2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 国文祭・京都2011オープニングパレード (その2) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その4) »

2011年10月31日 (月)

国文祭・京都2011・オープニンパレード (その1)

 今年は京都府で催された第26回国民文化祭・京都2011の、
都大路オープニングパレードが、皇太子殿下をお迎えして、10月29日午前、御池通の西洞院通から寺町通の間で、華々しく陽気に活気一杯に行われました。
 開始の2時間も前から、麩屋町通近くに陣取り、待ちました。
 パレードには、国内外から68団体、約3300人の参加と聞いていますので、大いに期待して見物しました。

 午前11時頃、係りの方から、先頭はスタートしていますと聞かされましたが遠くで音が聞こえるだけで、中々見えません。

 11時半頃、漸く先頭がやって来ました。

Img_3396a
 トップは、「剣鉾」です。パレードの先頭を行って、道中の邪気を払おうということでしょうか。
京都市立第四錦林小学校の部活動の子供達です。

Img_3398a
続いて大人の人達、吉田剣鉾保存会の方々です。
何しろ鉾が長いですから、扱いが大変です。

Img_3399a
鉾の先が、この様に撓るのが見所です。
足の運びや腰の使い方など慣れるまでが大変なようです。

Img_3401a
先頭のグループには、高校生達に挟まれて、舞妓さん達も花を添えていました。1.2Kmのコースは歩くのが大変ではないかと心配していました。
ゴールも、もう間近です。がんばって。

Img_3403a
先頭グループには、マスコットキャラクターの「まゆまろ」もいました。
平成21年10月にデビュー、全国公募によるものです。
繭(まゆ)をモチーフに、繭から紡がれるシルクが、丹後ちりめんや京友禅、西陣織などになることを表わしています。

「まゆまろ」が、こちらを向いてくれなかったので、正面からの姿を人形で、ご覧ください。

Img_3342a
京都文化博物館の中庭に置かれていたものです。

 次は、着物姿のお嬢さん達の煌びやかな、活発な踊りの大グループが登場します。

 このまま(その2)をご覧願います。

« 国文祭・京都2011オープニングパレード (その2) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その4) »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
こんにちは~
国民文化祭って大掛かりなお祭りなんですね。
着物姿のお嬢さん方の踊りもいいし、学生さんの鼓笛隊も
素晴らしいですねぇ~
実際に目の前で見られると感動しますね。
動きがこちらに伝わりますわぁ~
まゆまろちゃんって可愛い~繭玉ですかぁ~
見せていただいて嬉しいです♪

ムームーさんへ
国民文化祭は全国の都道府県を毎年1回ずつ順番に開催するものですが
身近で行われないと関心は薄いですものね
私も国文祭が行われていることはニュースなどで耳にしますが
ああそうかで終わっていました
地元での開催で始めて関心も高まりますね
それで良いのではないでしょうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/42753225

この記事へのトラックバック一覧です: 国文祭・京都2011・オープニンパレード (その1):

« 国文祭・京都2011オープニングパレード (その2) | トップページ | 国文祭・京都2011オープニングパレード (その4) »