2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 雨の嵯峨野を歩く | トップページ | 京の表鬼門と裏鬼門を訪ねて歩く »

2011年12月21日 (水)

2011・秋の京都のまち中を歩く (その7)

「2011・秋の京都のまち中を歩く」も、回を重ねて7回目となりました。
もうそろそろ終わりとしなければ、皆様に飽きられそうと思いつつ、
記事を書いています。

 「梅小路公園」まで遣って来ましたが、ここでは何と言っても話題の「京都水族館」ですね。
開館は、平成24年3月14日と決まったそうです。
 その建物の一部が、外からも見えます。

Img_4223a
オリックス不動産が土地を京都市から借り受けて造っているものです。
地上3階建て、延べ床面積は約1万1千平方m、使用水量約3千トンとのことです。
入館料は大人で2千円だそうです。

Img_4228a
公園内の一風景です。おじさんが、お食事中の様です。
秋景色一杯です。

 「梅小路公園」を後にして、「七条通」を東に向かいます。
そして「河原町通」を北上して「五条通」まで来ました。
 「五条河原町」から「五条大橋」へ。
 その手前(橋の西北畔)にあったのが、これです。
言わずと知れた五条の橋の上で戦う「牛若と弁慶」の石像です。

Img_4255a

Img_4258a_2

鴨川に架かる「五条大橋」です。橋の西北畔から撮りました。
遠くの山並みは「東山連峰」です。

Img_4267a

鴨川に架かる「四条大橋」(左手)や今「顔見世興行」が催されている「南座」(右手)が見えます。遠くには「比叡山」も見えます。

 最後に、この人をご存知でしょうか。

Img_4291a

名前が台座に刻まれていますから、名前は判った。ではどう言う人で、ここで何をしているのですか?なお、台座の字は「東郷平八郎」の揮毫によるものです。
「東郷平八郎」って誰?

では、まず「高山彦九郎正之」とは?幕末の勤皇の志が特に篤かった人で、ここ三条大橋の畔から京都御所に向かって遥拝をしているところです。

次に「東郷平八郎」とは?明治38年の日露の日本海大海戦における連合艦隊司令長官だった人で、海戦に勝利を収めました。
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」では、渡 哲也さんが東郷役を演じていますね。

 ゴールの「三条京阪」前に到着です。
スタートが9時15分、ゴールは13時丁度でした。
長らくお付き合いを頂きまして、有難うございました。

尚、ここまでの”2011・秋の京都のまち中を歩く”は
 (その1)(その2)(その3)(その4(その5)(その6)をご紹介しています。

« 雨の嵯峨野を歩く | トップページ | 京の表鬼門と裏鬼門を訪ねて歩く »

地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43377237

この記事へのトラックバック一覧です: 2011・秋の京都のまち中を歩く (その7):

« 雨の嵯峨野を歩く | トップページ | 京の表鬼門と裏鬼門を訪ねて歩く »