2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 亀岡コスモス園・ほのぼの案山子たち | トップページ | みどりの散策ツア~地蔵院から旧山陰街道・そのⅡ »

2011年10月20日 (木)

みどりの散策ツア~地蔵院から旧山陰街道・そのⅠ

  「みどりの散策ツァー~古代の史跡と竹林が残る町、西京を歩く~」に参加しました。
 
阪急嵐山線「上桂駅」~地蔵院(竹の寺)~天皇の杜古墳~旧山陰街道~阪急京都線「桂駅」までの約9.3キロを歩きました。
(地蔵院~山口家住宅。天皇の杜古墳~旧山陰街道)と2回に分けて、
ご紹介します。

Img_2175
 まず、竹林の美しさで知られる臨済宗の寺院・地蔵院です。
幼少の頃、近くに生家の有った、一休禅師が修行の場としていた寺としても知られています。
Img_2176_2
境内は参道が山に向かって、その途中には総門が有ります。

Img_2179
参道の奥には3間の本堂が東に面して、その北方には方丈、
庫裏などが建っています。写真撮影はここまでです。
                                             

 今回、ご住職のお話を聞くことが出来ました。
地蔵院を建立した細川頼之の話ですが、
 そもそも細川家は源氏の1つ足利氏の流れです。
地蔵院を建立した細川頼之の子孫に、応仁の乱の東軍の大将であり、
龍安寺を建てた細川勝元がいますが、この流れはその後断絶します。
 頼之の弟の頼有の流れに織田信長に仕えた細川藤孝(幽斎)がいます。
幽斎は南禅寺塔頭天授庵にその像(重文)があり、
お墓(左下のお堂の写真)もあります。
 幽斎はその子の忠興(三斎)と共に肥後熊本50万石の基礎を築きました。
その流れには現在に繋がり、元首相の細川護煕氏と繋がっています。
 元首相は時に地蔵院の頼之の墓に詣でられて居られたと聞きました。

Img_2184
お墓は、開山のお墓にならって自然石を使った、権力者のお墓にしてはとても粗末なもので驚きました。

 地蔵院を後にして、浄住寺(じょうじゅうじ)へ向います。
ここは、お寺の方から「宣伝して欲しくない」旨のお言葉が有りましたのて゛、写真だけご覧ください。
Img_2189_2

  写真でもお解かり頂けると思いますが、東西にのびる参道には高低差があって途中に石段が有ります。
 参道の両側には樹木が生い茂り、ここを歩いていると、
爽やかな風が汗ばんだ肌に気持が好いです。 

Img_2192

次は代々庄屋を営んでいた、「山口家住宅」へ向います。
とは言ってもここは生活されていますので、
外から長屋門を撮影するだけです。
Img_2196

Img_2198
ここの3棟の建物が国登録有形文化財(建造物)となっています。
大型の長屋門で江戸後期に造られ、入母屋造、茅葺です。
旧家の表門ですが、豪壮で風格の有る構えです。
 
 これから歴史の感じられる旧山陰街道に向かって歩きます。

 

« 亀岡コスモス園・ほのぼの案山子たち | トップページ | みどりの散策ツア~地蔵院から旧山陰街道・そのⅡ »

地域 歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42418563

この記事へのトラックバック一覧です: みどりの散策ツア~地蔵院から旧山陰街道・そのⅠ:

« 亀岡コスモス園・ほのぼの案山子たち | トップページ | みどりの散策ツア~地蔵院から旧山陰街道・そのⅡ »