2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 祇園祭の大船鉾の骨組みを見る | トップページ | ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) »

2011年11月11日 (金)

ぶらりあるき 淀から伏見まで (その1)

 私鉄の歩きの会に参加して「ぶらりあるき」を楽しみました。
京都市伏見区淀本町から、同区内の伏見港公園までの約10Kmのコースです。
 結局は伏見区内を歩いた事になりますが、伏見区は大変広いです。

 淀城跡と近くの與杼神社(よどじんじゃ)からスタートです。

Img_2855a
皆さん歩きの安全を祈願して、お参りされていました。


「與杼神社」の隣に「淀城跡」はあります。

Img_2871a_2
淀城の最後の藩主は、稲葉氏(当時は老中でした)です。
その子孫の方の書による石碑です。
稲葉氏と言えば、春日局ゆかりの氏族ですね。

Img_2868a
淀城の天守台跡ですが、中に入ることは出来ません。

Img_2876a
城跡の西側の堀です。

Img_2877a
「納所」=”のうそ”と読みますが、「京街道」の交差点です。
向こうに進むと京都の中心部(洛中)に行くことが出来ます。

Img_2906a

やがて宇治川沿いの道(堤防)に出ます。
見える橋は「宇治川大橋」ですが、八幡市と京都市とを結ぶ大橋です。
左側には、京阪電車本線が走っています。

 この後、伏見の皆さまがよくご存知の有名な場所も歩きます。
さて、何処でしょうね。

« 祇園祭の大船鉾の骨組みを見る | トップページ | ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます(^・^)
私も京都市内は比較的よく歩きますが(当たり前かも知れませんね(';'))
伏見区はあまり歩いたことが無いと思います。
今日ご紹介の場所は殆ど知りませんね。
上から順番に拝見していますが
私には歴史散歩の時間のようで、興味深く拝見しています。
学ばせて戴いています。
特に淀城跡は訪れてみたい城址です。

 何処の城址を訪れても、お堀でお城を想像します。
例えば〇〇碑と書かれていても、実態が解り辛いです。
お堀を見て初めてお城が有ったのだと実感します。
お城の大きさも解るような気がします

 宇治川は好きな川ですが、お天気は悪く変わったのでしょうか?
↑の写真に比べて風景が何となく霞んで見えますが・・・

 明日の伏見区は何処のご紹介か
楽しみにしていますヽ(^o^)丿

おはようございます
 淀城跡へは個人的にですが、2回訪れました。
「與杼神社」もお参りしたような・・・?
残念ながら、覚えていません。
 お城大好き、城址に歴史を思い、当時の様子を思い描くことが好きです。
懐かしく拝見しています。
ここは訪れる方も少なく落ち着く場所ですね。

 納所は「のうそ」と読むのですね。
私は「のうしょ」と言っていました。
こんなことは今始まったことでは有りませんが
恥ずかしいことです。

宇治川の堤防もゆったり流れる川の流れを見ながら
ゆっくり散策も好きです。
何時も、♪川の流れのように”をくちずさみながら歩いています。

 皆が知っている伏見、何処でしょうか?
愉しみに伺います。

コスモスさんへ
こんにちわ
お城跡の何処を見てお城の実感が沸くか 個人差があるでしょうね
お城と言えば石垣 そしてその下に広がるお堀が代表的なものでしょうね
大きなお城跡ならば 天守台や天守閣となりますが これはお城の歴史
との係わりで一概には言えませんね
当日の天気は暖かい陽気でしたので 遠くは霞んでいたのではないかと
思います 後程の写真では青空が写っていますから・・・

taekoさんへ
淀城跡には行っておられるのですね
小さなお城ですが幕末には歴史的な出来事があったところです
鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗走した時 淀城に入ろうとしたら
入城を拒否されたのです 当時城主はここには居ませんでした
と言うのは幕府の老中だつたので江戸にいました
幕府軍にとってはショックだったと思います
淀城はもう一つありました 豊臣秀吉の淀の方の城です
ここの城跡から少し離れたところにあったそうです

古都人さん
こんばんは、淀城の近くに知り合いがいます、何度か通行
しましたが、こんな風に見た事がありません、素敵ですねぇ。
伏見も多くの歴史があるところですね。
私も最近は行く機会が少ないですわぁ。
電車から見える宇治川は大好きです。
検査のことに温かいコメントをいただきましてありがとうございます。
お陰さまで無事にクリア致しました。

本当に羨ましいです 身近に沢山の歴史が、古都人様を待っていますね
私は、家で、お勉強させて頂きます 。

コスモス様に、どうしても 一言 お願い致します。

かずら橋 怖かったでしょうね ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ
笑ってはいけないと、思いつつ 笑いながら拝見致しました 私は、絶対駄目です 足が、竦んで すみません すくむは、どの漢字だったか? フフ 人の災難を笑ってはいけませんが 本当に想像して自分と重ね 大笑いして拝見致しました。 

ムームーさんへ
検査の結果 無事クリアとのこと 良かったですね 
淀城跡は 高架になる前の京阪電車の淀駅からは直ぐ目の前に見えましたが
高架になってからは駅の位置が変わって多分見えないだろうと思います
伏見は本当に区域が広いです 醍醐や六地蔵近くから淀など広くて
歴史のある区ですね

ばーぱんさんへ
こんばんわ
かずら橋のこと コスモスさんに伝えておきますから
「すくむ」は「竦む」に変換されました それ以外は無かったので
良いのではないかと思います

こんばんは
淀城というお城があったのですね?!古代史以外の日本史は全く苦手な私は、稲葉氏は「?」春日局も実はほとんど分からないのです (^_^;;!
『納所』で”のうそ”と読むのですか?学生時代の先輩に、これと同じ漢字の名字の人がいました。その先輩の名字は『納所』と書いて”なっしょ”さんでした。

慕辺未行さんへ
こんばんわ
淀は京と大坂とを結ぶ交通の要衝ですので城が設けられたものと思います
稲葉氏は元は美濃の出で確か斉藤氏の家臣の一人だったと思います
「納所」は難読地名の1つです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42956126

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらりあるき 淀から伏見まで (その1):

« 祇園祭の大船鉾の骨組みを見る | トップページ | ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) »