2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 「京都・上賀茂神社の鎧着初式」 | トップページ | 京都・上賀茂神社での「鎧着初式」を拝見する(その2) »

2011年11月28日 (月)

2011年京都・上賀茂神社での「鎧着初式」を拝見する(その1)

 毎年11月23日に上賀茂神社で行われている「※鎧着初式」(よろいきぞめしき)を拝見ました。
 「鎧着初式」の式次第は、概ね次の様です。
上賀茂神社の「北神饌所」(行屋)で、全員が鎧・兜を身に付けた後、
隊列を組んで、一の鳥居に向かいます。
 一の鳥居から、隊列を整えてから、参道を歩いて本殿に向かいます。
 (ここまでは、昨年の記事にあった通りです)
今年の参加者は、3~12才の14人の子供達を含め、総勢39人でした。
地元紙の報道によると今年で4回目だそうです。

Img_3995a
隊列は、楼門を潜って本殿に向かいます。
境内の木々も色付き始めていました。

Img_4080a

全員が本殿でお参りを済ませ、「鎧着初式」が行われる「土屋」↑に
参集します。
 ここでは神職による神事が行われてから、
いよいよ本番の「鎧着初式」です。
 この建物は重文指定されているもので、
寛永5(1628)年に造替されています。
「土屋」は、神主以下の神司の着到殿とのことです。

Img_3998a
式は、この前で執り行われます。ずらりと兜が並んでいます。

Img_4033a
神職による祝詞奏上です。

Img_4034a
巫女さんによる御祓いを受けているところです。
軽やかな鈴の音が、皆さんの頭の上を通ります。

Img_4043a
鉢巻を締めていた小さな女の子に、鉢巻を外して烏帽子を被せているところですが、撮影位置が悪くて見えませんでした。
 主宰者の方が被せ、手前の女性が紐を結んで上げるのです。
烏帽子を被せて貰ったのは、子供達ばかりで約10人近くいました。

Img_4059a
次に、烏帽子姿の男の子に、兜を授ける儀式です。
今正に、兜を被せる瞬間です。

Img_4061a
兜を授けられて、緊張と安堵の瞬間です。
兜を授けられた男の子も10人近くいました。
 ※烏帽子や兜を授ける儀式は、平安・鎌倉時代に武士が元服や鎧を新調した時に行った儀式だそうです。
 この後、兜を授かった男の子の代表が、神前で誓いの言葉を読み上げて式は終了しました。

 次回は、この「鎧着初式」でのスナップ写真をご紹介します。

« 「京都・上賀茂神社の鎧着初式」 | トップページ | 京都・上賀茂神社での「鎧着初式」を拝見する(その2) »

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます!(^^)!
私は昨年紅葉を見に行って偶然この行事に会いました。
 でも、今日ご紹介の鎧着初式は知らなくて、
準備をされている所から隊列を整えて
紅葉の中の参道を歩いて本殿に向かわれるまでしか、見ていません。
勿論、重文指定の「土屋」も見たことは有りませんが
ここは何時でも見る事が出来るのですか?

 鎧着初式なるものが有ったのですね。
古式に則った厳粛なもので驚いています。
「平安・鎌倉時代に武士が元服や鎧を新調した時に行った行事」とのことですが、
どうして上賀茂神社で行われるようになったのか
それも4回目とのことですが経緯が知りたいと思いました。

それにしても古都人さんは何でも良くご存じで
いつも感心しています(#^.^#)
 スナップ写真も楽しみに拝見させて戴きます。

 おはようございます
今日ご紹介の上賀茂神社でこのうよな儀式が有ることを
今まで知らずにいました。
今年で4回目とのことなので、知らないのは当然と言えるかも知れませんが・・・・

皆さん、煌びやかな凛々しい姿ですね
1枚目の写真はまるで時代絵巻のように思えます。
と、書きましたが、鎧着初式は、厳粛な雰囲気の中で行われる儀式なのですね。
皆さんのお顔の緊張したようすに感動しています。

お写真ですが、タイムリーに撮られていて
儀式の流れも良く解りそして、とても臨場感が有ります。

平安・鎌倉時代に武士が元服や鎧を新調した時に行った行事との事ですが
今もこうして再現されていることに感銘を受けました。

ご紹介、ありがとうございます。

コスモスさんへ
お早うございます
「土屋」は判り易いところに建っていますよ 多分コスモスさんは見ていると
思います 重文ですが普通の建物でした
上賀茂神社で何故「鎧着初式」が行われる様になったかは判りませんが
多分「七五三」とか「元服式」の感覚かと推測します
それなりのご神饌は上げられているのではないでしょうか

taekoさんへ
お早うございます
そうなのです 「鎧着初式」は拝見している方も厳粛な気持ちになる
立派な式でした 子供達もきちんと威儀を正して参列していました
趣味的に遣っておられる手作りの鎧や兜造りの域を越えていますね

こんばんわ
最近は、京都の行事が、テレビで流れています ブログと同じ光景や内容に見とれてしまいます

 この鎧着初式 とても凛々しいですね 此方では、十二単の着付け式が、毎年抽選で、数名行われて

います テレビで、映されます 何処も同じですが、賑わってます。

こんばんは (o^-^o)!
紅葉の下での武者行列が、とても絵になっていますね。
身につけている鎧も兜も衣装もすべて手作りとは、驚きました。
参加者ご自身が作られただけに、皆の表情がとても誇らしげに見えます。
私も一度、鎧・兜を身につけて戦国武将気分を味わってみたいです。
今は20才で成人式を迎えますが、昔の元服は15才ぐらいで行われたのでしょうね。
古都・京都らしいお祭り、まだ4回目とのことですが、これからもずっと続き根付くといいですね。

古都人さん
おはようございます。
いつも温かい言葉をいただきましてありがとうございます。
上賀茂神社でこのような事が行われていたのですね、
古式にのっとって行われてて素晴らしいことですね。
鎧や兜の姿は昔を忍ばせてくれますね。
見せていただいてありがとうございます。

ばーぱんさんへ
お早うございます
最近は昔遣っていた行事が一時廃れていたものが復興された
と言うニュースを時々耳にすることがありますね
良い事ですよね 復興するには人知れず苦労されている方々が
おられると思いますが それが成功した喜びも一入かと思います
今回ご紹介した行事はまだ4回目とのことですが
ここまでに育て上げるためのご苦労はもっともっと長く深いものが
あったた゜ろうと拝察します

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですよね この様な貴重な行事は 何時までも続けて欲しいと
心から願うものです 実際に行事開催までのご苦労は大変だと
思いますが・・・ 陰ながら応援したいと思いました
この式に参加している子供達の自信ある表情に感動しました

ムームーさんへ
お早うございます
この様な式が拝見出来て大変良かったと思っています
毎年ここまでに持って来られた会の人達の並々ならぬ
ご苦労が見る者の心を打ちます
子供達も悪ふざけする子は一人もいなくて 皆真剣に
式に参加していました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/43116578

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年京都・上賀茂神社での「鎧着初式」を拝見する(その1):

« 「京都・上賀茂神社の鎧着初式」 | トップページ | 京都・上賀茂神社での「鎧着初式」を拝見する(その2) »