2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 国文祭・京都2011・オープニンパレード (その1) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その3) »

2011年11月 1日 (火)

国文祭・京都2011オープニングパレード (その4)

 ↑からの続きです。 

国文祭オープニングパレードも、大詰めを迎えようとしています。
 国際交流と言うことで、外国の7団体の皆さんが参加されています。

Img_3505a
始めは、中国です。
大阪府立成美高校の中国文化春暁倶楽部の皆さんです。
その後ろに、中国・陜西省国画院の方々が続いています。

Img_3511a
イギリス・スコットランド民族舞踊・民謡団の皆さんです。
バグパイプの楽器と男性のスカート姿が独特ですね。

Img_3514a
続いて、ロシア・レニングラード州の民族舞踊・民謡団の皆さんです。
笑顔一杯の皆さんです。

Img_3519a
インドネシアのジョクジャカルタ王宮舞踊団の皆さんです。

Img_3523a
アメリカはオクラホマ大学生ブライバンド・バレエ混成団です。
右手に一人見えるのがブラスバンドの最後の人で、
整然と行進する大編成のブラスバンドでした。

Img_3527a
統一旗を掲げて、コリアンサロン「めあり」の皆さんです。
太鼓の音が、一際高らかに響いていました。

 その他、マレーシア民族舞踊団「チンタ・サヤン」も参加されていました。

いよいよパレードも最後です。
 京炎 そでふれ!大演舞隊の登場です。
300人の迫力満点の大集団が、若さを思い切り爆発させます。

Img_3543a
リーダーの掛け声に、大きく一斉に応える皆さんです。
これから踊りが始まります。

Img_3546a
踊りながら、走りながらのダイナミックなパワーに圧倒されます。
最後ですから、大分予定より遅れている筈ですが・・・。

Img_3570a
黒色の衣装が、一瞬にして赤に変化、観客からどよめきの声が・・・。

Img_3571a
ゴールも間近です。若さで頑張って!

 参加の皆さん、大変お疲れ様でした。十二分に楽しませて頂きました。
有難うございました。
 こちらも足が変になっています。午後1時半を過ぎています。

 今日10月29日から11月6日まで、京都府下各地で、色々な文化行事が開催されます。

 最後に、第26回・国民文化祭・京都2011のテーマは
   こころを整える~文化発心(ほっしん)
                               です。

« 国文祭・京都2011・オープニンパレード (その1) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その3) »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます(^・^)
私も国民文化祭の続きですが
昨日のブログを拝見して
きっと丁寧に作られているだろうと思い
無断でリンクを貼らせて戴きました。
そしてやはりそのとおりでした
私はどの写真がとれか?
整理していて、ゴッチャになりました。
結局疲れて・・・便乗させて戴きました。
結論はやはり私は正解でした。
私はこのようにはとても作れません。
改めて国民文化祭の都大路オープンパレードの素晴らしさに
感動しました。
ありがとうございます。

コスモスさんへ
お早うございます
国文祭のオープニングパレードの凄さには驚きの連続でしたね
これだけのパワーがあれば東日本大震災の復旧・復興も必ずや
成功すると確信しました
但し政治家の皆さんの一心同体の努力が欠かせないと思いますね
何時も思うのですが「まつり」の撮影の難しさですね
ついつい沢山撮ってしまいますものね
このパレードの様に次から次へといろんなパホーマンスが登場すると
釣られてしまいます

古都人さん
こんにちは~
こんなに大勢の国の参加がある素晴らしいパレードなん
ですねぇ。
知らないことばかりですわ、勿体無いことをしてましたわ。
外国の方々の参加も素晴らしい~

躍動感に溢れた大演舞隊300人も踊られてるのですかぁ~
まとめるのが大変でしょうね。
素晴らしい演舞見ごたえがありますね。
こういう風に写すのは難しいですねぇ~
でも素敵な画面になってますわぁ~♪
見せて頂いてありがとうございます。

むーむーさんへ
こんにちわ そうなんです むーむーさんは勿体無いことをされましたね
やや体力勝負ですが 一度にこれだけのパホーマンスが それも無料で
見られるなんて!
京都は国際的にも知名度が高いと思いますので外国の方も積極的に
参加されたのではないでしょうか
写真の方は最前列で地べたに座り込んでの作業でしたので
割合に撮り易かったですよ
もっとも開始1時間前には陣取りしていましたがね

京都は、静か~な 街と思っていましたが お祭りの時は、日頃の反動でしょうか
凄いパレードですね 熱気が、伝わって来ます カメラ持っていても 舞い上がってしまいそうです
私でしたら撮れないでしょうね 
毎年あるのでしょうか? 
黒衣が一瞬に赤  黒衣 これは、留袖を、使ってありますね 
日本の、第一礼装の、留袖をリメークして、 ユニホームに使ってます きっと、正絹の 手触り 肌触りの素晴しさを、若い方達は、気付かれたと思います 心は、きっと凛としこの祭りに礼節を込めてあるのですね 

こんばんは (^o^)/
国民文化祭、1から4まで拝見させていただきました。
パレードのトップ、さすが”京都”ですね。祇園祭の”鉾”のイメージですね。そして舞妓さんや京踊り子連・・・、そして全国各地に伝わるお祭りが一堂に会したような、いやそれだけでなく海外からも・・・!
名古屋では毎年”ど真ん中祭り”というイベントが開催されます。こちらは踊り好きな一般の人々が、グループ参加しパフォーマンスを競い合います。参加者は日本中はもとより海外からの参加者もいます。
後半のパレードを見て、「ど真ん中祭りと少し似ている」と感じました。
それにしても、きっと長い時間見学されていたのでは?お疲れさまでした。
そして何よりたくさんの写真と解説、とても分かりやすく、その場で見ているような気分になりました。

ばーぱんさんへ
お早うございます
日頃はお淑やかな京都市民ですが この様な時にはやるんです
と言いましても こんな凄い事は 実は大学の町・京都にある各大学生の
皆さんの努力によるものなのです
京都の各大学生の皆さんは地域に密着して日々活動しておられます
そんな日々の成果の一つだと思っております
また着物の京都ですから素材には事欠きません
常に着物などの累積があるのでないでしょうか

慕辺未行さんへ
お早うございます
「ど真ん中まつり」耳にしたことはありますが 未だ見た事はありません
愛知県または岐阜県辺りのイベントでしょうか
一度見てみたいものです
お祭りやイベントなどは見るものの方も結構疲れますね
正に体力勝負です 特に祇園祭は暑さが加わりますから
さらに大変ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42769777

この記事へのトラックバック一覧です: 国文祭・京都2011オープニングパレード (その4):

« 国文祭・京都2011・オープニンパレード (その1) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その3) »