2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・西陣を歩く | トップページ | 北野天満宮「ずいき祭」神幸祭アラカルト(1) »

2011年10月 2日 (日)

京都・北野天満宮・瑞饋神輿

 今回は「瑞饋祭」の主役・「瑞饋神輿」について、詳しくご紹介させて頂きます。 
 なお、瑞饋神輿の歴史などについては最後にご紹介します。
取材は、北野天満宮の神幸祭の日に、神輿が安置されている御旅所(上ノ下立売通佐井西入・北側)でしました。

(1)御旅所内の神輿が安置されている情景です。

Img_8446
ここは、御旅所の北西隅の奥まったところにあります。
前日、NHKの放映があったせいか、多くの方が見に来られています。
手前の柱には、屋根に使われたズイキ(里芋)が、括り付けてあります。

(2)それでは、神輿の4つの面をご覧頂きます。
 (a)まず正面です。

Img_8417

 (b)向かって左の面です。
Img_8419
欄間の飾りが、毎年の注目ですが、今年のこの面は「藤原道長」でして、彼の和歌(望月の歌)に因んだ絵になっています。

 (c)後ろの面は、正面と殆んど変わらない様に思いましたので省きました。

 (d)向かって右の面です。
Img_8422
今年の欄間の注目点は、ここです。表示には「妖怪・百鬼夜行」とあります。NHKの朝ドラ「ゲゲゲの鬼太郎」に因んだものだそうです。
なお、↑鳥居の真ん中の絵は、小野道風と蛙のお話です。

お馴染みの妖怪が並んでいます(クリックして戴ければ好く解ると思います)。
欄間づくりによく使われる材料は、干しズイキ・ズイキの葉・とうもろこしの皮や毛・唐辛子・ホオズキ・九条ねぎやかぼちゃの種・かんぴょう・青のり・昆布・ススキなどだそうです。

 次に主な部分について、ご紹介します。
(3)神輿の屋根
Img_8430
葺いてあるズイキは、上の赤いのは「唐の芋」で、親芋は「頭芋」・小芋は「えび芋」です。下の緑色は「真芋」で、里芋を摂る豊産系のものだそうです。神輿の唐破風の曲線美は、このズイキの見所と言えます。

(4)獅子頭(ししがしら)
Img_8444
神輿の四隅にぶら下げられています。
「唐の芋」の「頭芋」を逆さにして、根を頭髪に見立て、一刀彫で顔などを仕上げてあります。右が「阿形」、左が「吽形」の表情をしています。
目は栗が、阿形の舌は赤唐辛子が使われています。

(5)瓔珞(ようらく)
Img_8429
神輿の四隅にぶら下がっています。赤なす・五色唐辛子が、麦藁細工の家紋と共に糸に通して作られています。
また、屋根には水菜や九条ねぎの種、ごまなどが敷き詰められています。
作る手間の大変さは想像を絶するものがあります。

(6)真紅(しんく)
Img_8431
神輿の前面・後面の、良く目立つところにあり、紫色に白で「天満宮」と表されている太い柱状のものです。「千日紅」(せんにちこう)と言う赤い花を、糸で通して巻いたものです。文字は、白い千日紅の花が使ってあります。
 こちらも大変な手間入りの作品ですね。

(7)まだまだありますが、この辺にして、小さい方の神輿もその姿だけ、ご紹介します。

Img_8447
サイズを小さくしただけで、体裁は大きな神輿と殆んど変わりませんね。
大きい神輿にも飾られていましたが、藁の縄で編んだ「梅鉢」です。
「梅鉢」は、北野天満宮の神紋です。稲穂も飾られています。

 最後に、「瑞饋祭」と「瑞饋神輿」について、保存会から頂いた資料によりお伝えします。

瑞饋(ずいき)とは、目出度い印を贈ることだそうです。
平安時代、西之京神人(じにん)が、五穀豊穣を感謝し、そのお礼として重陽の節句(旧暦9月9日)に、自分たちが作った新穀・野菜・果実などに草花を飾り付け、菅原道真公の神前にお供えしたのが、この祭りの始まりと言われています。

旧暦8月に、北野天満宮のお祭「北野祭」が、987年より官祭となり、その神輿渡御が行なわれるようになり、瑞饋祭のお供えも、この日になりました。その後、幾多の変遷・歴史を経て、今日に至っています。
 このお祭を支えておられるのは、「西之京瑞饋神輿保存会」の皆さんです。
都市化が進み、田畑が少なくなった今も、西之京の農家の皆さんが、自らズイキ・千日紅・稲・麦・赤なすなどを栽培されています。
神輿作りは、9月1日の千日紅の摘み取りから始まります。
そして1か月掛かって神輿を作り上げます。

« 京都・西陣を歩く | トップページ | 北野天満宮「ずいき祭」神幸祭アラカルト(1) »

地域 歴史」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42171342

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・北野天満宮・瑞饋神輿 :

« 京都・西陣を歩く | トップページ | 北野天満宮「ずいき祭」神幸祭アラカルト(1) »