知りましたが、この積み方は珍しのですね。
 「うだつ」の立派なのが多いですが、やはり元?豪商だったからでしょうか?
家紋入りも見かけませんね。
スッキリして好いですね
お洒落なのも有りますね
うだつや虫籠窓の用途は今では、家の装飾品の意味も有るのでしょうか

今回のシリーズでは本当に色々な事を学ばせて戴いて
 有りがたく嬉しく思っています。


古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
パーツを集められたのですね
こうして拝見しますと、やはり特徴がよく解って、中々好いものですね
 興味津々で拝見していますが、見落としいていたものが有ります。
ご紹介して頂いて嬉しいですが、でも上を見て横を見て・・・
歩いている時もキョロキョロしなくては。
のんびり街道の街並みを愉しむ余裕は有りましたか?
 
 確実に気付かなかったのは、最初の屋根の棟「青海波」です。
確かに屋根の積み方はユニークですね。
「宝泉窯」さんに入らせて戴いて、御湯呑を買いましたが
教えて下さることは無かったです
ご主人も相手を見て・・・かも知れませんね(ー_ー)!!
 「うだつ」は立派ですね。
そしてそれぞれに拘りが有るのでしょうか
その違いが興味深いです
 虫籠窓も気づきませんでした。
このような変わった形は初めて見ました。
所変われば・・・でしょうか?

やはり上も横も前も後ろも見なければ
見落としていることの多さに
今回、同じところを歩いて改めて反省しています(゚ー゚;


こんばんは (^o^)/
『うだつ』は知っていたもののつい数年前までは『煙り出し』と『虫籠窓』は知りませんでした。
ブログを書くようになり、皆様のブログを訪問・拝見してから初めて知りました。
伝統的な日本家屋のデザインの素晴らしさに、惚れ惚れします。
「中はどうなっているんだろう?」とか、「どんな人が暮らしているのだろう?」と、思いながら見ています。
『煙り出し』は煙突とはどのように違うのかな・・・?と、ふと疑問に思いました。

taekoさんへ
お早うございます
現代の様に換気扇や網戸など無い時代の生活の知恵が
煙出しであり虫籠窓なんだと思います
虫籠窓は換気と同時に防犯も兼ねているのではないでしょうか
それらから歴史と共に出来上がった建築様式でしょうね
うだつは「うだつが上るとか上らないとか」の喩えに使われて
いる様に事業の成功の結果に繋がる表現の1つかと思います

コスモスさんへ
お早うございます
この様な見るべき事物が多くある町を歩くのは大変ですね
上を見たり下を見たり左右を見たりと首の良い運動になりますよ
しかしそれだけの価値がある町・大宇陀松山ですね
これからもこんな町並み探しをしたいものです

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなんです この町を歩いていて現実にここに住んでいる方達の
日々の生活の様子が全く伺いしれませんでした
店を出してお商売されているところは少しありましたが それ以外は
全く生活感が判りませんでした 
煙出しはやはり煙突の役目も果たしていると思います
自然の換気もあるかとも思います
海外旅日記 楽しく拝見させて頂いております
有難うございます

古都人さん
いつもありがとうございます。
見過ごしているような美しい流れのうだつに
虫籠窓は生活の知恵としてそして機能的であり
デザイン性にも優れていますね。
古民家は素晴らしいですねぇ~
たくさんの事をこちらで教えて貰っています。
ありがとうございます~♪

ムームーさんへ
こんばんわ
今日は寒い一日でしたね お風邪など召されて
おられませんか こんな寒い日の体調管理はお互いに
大変ですね
ここ大宇陀・松山の「うだつ」は嘗て薬や酒造などで
繁栄をしていたところですから建物にも財を投じて
造られていますね
昨今では中々こんな立派な「うだつ」を造るのは
さぞかし大変ではないかと思います
煙出しや虫籠窓などにもその名残りなど留めている
様に思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43729925

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県大宇陀区松山へ行って来ました (パーツ):

« 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (商家) | トップページ | 奈良県・大宇陀区松山へ行って来ました (宝泉窯) »