2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) | トップページ | 今秋の京都御所・一般公開の番外編(障壁画など) »

2011年11月13日 (日)

11月2日朝の植物園(3・菊花展)

 噴水で涼を撮って(取って)から開催中の菊花展に向かいます。

148
展示されている菊は、丹精込めて育てておられる方たちの作品です。


149_2

どの花も見事で写真を撮るのに目移りがしました。


146

この日は菊の花のコンテストも行われていましたが、
さて、どの花が受賞したのでしょか?
決めるのに難しかったと思います。


160
見事な懸崖菊です。
多くの方たちの「綺麗やなあ」「見事やなあ」の賞賛の声です。


157
これはクジャクが羽根を広げたように作られています。
珍しいですね。

 
166
そして、この日の主人公?菊の花で飾られた「まゆまろ」君です。
剽軽で、嬉しそうな姿に、大人も子供も一緒に記念撮影をされていました。

« ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) | トップページ | 今秋の京都御所・一般公開の番外編(障壁画など) »

京都府立植物園」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます!(^^)!
植物園で菊花展をされていたのですね
すっかり忘れていましたが
毎年されていますね
今年は見損なって残念でしたが、ここで拝見出来て好かったです
 それにしても愛好家の皆さんが丹精込めて育てられた菊の花
どれも綺麗で見事にですが
懸崖菊と、クジャクが羽根を広げたような姿、これは特に素晴らしいです

 人気者のまゆまろ君も愛嬌が有りますね。
何方が作られたのしょうか?

二条城の菊花展は今日までと聞いています
 朝から行こうと今!決心しました!(^^)!

古都人さん
おはようございます。
美しい~華麗な菊たちが競い合っていますね。
私は北門近くだけで帰りましたから、こんなに
素敵なお花たちに出会えていません。
存在感がありますねぇ~素敵ですわぁ。

おはようございます
 見事に育てておられる菊の花
いつも思いますが、これも一つの芸術品と言えるのではないでしょうか?
クジャクが羽根を広げたような
どのようして作られたのか興味が有ります

叔父も懸崖菊を二鉢育てています
まるで子供を育てるように慈しんで(*^。^*)
愛情が無ければ出来ませんね

まゆまろ君、可愛いですね。
もっと有名になって欲しいです
京都人としては・・・・ 
 毎朝、何を拝見できるのか楽しみです
拙いコメントしか残せませんが

コスモスさんへ
菊花展を見ると何時も思うのですがこんなに立派な菊を作り育てる
苦労は大変なものだろうと 
本来菊と言う植物が持っている凄さをうまく引き出す手入れ方法
全くの素人の私には想像も付きません
菊の茎の高さをそれなりの形にしたり色の配分を上手く配置したりと
また咲く時期のタイミングの取り方 展示会に合わせるタイミングも
考えれば考える程大変さが良く判りますね

ムームーさんへ
お早うございます
菊と言う植物は何故こんなに豪華な植物になったのでしょうね
菊の栽培は何時ごろから始まったのか知りませんが
永い年月を掛けて先人達が苦労してここまで育てられたのでしょうね
バラなど他の植物でも人の手による交配・植栽が続けられた賜物と思いました

taekoさんへ
お早うございます
芸術品 私も同感です 
菊に対する凄い愛着心がなくては実現しないものですね
菊花展を見る度に菊の持つ素晴らしさに圧倒されてしまいます
「まゆまろ」君は今回の国文祭のキャラクターですが
今後も使って行くのか未だ聞いておりません
折角全国展開で売り出したのですから継続して使って行けば良いのでは
ないかと私は思います

菊作り、菊見る頃は影の人?だったかな。
娘が嫁ぐ時、手塩にかけてないので、
このようには思われないだろうな。

菊を見ると、まずこう思っちゃいます。

maetetuさんへ
こんばんわ
お付き合いさせて頂きまだ日が浅いので貴方様のこと
まだ良く存じ上げていませんが
頂いたコメントから察するに娘さんを嫁がせたお父さんと
拝察しました その父の気持ちを述べておられると思いました
菊作り云々の句は私は浅学につき判りません
菊を見て父しとしての感慨 良く判ります

こんばんわ
見事ですね
菊の一本立ちを仕立てるのは、難しい事で花に、掛かりっきりだそうですね
どの菊も作者さんの、心血注がれた賜物でしょうね 素晴しい美しさです 着物の柄に良く使われますよね 絵にも残したい 美しさなのですね 
孔雀の菊初めて拝見いたしました 全てが、美意識の創りだす物 
懸崖菊も、これだけ花を咲き揃わせる この日に合わせて 本当に、合掌の思いです。
感激の菊花展でした。
追記
3枚目の白い花火のような菊 この図柄で、ピンクの菊柄の着物を、母が、どうしても着せたいと作ってくれまして、想い出の花びらでした。

こんばんは (^o^)/
菊花展や菊人形展は、この季節の風物詩の一つでもありますね。
どの菊の花も見事です。育てられた方々の心が伝わって来ます。
菊と言いましても、本当に種類が多く、花の形・姿も様々ですね。
クジャクの羽根のように作られたもの、アイデアが素晴らしいです (゚o゚)オォッ!
お花もこのように飾られると、嬉しいでしょうね。

ばーぱんさんへ
お早うございます
そうですか あの花びらがぱっと広がっているのがばーぱんさんの
想い出でのお着物の柄なんですね お母様のお気に入りの柄なのですね
着物の柄として合う様な気がしました
菊花展お楽しみ頂いて嬉しいです

慕辺未行さんへ
お早うございます
本当にそうですね 菊と言っても大変種類が多いようですね
小さい菊も可愛くて良いですし 大輪の菊も豪華で見応えがありますね
野菊の如き君なりき とか言った菊も魅力的です
菊の花も秘伝のものもあるとか聞きました
昔から多くの人に愛された花ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42870654

この記事へのトラックバック一覧です: 11月2日朝の植物園(3・菊花展):

« ぶらりあるき 淀から伏見まで (その2) | トップページ | 今秋の京都御所・一般公開の番外編(障壁画など) »