2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) | トップページ | 京都・嵐山・冬景色 »

2011年12月27日 (火)

初冬の宝ケ池と国際会館 (その3)

その2)の続きです。 
「宝ケ池」を周遊しつつ、池の様子や会館の遠景を望見しました。

Img_4518a
 太陽が少し西に傾きかけていました。
池面に、その光がキラキラと輝いています。

Img_4527a
何故かここに鳥達が集まっていました。

Img_4535a
少し離れたところには、一羽自己主張するのがいました。
しばしこの格好で、時々羽根を揺らしていました。

Img_4552a
 会館の本体のほぼ全景です。
敷地内にも庭園があるようですが、
周辺も自然一杯の場所に、この会館は建てられています。

Img_4551a
 池の畔に建てられている像です。
3頭の馬が、それぞれ違った形で、躍動的に造られています。
 タイトルは「エスタンビーダ」とのこと。
京都市と姉妹提携しているグァダラハラ市から1990年10月に贈られたものだそうです。
作者は、ホルヘ・デ・ラ・ペーニャ氏とのこと。

 初冬の「宝ケ池」とその近くにある「国立京都国際会館」を、
ご紹介しました。
 如何だったでしょうか。
機会がありましたら、是非一度お訪ねくださいませ。
きっとご満足頂けるものと思います。

« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) | トップページ | 京都・嵐山・冬景色 »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 こんばんは(*^。^*)
京都国際会館を丁寧な説明と共に色々な角度・方向からのご紹介に
改めてその素晴らしさを実感しました。
 宝ヶ池を背景にしての国際会館も、
反対に国際会館を背景にして宝ヶ池
とちらにもプラスになっているのでは無いでしょうか

今回のシリーズもとても楽しいでした。
今まで何となく眺めていた国際会館でしたが
私自身の見方が変わったように思います。
 宝ヶ池は四季に愉しみ方が有りますね
冬は敬遠していましたが
これからは冬も夏も、国際会館と共に眺めてみたいと
そんな事を思っています
 自己主張している青い鳥、上手く撮れましたね(#^.^#)

おはようございます
 3回に分けての国際会館のご紹介
国際会館に対しての認識が変わったように思います
 
古都人さまのブログを参考にゆっくり
訪ねてみたい、色々な方向から眺めてみたいと思いました
特に建物に近づいてジックリ観察?したいです
 
初冬の宝ケ池、池面にキラキラ光る太陽
紅葉も残っているのでしょうか?
素晴らしいですね
 宝ヶ池の散策の愉しみの一つは、やはり多くの鳥さんに会えることですね
悠々と長閑な姿に憩いを感じます
青い鳥の名前は?
見事に姿をキャッチされましたね
素晴らしいです
 
池面に映る国際会館
これが私の知っている、知っていた姿ですが
正しく雄姿そのものの気がします
 自然いっぱいの場所に建てられた国際会館
多くの方に知って欲しい場所です
 エスタンビーダのタイトルの像ですが
この場所には少し・・・?と
思って見ていましたが、お写真で拝見すると
躍動感の有る素晴らしい像ですね
 

古都人さん
いつもありがとうございます。
国際会館あたりの風情ある景色素晴らしいですねぇ~
オシドリと鴨にカワウでしょうかぁ、ここにオシドリが
いるのは知らなかったです、見に行きたいですわぁ。
比叡山が見えていい所ですね。
美しい景色と鳥さんたちを見せていただいてにっこりです。

コスモスさんへ
こんばんわ
今年も残り少なくなると共に冬本番で毎日寒い日が続きますね
そんな中での宝ケ池と国際会館周辺の散策はひと時寒さを忘れ
させるものでした
静寂ながらも明るい宝ケ池と幾何学的デザインの国際会館
大変良いコンビネーションではないでしょうか
国際会館をもっと一般にも開放して(勿論無料で)観光スポットとして
PRすれば良いのになあと思います

taekoさんへ
こんばんわ
仰る通り宝ケ池は自然一杯の心癒される場所ですね
四季を通じても大変に素敵な場所だと思います
国際会館の方は唯大きな会議場と言うことで一般には
馴染みが薄いと思います
もっとPRして多くの人に知って貰い来て貰うようにしたら良いのにと
思います
会館の中にも素敵な庭園がある様ですので是非とも一般に
開放して欲しいものだと思います
池の傍に建っている像は私も初めて見た時は不気味な感じを
受けましたがよくよく見ますとそうでもない気がして来ました

ムームーさんへ
こんばんわ
宝ケ池は静かで明るい大変良い環境・雰囲気の場所ですね
また国際会館もデザインはやや奇抜ですがモダンな感じですし
こちらも雰囲気を持ったエリアと言えますね
ロケーションも地下鉄の終点でエレベーターもエスカレーターも
上手く利用すれば繋がりますし大変行き易いと思います
国際会館は一般の見学は不可の様ですが可能な限り開放
して頂けばもっと多くの人達の関心を呼ぶのではないかと
感じました

宝ヶ池は秋に偶然に訪れた事があります。
こんなきれいなところがきれいなままで
おまけに生活に溶け込んで存在していることに感動しました。

ここから眺める比叡山も圧巻です。

国際会館は一度研修で利用したことがありますが
大きなホールがいくつもあり
迷宮のような階段があり
うろうろするだけでも楽しかったです。

京都は日ごとに寒くなっているのでしょうね。

丁寧なコメントのお返事、とても嬉しいです。


雅美さんへ
こんにちわ
ここ宝ケ池に秋にお出でになつたとのこと
紅葉の頃だったのでしうか
色々な木々がありますから紅葉も一際綺麗だったのではないでしょうか
研修で国際会館にも来られたとの事
お仕事ばりばりの方の様ですね
私も一度だけ仕事ではなく現役を退いてから
防災の話をここで聴いたことがありますが中をうろうろする
時間がなくて内部は全く知らないのです
現在一般の見学は不可ですので見学が出来る様になれば
良いのになあと思っています
京都も冬本番です 朝は0~3度位 日中は10度前後です
底冷えする京都はこれからが辛いところです
もう2度も雪が降りました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43461039

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の宝ケ池と国際会館 (その3):

« 初冬の宝ケ池と国際会館 (その2) | トップページ | 京都・嵐山・冬景色 »