2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その1) | トップページ | 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) »

2011年12月25日 (日)

京都・北野天満宮の「終い天神」

 今年最後の25日、恒例の北野天満宮(京都では天神さんと親しみを込めて呼んでいます)の縁日「終い天神」が行われました。
 例年15~16万人の人出が有ります。
 1年最後の天神さんの縁日、
特に12月はカズノコやしめ縄など正月用品を商う店で賑わいます。
 又、授与所では大福梅(有料)を授与され、
学休期に入って入試合格祈願に訪れる参拝者も多いです。
 終い天神の日は、朝は明るくなってから、
夜は9時頃まで縁日は開かれているそうです。
 早朝に行かれる人たちの目的は、”骨董品の物色”がお目当てとか。
 
 冷え込んだ朝の8時30分に天神さんに到着しました。
未だ、人出は少ないようです。
022
来年の干支”辰”の絵馬も既に上がっていました。

004
毎年出ているお店です。

019
新年を迎えて祝うお雑煮は、お椀も新しくされるのでしょうね?

020

お正月用品が続きます。
025

026

 「ABC」と「MBS」の腕章をつけた方が、
じっくり構えて撮影されている姿が印象的でした。

011
こちらもお正月に欠かせないものですね。

052
境内の外は勿論の事、平野神社近くまで、露店が並んでいます。
遠くに朱色の大鳥居が見えますね。

036
菅原道真公の命日に当たる今日25日は、神職さんがお詣りさています。

037

参拝される方も多いです。並ぶ方や並ばずに横から参拝の方など
様々です。

043

高校駅伝を応援の為に京都に来られている高校生です。
 「どちらから来られたのですか?」
「和歌山です」
 「京都は寒いでしょ、応援頑張って下さいね」
「寒いです、でも、しっかり応援して来ます」
 「記念に撮らせて下さい」
ポーズ、はい、パチリでした。
 尚、25日は平野神社でも”北山朝市”が行われていました。


「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りしています。
 現在は、特に学問の神様としての信仰篤く、学問に勤しむ多くの学生さん達が参拝に訪れています。
 国宝・本殿は慶長12年(1607)に豊臣秀頼が造営したもので、
八棟造と称され絢爛豪華な桃山建築。
 菅公が殊のほか愛でられた梅と紅葉の名所でもあります。
毎月25日は縁日で、境内には多くの露店が立ち並び賑わいをみせます。
また、この日は宝物殿を特別公開しています。


« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その1) | トップページ | 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
↓の国際会館はいつも宝ヶ池から眺めていました。
こんなに間近に見た?のは初めてです
宝ヶ池から見た建物もユニークですが
ご紹介の写真を拝見して吃驚しています
 グランドプリンスホテル京都は随分前に見ました
久しく見ていませんでした。
円型がユニークですね。
 今日の終い天神さんへお参りされたのですね
冷え込みましたね。
朝、起きた時「絶対に雪が降っている」と思いましたが。
午後は晴れました。
 私はお昼近くにお隣の平野神社へ
北野朝市を見てきました。
勿論、お参りもしました。
 終い天神では、特に写真は撮り難いです。
最近、お店の方も店先にカメラマンが陣取っている?のは
商売の邪魔やと嫌がられます。
 露天だけでは無くて、縁日の日の天神さんの様々な様子を撮られていますが
臨場感が有って素晴らしいと思いました。、

こんばんは (^o^)/
先ほどコスモス様のブログで、平野神社の朝市の様子を拝見しました。
こちらは天神様ですね。
正月用品がズラリ!ますますもって”年の瀬”を感じます。
葉牡丹の寄せ植え、とても素敵ですね。一つ飾るだけで、お正月気分になれそうです。

この年末は、母の術後の世話などでドタバタし、正月準備どころか大掃除さえ、ままならないかもしれません。時間があるときは、このようにコメントさせていただきます。

『終い天神さん』のアップありがとうございました。
この市には行った事がなかったので、気になってました。
市では見て楽しんで買う事はありませんが
雰囲気が好きです。

母校が初出場してから駅伝フアンになりました。
そのため、高校駅伝が終わると新年を迎える区切りとなります。
歳は確実に増え淋しくもあり、嬉しくもあり。

おはようございます
↓の国際開館のご紹介
興味深く拝見しました
私も宝ヶ池からしか眺めた事は有りませんでした
 
 終い天神はやはり冷え込みましたね
大勢の方で賑わった事と思います
私は寒くて今年も行くことなく・・
こちらで昨日の様子を愉しく拝見しています
様々な天神さんの顔、終い天神の縁日の様子
要所要所での撮影素晴らしいです
 道真公の命日は神職さんがお詣りされているのも
高校駅伝の応援の学生さんたちも
この日で無くては撮れなかった光景
タイムーリーに撮られていて、感心しながら拝見しました
 
 ”つれづれ日記”さんの平野神社の北野朝市も拝見しました。
こちらも全く知らずに驚きました。

古都人さん
おはようございます。
国際会館近くから見る比叡山は素晴らしいですね。
天神さんの賑わいいいですねぇ、やはり1年の締めくくりは
こちらで、娘が行きました、大勢の人やったと話していました。
判りやすく写されていて師走の感じがこちらにも
伝わります~
北野朝市ってあるのですかぁ、楽しいでしょうね。
いつもありがとうございます~♪
嬉しいです~

コスモスさんへ
こんにちわ
いよいよ「終い天神」も終わりましたね 後はお正月を迎える
だけですが コスモスさんは今年遣り残したことはありませんでしょうか
今年も今週で終わりですよ
「終い天神」さん いろいろとお店が多くて迷ってしまいました
結局は迎春用品と言うことになりますね
新しい年にはどれだけのものを新調し取り替えられるのでしょうね
新しい漆器のお椀でお雑煮を頂くなんて素敵でしょうね

慕辺未行さんへ
こんにちわ
お母様のご機嫌は如何ですか 手術をされて見え方が大きく変わって
驚かれているでしょう
さて今年も今週だけとなりましたね 
慕辺未行さんはいろいろあって大変でしょう お察し致します
無理をなさらずに 出来る範囲で遣られたら良いと思います
ブログの方も手を抜かれたら良いと思います
お体第一にご無理などなさらない様にお願いします

maetetuさんへ
こんにちわ
ご希望の「終い弘法」でなくて済みませんね
しかしこちらは初めてとのこと 少しほっとしました
東寺の方が面積は広いですが こちら北野さんは狭い
だけにアットホームな雰囲気ですよ
兎に角所狭しとぎっしりとお店が並んでいます
私もこんな市の雰囲気は大好きです 特に何も
買わなくても人ごみに揉まれて見て回るのは楽しいですね
maetetuさんの母校の今年の成績は如何だったのでしょうか

taekoさんへ
こんにちわ
終い弘法と言い 終い天神と言い 兎に角人は凄いですね
しかし時間帯を選べばそうでもないですね
買い物などされる場合は早い方が良いですが
雰囲気を楽しむのなら混雑もまた楽しですね
活気もありますしね
今年も今週のみとなりましたね
taekoさんは迎春準備はばっちりですか
心焦れども中々進まずが年末の状態と言えますね

ムームーさんへ
こんにちわ
今年も今週でお終いとなりましたね
何故か心忙しいことです
特別に何もしなくても新年は遣って来ますが
中々そうも行きませんよね
娘さんが天神さんへ行かれたとのこと 
時間帯によっては大変な人出だったと思います
時には人の波が途切れたりすることがあるのですがね
兎に角京都の人は弘法さんにしろ天神さんにしろ
買い物をしなくても見物に行くのが楽しみなのだと思います

私の知っている北野天満宮と全く違う風景です。

家と職場を行ったり来たりしていると
師走の実感が得られません。
この北野天満宮の賑わいを見て
やっとそわそわしてきました(遅!)

美味しそうなお餅!
お餅好きにはたまらないショットです。

雅美さんへ
お早うございます
貴方様がご存知の北野天満宮とはどう言う風景なんでしょうね
以前お参りに来られているのですね
そうですね お仕事をされていると年末の実感は仕事収めの時まで
沸きませんものね 職場の大掃除をして初めて実感します
私も長くサラリーマン生活をしていましたので同感です
お餅がお好きなようですね 私も同じくです
どんな食べ方をしても美味しいですからね
食べ過ぎて・・・に気を付けましょう お互いに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43492820

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・北野天満宮の「終い天神」:

» 迎春へ熱気 北野天満宮で終い天神 [ローカルニュースの旅]
京都の1年を締めくくる縁日「終い天神」が12月25日、北野天満宮であった。冷たい風が吹く中、露店が所狭しと軒を連ね、正月用品などの買い物客や参拝者で境内は熱気に包まれた。 [続きを読む]

« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その1) | トップページ | 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) »