2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都「洛西竹林公園」をご存知ですか? | トップページ | 京都迎賓館をご紹介します(その2) »

2011年8月30日 (火)

中国料理店「美齢」の大黒町通と糸屋通を歩く

今回はここ大黒町通と通称・糸屋通をご紹介します。
 まず、大黒町通です。
看板をご覧ください。
Img_2366

Img_2361
 ご婦人がお二人、何を見て話しておられるのでしょうか
時間が止まったような何とも長閑な風景です。

Img_2363
”おかもち”を持ったバイクの男性と自転車の男性がすれ違っています。
狭い道なのでお互いに両脇に・・・これなら事故も起こりませんね

Img_2364

 と思ったのも束の間、路地はラッシュです。
自転車の男性が降りるべきですね
20分足らず待っている間の出来事?です。
Img_2362
 サラリーマンが中に入られて、間もなく「お待たせしました。どうぞ、お入り下さい」の声で
ハンサムなシェフの横顔です。

Img_23811

今度はここの近くの通称”糸屋通り”を歩きました。


Img_4038_2

 平日の昼下がり、人影が見えませんね。
ここをどうして「糸屋通」と言うのか、聞きたくて暫く待っていましたが

Img_4042
 細い大黒町通とは違って整然とした家並みが続きます。
勿論人の声も聞こえなくて、車も通らなくてし~んとしています。


Img_4036
何のお店なのか?多分、和装関係だと思います。


 京町家は”鰻の寝床”と言われるように奥深いですが、玄関前は殆ど道路ギリギリです。
この狭い場所にもお花が置かれていて、奥ゆかしさを感じます。
ここを通る者に優しい心配りが感じられます。

« 京都「洛西竹林公園」をご存知ですか? | トップページ | 京都迎賓館をご紹介します(その2) »

京町家・お店」カテゴリの記事

大路・小路・路地・図子」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
『車は通れません』ような小路が残るのも、古都・京都らしいですね。
車なんて近年登場したものですし、昔は人や馬が通れる幅で良かったのですね。そんなふうに感じました。
でも、法令で定められた道路標識は建てられているのでしょうか?何故か気になります。もしかしたら、走っている原付や自転車、標識によっては交通違反かも…?なのです。

慕辺未行さんへ
こんばんわ
この道幅は京都でも特に狭い道ではないかと思います
多分道路標識は一切無かったと思います
自転車は兎も角 バイクは正式には走れないでしょうね
バイクの人は岡持ちを下げていますね
多分何時もここをバイクで通っているのではないでしょうか
今度この辺りを歩いた時に よく観察しておきます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/41368072

この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理店「美齢」の大黒町通と糸屋通を歩く:

« 京都「洛西竹林公園」をご存知ですか? | トップページ | 京都迎賓館をご紹介します(その2) »